佐藤健がめちゃくちゃはまってた役は?

ドラマ『仮面ライダー電王』でブレイクし、多くのドラマや映画で活躍してきた、佐藤健さん。

もちろん演じてきた役柄も様々でしたが、特にハマっていた役といえば、どんなものでしょうか?

そこで今回は、佐藤健が演じた役でめちゃくちゃはまってた役について、10~40代の男女を対象にアンケートで調査し、ランキングを作成してみました!

■質問内容

佐藤健が演じた役でめちゃくちゃはまってた役はどれですか。3つ以内でお選びください。

■調査結果

1位:岡田優也役/ROOKIES 18.0%
2位:麦田章役/義母と娘のブルース 17.0%
3位:萩尾律役/半分、青い。 15.0%
4位:野上良太郎 / M・U・K・R・W・D良太郎 / 仮面ライダー電王 プラット・ライナーフォーム(声)役/仮面ライダー電王 13.0%
5位:柴田剣人役/メイちゃんの執事 10.0%
5位:小笠原秋役/カノジョは嘘を愛しすぎてる 10.0%
7位:真城最高役/バクマン。 8.0%
7位:一男役/億男 8.0%
9位:九条音弥役/ブラッディ・マンデイ 7.0%
9位:永井圭役/亜人 7.0%

●1位 岡田優也役

ドラマ『ROOKIES』の岡田優也役が、1位にランクイン!

岡田優也は、ドレッドヘアというインパクトのある見た目でありながら、冷静で落ち着いたキャラですね。

その見た目とのギャップもあってか、佐藤健さんの演じる岡田優也はとにかくかっこよく、女性だけではなく男性人気も高かったようです。

ヴィジュアル的にも、日本人であそこまでドレッドヘアが似合う人もそういないのではないでしょうか。

●2位 麦田章役

2位には、ドラマ『義母と娘のブルース』の麦田章役がランクインしました!

麦田章は、いい加減な性格で勘違いも激しく、仕事も長続きしないといった駄目男な役柄。

佐藤健さんのチャラ演技が妙にハマっていて、どこか憎めない魅力も。

最終回に、綾瀬はるかさん演じる宮本亜希子のおデコにキスするシーンには「佐藤健のデコチューは反則レベル」と話題になりました。

●3位 萩尾律役

3位には、朝ドラ『半分、青い。』の萩尾律役がランクインしました!

萩尾律は、主人公・楡野鈴愛の幼馴染であり、理知的で優しく、男前というとてもかっこいいキャラでしたね。

クールでありながらさりげなく見せる優しさが魅力的で、ファンを熱狂させていたようです。

また、律が鈴愛を見つめて「結婚しないか」と突然プロポーズするシーンに、心を鷲掴みにされた人が多かったのだとか。

■どんな役も魅力的に!

いかがでしたか?

佐藤健さんのハマり役というのも実に様々で、いかに型にハマらず演じ分けられる役者であるのかがわかる結果でしたね。

どんな役柄もハマり役にしてしまい、加えて佐藤健さんならではの魅力もあり、どの役でもファンは胸キュンしてしまうようです。

今後も、活躍を続けるほどに新たな魅力を見せてくれるのではないでしょうか。

 

 

2018年10月
調査対象:10~40代の男女

関連記事

ページ上部へ戻る