超簡単!?今すぐできる副業を調査【最新版】

みなさんはメインの仕事以外に副業で仕事をしていますか?
本業の仕事だけでは収入が少なく、余った時間で副業をやっている人は意外といるのかもしれません。

もしみなさんが副業をやるとしたら、何をやりますか?

今回は、20代〜40代の男女に「メインの仕事以外に副収入を得るための仕事をしているか」についてインターネットでアンケート調査を行いました。

■質問内容

メインの仕事以外に副収入を得るための仕事をしていますか?

■調査結果

1位 83.5% : いいえ

2位 16.5% : はい

 

■「いいえ」と答えたかたは83.5%

83.5%のかたが「いいえ」と答えました。

副業禁止の会社もありますし、普段の仕事が忙しいと副業をする余裕がないかたも多くいそうです。

また、メインの仕事での稼ぎが良ければあえて副業をする必要はありませんし、副業をしているかたは全体としてそこまで多くない結果となりました。

 

■「はい」と答えたかたは16.5%

「はい」と答えたのは16.5%のかたでした。
具体的にどういった副業をしているか聞いてみたところ、

・アンケートモニター(20代女性)
・フリマアプリで物を売る(20代女性)
・株の取引き(20代男性)
・飲食店(20代男性)
・ネット売買(30代男性)
・臨床試験(40代男性)
・アフィリエイト(30代男性)
・フリーライター(30代男性)
・夜勤(40代男性)
・覆面調査(40代女性)

といった回答がありました。

傾向としては、「自宅でも出来る」「空いた時間で出来る」といった副業が多くあります。
アンケートモニターやフリマアプリでの売買はスマートフォン一つあればできますし、空いた時間に気軽に働くにはちょうど良いのではないでしょうか。

スキルがあれば、株の取引き、ライター、アフィリエイトなどの仕事はより稼げて良さそうですね。

上記に比べてやや大変なのは、夜勤などメインの仕事と並行して時間を使って働くケース。
一般的には休みになる土日を副業の時間として働いている人も少なくないようです。

今はメインの仕事1つでは収入が心もとなく、副業を始める人も増えてきています。
特に、PCやスマートフォンを使って気軽に仕事ができるようになったのは昔との大きな違いではないでしょうか。

もしかしたら、これからの時代は1つの会社で同じ仕事をするのではなく、副業など複数の仕事を同時に行うような時代がやってくるかもしれませんね。

 

【インターネット調査】

2016年1月25日~2016年1月28日
調査対象:20~49歳の男女

【その他の記事】
シリーズ一覧ページ

関連記事

ページ上部へ戻る