マジでかっこよかった消えた90年代イケメン俳優1位は?

モデルから俳優へと転向したり、子役からそのまま人気俳優へと成長したりと、様々なイケメン俳優たちが数多く輩出され、活躍することとなった1990年代の芸能界。

しかしそんな彼らの中には、美しい容姿を持ちながらも、その後なぜかイケメン俳優としてはあまり注目されなくなっている人もいるようです。

そこで今回は、30~40代の男女を対象に、本当にかっこよかった1990年代の消えたイケメン俳優を調査。ランキング化してみました。

■質問内容

本当にかっこよかったと思う1990年代の消えたイケメン俳優はどれですか。3つ以内でお選びください。

■調査結果

1位:三上博史 19.7%
2位:反町隆史 18.2%
3位:保阪尚希 16.7%
4位:金城武 15.2%
5位:萩原聖人 12.1%
5位:柏原崇 12.1%
7位:安藤正信 7.6%
7位:渡部篤郎 7.6%
9位:鳥羽潤 6.1%
9位:河相我聞 6.1%
9位:吉沢悠 6.1%
9位:武田真治 6.1%
9位:葛山信吾 6.1%
9位:緒形直人 6.1%
9位:小橋賢児 6.1%
9位:池内博之 6.1%

●1位 三上博史

まず堂々の第1位にランクインしたのは、三上博史さん。

カリスマ劇作家・寺山修司さんに見出される形で俳優デビューを果たした三上さんは、1980年代にドラマデビューを果たすと、その後、トレンディドラマブームに乗る形で、様々な作品に出演。「トレンディドラマのエース」と呼ばれるまでになりました。

その後は舞台や映画、ドラマといった様々なジャンルに出演。出演本数自体は1990年代に比べて減ってはいるものの、その存在感と魅力で、現在も第一線で活躍中です。

●2位 反町隆史

続いて第2位にランクインしたのが、反町隆史さん。

いわゆるジャニーズ系のタレントとして、人気アイドルグループ・光GENJIのバックダンサーなどをつとめた後で事務所を移籍し、俳優として活動しはじめた反町さんは、1994年に俳優デビューを飾ると、その後、話題作に続々と起用され、一躍人気イケメン俳優となりました。

その後は、年齢的な落ち着きもあって、かつての“イケメン俳優”という位置づけではなくなりつつあるものの、テレビ朝日系の人気ドラマシリーズ『相棒』をはじめ、様々な作品でその熟練された演技を披露しています。

●3位 保阪尚希

そして第3位にランクインしたのが、保阪尚希さん。

1986年にドラマ『チェッカーズ・イン・涙のリクエスト』でデビューし、その後、地道に人気と実力を培っていった保阪さんは、1992年には映画『パ★テ★オ』で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞して大ブレイク。1990年代には萩原聖人さんや福山雅治さんとともに「新・平成御三家」と呼ばれるほどになりました。

その後、保坂さんは実業家となり、通販事業をはじめ、様々なビジネスで成功。現在は世界を股にかけるビジネスマンとして活躍中です。

■実際には“消えた”わけではない人気俳優たち

このほかのところとしては、現在は香港や中国などで活躍中の国際派俳優・金城武さんや、クセのある役どころなどを中心に、様々な作品で好演しているほか、声優としても活動している萩原聖人さん、さらにはヒール系を中心に、ドラマや映画でのいぶし銀の好演が印象的な渡部篤郎さんなど、実際には“消えた”わけではないものの、“イケメン俳優”としてではなく、経験豊富な実力派俳優として活動中の顔ぶれを中心に、ランクインする形となりました。

 

2018年10月
調査対象:30~40代の男女

関連記事

ページ上部へ戻る