月末は残金僅か!金遣いが荒い男性のお金の使い道TOP3

あの人はいつも、稼いだお金を全て使ってしまっていてお金がない。
生活を見ていると、パチンコや車、お酒まで金遣いの荒さは一目瞭然。

あなたの周りにこのような男性はいませんか?

今回は、「金遣いが荒い男の特徴」について、20代〜40代の男性にインターネットを使ってアンケートを取りました。

 

■質問内容

金遣いが荒い男の特徴として、当てはまると思うものをお選びください

■調査結果

1位 63.6% : ギャンブルをする

2位 42.4% : 毎日飲み歩いている                                 

2位 36.8% : 衝動買いが多い                    

4位 30.8% : 値段をみないで買い物をする

5位 27.6% : 女性や後輩におごりたがる

6位 26.0% : 外食が多い

7位 11.2% : その他

 

■63.6%の男性が選んだのは、「ギャンブルをする」

「ギャンブルをする」という回答を選んだ男性は63.6%でした。
ギャンブルする男性の特徴について詳しく聞くと、

・借金をしてまでパチンコや競馬をする(20代男性)
・トコトンお金をつぎ込む(30代男性)
・パチスロを際限なくやる(30代男性)

といった意見がありました。

一度ハマってしまうとなかなな抜けられなくなるのがこのギャンブル。
借金までしてやってしまう人も多くいます。

ここまでいってしまうと金遣いが荒いというレベルの話ではなく、「ギャンブル依存症」という病気の分野になります。

心にぽっかり開いてしまった穴を埋めているのかもしれませんし、やり場のない怒りをぶつけているだけかもしれません。
いずれにしても、ギャンブルはハマりすぎないよう、心がけたいものです。

ビギナーズラックで儲けてその後はやっていないという程度がちょうど良いかもしれませんね。
 

■「毎日飲み歩いている」を選んだ男性は42.4%

42.4%の男性が、「毎日飲み歩いている」を選びました。
そういった男性の特徴を詳しく聞いてみると、

・無駄づかいが多い(20代男性)
・金がないのに外食ばかり(40代男性)

との意見がありました。

ただでさえ何かとお金がかかる外食。
お酒を飲むとなるとさらに出費はかさみます。

いきつけのお店ができると、飲み仲間ができ、いわば自分の「居場所」ができあがっていきます。
仕事の利害関係もなく、どんなことでも気軽に話すことができ、楽しい時間を過ごすことができます。

仕事でのストレスを今日もあのお店で発散しようと考えている人は、すでに要注意。
自分の収入の範囲で飲むことを忘れないでください。

 

■「衝動買いが多い」を選んだ男性は36.8%

「衝動買いが多い」を選んだ人は36.8%と、三番目に多い結果になりました。

・無駄なものばかり買って結局使わない(30代男性)
・後先考えずにお金を使う(30代男性)

女性同様、買うことでストレスを発散するという男性も少なくない様子。

あとで使うかどうかわからないけど、「きっと使うかもしれない」「物や服との出会いは一期一会」などと言って、適当な言い訳を自分の中で作り、買い物をしている人は注意が必要です。

本当にそれは必要か、他のフロアを回って、冷静になって考える猶予を自分に与えてみましょう。

いかがだったでしょうか。

お金は不思議と稼いでも稼いでも出ていき、なかなか貯まらないもの。
お金がないと生活できない社会の仕組みになってしまっているので仕方ありません。

その中でどう生きるかはあなた次第。

将来のために節約しながら生きるのも、稼いだ金をすべて使い今を楽しんで生きるのも、あなた次第です。

選択肢は様々。
ぜひ一度、あなたにとって、「お金とは何か」を考えた上で自分が使うお金について感じてみてくださいね。

 

【インターネット調査】

2016年6月9日~2016年6月13日
調査対象:20~49歳の男性

関連記事

ページ上部へ戻る