アニメの実写化が正直似合っていなかった役者は?

完全に似合っていたとは言い難い!? 今回は、10~40代の男女を対象に「正直似合っていなかったアニメの実写化俳優・女優」を聞いてみました!

■質問内容

正直似合っていなかったアニメの実写化俳優・女優はどれですか。

■調査結果

1位:黒木メイサ/峰不二子(ルパン三世) 23.0%
2位:剛力彩芽/幻蜂清玄(黒執事) 21.0%
3位:ウエンツ瑛士/鬼太郎(ゲゲゲの鬼太郎) 20.0%
4位:木村拓哉/古代進(宇宙戦艦ヤマト) 19.0%
5位:小栗旬/ルパン三世(ルパン三世) 17.0%
6位:三浦春馬/エレン・イェーガー(進撃の巨人) 14.0%
6位:山下智久/矢吹丈(あしたのジョー) 14.0%
8位:山﨑賢人/東方仗助(ジョジョの奇妙な冒険) 13.0%
9位:武井咲/神谷薫(るろうに剣心) 12.0%
10位:山田涼介/エドワード・エルリック(鋼の錬金術師) 10.0%

●1位! 黒木メイサ/峰不二子(ルパン三世)!

1位は、『黒木メイサ/峰不二子(ルパン三世)』でした!

不二子のしなやかなセクシーさは表現できていたものの、若干クール過ぎたかも…。

叶姉妹などのほうがまだイメージに近いかも?!

やっぱり実写化がとても難しいキャラクターですね!

●2位! 剛力彩芽/幻蜂清玄(黒執事)!

2位は、『剛力彩芽/幻蜂清玄(黒執事)』でした!

剛力さんは確かにボーイッシュなので、男装役自体は似合っており素敵でしたが…。

やはり原作ファンの間では賛否両論あるようですね。

そもそもの問題として、原作とは異なるオリジナルストーリーで、剛力さんが演じるのもオリジナルキャラクターなので、やはり原作ファンとしてはどうしても引っかかってしまう部分と言えるでしょう(笑)

●3位! ウエンツ瑛士/鬼太郎(ゲゲゲの鬼太郎)!

3位は、『ウエンツ瑛士/鬼太郎(ゲゲゲの鬼太郎)』でした!

思っていたよりは似合っていた…という声もある一方で「素材が良すぎる」という意見も多いようです。

確かに、ハーフということで顔が整い過ぎです(笑)

褪せた髪色も自然に似合い過ぎていますし、何よりウエンツさんの「陽」の雰囲気が隠しきれていないのも問題かも!

■実はハードルが高い?!!

いかがでしたか。今回は、正直似合っていなかったアニメの実写化俳優・女優が多数ランクインしました。近年はアニメや漫画の実写化作品に出演して人気となる俳優さん・女優さんが増えています。しかしながら、誰がどんな役を演じてもOKというわけではなさそう。やはり、原作ファンは厳しくチェックするので、役作りは完璧にこなす覚悟が必要ですね!

(2018年10月 調査対象:10~40代の男女)

関連記事

ページ上部へ戻る