付き合ってもすぐ冷めてしまうケースTOP10

カップル間においてせっかく恋が実って付き合えたにも関わらず、何らかの事態により破局してしまうことってありますよね。

そこで今回は女性が男性と付き合ってどんな時に冷めてしまいやすいのかランキングにしてご紹介いたします。

■質問内容

女性に質問!付き合ってもすぐ冷めてしまうと思うケースはどれですか。3つ以内でお選びください。

■調査結果

1位:価値観が合わない 46.0%

2位:付き合った途端態度が大きくなる 44.0%

3位:ネガティブな発言ばかりする 40.0%

4位:束縛したがり 38.0%

5位:特殊な性癖がある 24.0%

6位:好みを強要されて疲れる 20.0%

7位:本音で話してくれない 10.0%

7位:自分の時間がなくなる 10.0%

7位:会う時間がなかなかとれない 10.0%

10位:食の趣味が合わない 8.0%

10位:相手の過去が重すぎる 8.0%     

●過半数近くの冷め原因が発覚!第1位は・・・

第1位は「価値観が合わない」となりました。

これは結婚した夫婦が「離婚」に至るもっとも大きな原因であり、価値観が異なると事あるごとに「喧嘩になる」や「微妙な空気になる」の声が続出しました。
特に交際中のカップル間において「トンデモルール」が発動すると、「この先付き合っていても辛くなるだけ」と価値観をすり合わせ互いに歩み寄る気持ちさえ削がれてしまうようですね。

確かに価値観とはこれまでの人生をどう生きてきて何を学んできたのか、自身の「当たり前」がそうではないと否定されるものですから、受け入れきれない価値観の違いは冷めてしまうのも当然かもしれません。

2位には「付き合った途端態度が大きくなる」がランクイン。

こんな男性と間違って結婚でもしたら「モラハラになりそう」とドン引きしてしまうのも当然の事。
「釣った魚に餌はやらない」タイプなのか、マウントを取りたいのかは分かりませんが、性格の悪さが滲み出る行動にドン引きするのも納得ですね。

3位の「ネガティブな発言ばかりする」は付き合ったから安心しているのかもしれませんが、「こちらまで暗くなる」ような発言の連発に冷めていくのも仕方ないでしょう。

■嫌な予感しかしない

今回の調査から、もはやこのまま付き合っていたらと嫌な予感しかしない相手とは、いくら付き合いたてとはいえ別れを考える冷め原因であることがわかりますね。

2018年10月
調査対象:10~40代の女性 

関連記事

ページ上部へ戻る