あなたの会社にもあるかもしれない!?今まで出会った少し変わった福利厚生とは

あなたは普段どれくらい福利厚生を利用していますか?

あることは知っているけど、実は使ったことない。
存在すらよくわかっていない、という方も多いはず。

もしかしたら福利厚生を使わないことで損しているかもしれませんよ。
 

今回は、20代〜60代の男女に「これまで出会った変わった福利厚生」についてインターネットでアンケート調査を行いました。

 

■質問内容

あなたがこれまでに出会ったことがある変わった福利厚生として、当てはまると思うものを1つお選びください

■調査結果

1位 8.4% : 誕生日休暇

2位 8.0% :旅行代支給or休暇                 

3位 3.8% : 社内に昼寝orマッサージスペース設置              

4位 3.0% : 自炊代支給

5位 2.1% : デート代支給or休暇

6位 1.7% :洋服代支給

7位 73.0% : その他

 

■「誕生日休暇」と答えた方は8.4%

8.4%の方が「誕生日休暇」と答えました。

年に1度は必ずやってくる誕生日。
結局仕事で、特にお祝いをすることもされることもなく普通通りに過ぎてしまうという方がほとんどではないでしょうか。

そんな中、休暇をとることができる制度があるのはとてもうれしいですね。

他の人と予定を合わすことは難しいにしても、丸一日自分のためだけに時間をとってみるもの、大きな気分転換になります。
一人で行きたかった場所へ行ってみる、食べたかったものを食べる、見たかった映画を見るなど、有意義な時間を過ごすことができそうです。

夜は予定が合えば、友人達と一緒に簡単なホームパーティなどもできそうですね。
休暇である自分がもてなす側に立つのもたまには良いですよね。
 

■「旅行代支給or休暇」と答えた方は13.8%

「旅行代支給or休暇」と答えた方は13.8%となりました。

目的が「旅行のため」にしぼられているあたりが珍しいですね。

旅行のためのお金と休暇を支給してもらえれば他は何も心配ありません。

旅行休暇のように名前のついた休暇をとることで、同僚や先輩に「ちょっと旅行にいくので・・・」と申し訳ない気持ちで事前に仕事の調整をする必要もなく、堂々と行けるのも一つの魅力かもしれません。

ただひとつ、忘れてはいけないものがあります。
「お土産」は忘れずに買って帰りましょう。
 

■「社内に昼寝orマッサージスペース設置」と回答した方は3.8%

最近では昼寝制度を導入している企業も増えています。
少しの睡眠をとることで、午後の作業の効率化、ミス防止が狙いのようです。

たしかに、お昼ご飯のあと5分でも寝ると頭がすっきりするという経験がある方も多いのではないでしょうか。

福利厚生施設としてお昼寝スペースがあるといいですね。

また、最近では昼寝カフェというものも存在しています。
会社にそのような施設はないという方は一度利用してみると面白いかもしれませんね。

■「その他」と回答した方は73.0%

その他と回答した方は73%でした。

ではどのような内容だったか見ていきましょう。

・父親の育児休暇をむしろ積極的に勧める(30代男性)
・燃料代(東北より北にある地域)(30代男性)
・アイス支給(30代男性)
・会社内の自動販売機が使い放題(30代男性)
・社員旅行が必ず海外(40代男性)
・東京ディズニーランドの年間パスポート(50代男性)
・マラソンのゼッケンを提出すると1万円支給(40代女性)
・生理日休暇(50代女性)
・スポーツ施設の使用料免除(50代女性)
・医療費が無料(50代女性)

このような福利厚生がありました。
会社や地域によって様々ですね。

いかがでしたか。

忙しい日々を過ごしているとつい、忘れがちな福利厚生。
会社員の方は利用できる権利ですので、積極的に利用することをおすすめします。

あなたの会社にも意外な福利厚生が実はあるかもしれません。
ぜひ一度確認してみてくださいね。

 

【インターネット調査】

2016年4月7日~2016年4月11日
調査対象:20~69歳の男女

【その他の記事】
シリーズ一覧ページ

関連記事

ページ上部へ戻る