【逆にコケた】大ヒットを期待してたアニメ13選

まさかの期待を裏切る結果に…。今回は、10~40代の男女を対象に「大ヒットの期待とは逆にコケてしまったと思うアニメ」を聞いてみました!

■質問内容

大ヒットの期待とは逆にコケてしまったと思うアニメはどれですか。

■調査結果

1位:ガンダム Gのレコンギスタ 12.0%
2位:マクロスΔ 11.0%
3位:迷家-マヨイガ- 10.0%
4位:ゲド戦記 9.0%
5位:夜のヤッターマン 8.0%
5位:宝石の国 8.0%
5位:東京喰種トーキョーグール√A 8.0%
5位:くまみこ 8.0%
9位:琴浦さん 6.0%
9位:魔法使いの嫁 6.0%
9位:櫻子さんの足下には死体が埋まっている 6.0%
9位:魔法戦争 6.0%
9位:南海奇皇 6.0%

●1位! ガンダム Gのレコンギスタ!

1位は、『ガンダム Gのレコンギスタ』でした!

2014年から2015年にかけて放送された本作。原作・総監督・脚本を、ファーストガンダムなどでおなじみのの富野由悠季さんが担当したことで、大きな期待を集めました。

しかしながら、後に富野さん自身が認めるように、わかりにくい内容となってしまった事は否めません。

考えながら見ると非常に面白い作品ではありますが、内容について来られない視聴者も出てしまったようですね。

●2位! マクロスΔ!

2位は、『マクロスΔ』でした!

2016年に放送された本作は、マクロスシリーズの7作目。

面白いという評価も多い一方で「アイドル要素が強すぎる」「後半に勢いがない」という声もあるようです。

●3位! 迷家-マヨイガ-!

3位は、『迷家-マヨイガ-』でした!

2016年に放送された本作。

人生やり直しツアーに参加した男女が、都市伝説として語られる村で、様々な怪異に見舞われます。

決してつまらないわけでは無いものの、ホラーとしても、ミステリーとしてもちょっと中途半端? 迷作との声もゼロではないようですね。

■後から「名作」に化けるかも!

いかがでしたか。今回は、大ヒットの期待とは逆にコケてしまったと思うアニメが多数ランクインしました。毎年数々の新作アニメーションが作られている現在。残念ながらその全てが大ヒットするわけでは無いようです。しかしながら、そのような作品が後になって評価されることもありますので、ぜひいちどは作品をご覧になっておくと良いかもしれませんね!

(2018年10月 調査対象:10~40代の男女)

関連記事

ページ上部へ戻る