1番好きな銀魂主題歌ランキング

空知英秋さんの漫画を原作とした人気アニメ「銀魂」は、2006年から何度もアニメ化されている人気作品ですが、使用されている主題歌も、J-POPやJ-ROCKのバンドやアーティストが提供した名曲ぞろいですよね。

そこで今回は、10代から40代の男女を対象に「1番好きな銀魂主題歌」についてアンケート調査を行い、結果をもとにランキング化しました。

■質問内容

銀魂主題歌で特に好きなものはどれですか。3つ以内でお選びください。

■調査結果

1位:「曇天」DOES 31.0%

2位:「サムライハート(Some Like It Hot!!)」SPYAIR 19.0%

3位:「バクチ・ダンサー」DOES 16.0%

4位:「修羅」DOES 14.0%

5位:「銀色の空」redballoon 11.0%

6位:「ウォーアイニー」高橋瞳×BEAT CRUSADERS 9.0%

6位:「DAY×DAY」BLUE ENCOUNT 9.0%

6位:「現状ディストラクション」SPYAIR 9.0%

6位:「輝いた」シギ 9.0%

10位:「I、愛、会い」ghostnote 8.0%

10位:「桃源郷エイリアン」serial TV drama 8.0%

●DOESの世界観と銀魂の世界観がピッタリ合っている「曇天」

1位は、DOESの「曇天」で、31.0%でした。

2008年に発売されたDOESの6枚目のシングル「曇天」は、第1期シーズン其ノ参1代目のオープニングテーマで、第100~125話の間に使用されました。

DOESの楽曲が「銀魂」の主題歌として起用されたのは「修羅」に続いて2曲目で、初めからタイアップを意識して作られたわけではないそうですが、ネット上では「DOESの世界観と銀魂の世界観がピッタリ合っている」という声が多く聞かれました。

●「弱気な部分も含めて、自分を愛しながら生きていくしかない」というメッセージが込められている「サムライハート(Some Like It Hot!!)」

2位にランクインしたのは、SPYAIRの「サムライハート(Some Like It Hot!!)」で、19.0%でした

「サムライハート(Some Like It Hot!!)」は、SPYAIRの4枚目のシングルで、2011年に発売されました。

「銀魂」のタイアップが決まってから、アレンジと副題が追加されたというこの楽曲は、「弱気な部分も含めて、自分を愛しながら生きていくしかない」というメッセージが込められているそうで、第2期1代目のエンディングテーマとして、第202~214話の間に使用されました。

●初回生産限定盤が完売する店が続出した「バクチ・ダンサー」

3位は、DOESの「バクチ・ダンサー」で、16.0%でした。

2010年に発売されたDOESの10枚目のシングル「バクチ・ダンサー」は、2010年に公開された第1弾の劇場版アニメ「劇場版 銀魂 新訳紅桜篇」の主題歌として使用されました。

この楽曲のCDパッケージは、桜の木の下に銀時と高杉が背中合わせに対峙する迫力あるイラストが印象的で、初回生産限定盤は映画との相乗効果もあり、完売する店が続出し、急遽アンコールプレスが行われました。

■「銀魂」の主題歌は、作品の世界観に花を添え続けている名曲ばかり!

アニメも実写映画もその人気はとどまるところを知らない「銀魂」ですが、作品に使用された主題歌は、「銀魂」の世界観に花を添え続けている名曲ばかりです。

皆さんは、どの銀魂主題歌が1番好きですか?

 

 

2018年9月

調査対象:10~40代の男女

関連記事

ページ上部へ戻る