予告から名作の予感がする2018年秋アニメTOP10

今年の最終クールである秋アニメも豪華なラインナップが目白押しで、予告からも名作の予感がする作品がたくさんありますよね。

そこで今回は、10代から40代の男女を対象に「予告から名作の予感がしている2018年秋アニメ」についてアンケート調査を行い、結果をもとにランキング化しました。

■質問内容

予告から名作の予感がしている2018年秋アニメはどれですか。3つ以内でお選びください。

■調査結果

1位: ソードアート・オンライン アリシゼーション  19.0 %

2位: ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風  18.0 %

3位: とある魔術の禁書目録Ⅲ  13.0 %

4位: からくりサーカス  12.0 %

5位: 転生したらスライムだった件  9.0 %

6位: 抱かれたい男1位に脅されています。  8.0 %

7位: 俺が好きなのは妹だけど妹じゃない  7.0 %

7位: 風が強く吹いている  7.0 %

7位: ゴブリンスレイヤー  7.0 %

10位: うちのメイドがウザすぎる!  6.0 %

10位: ガイコツ書店員 本田さん  6.0 %

10位: 走り続けてよかったって。  6.0 %

10位: 火ノ丸相撲  6.0 %

●シリーズの最終章となる物語「ソードアート・オンライン アリシゼーション」

1位は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」で、19.0%でした。

川原礫さんのライトノベル「ソードアート・オンライン」は、2012年と2014年にアニメ化され、昨年は劇場アニメも公開されました。

今作は、原作小説の9巻から18巻で描かれたストーリーで、シリーズの最終章となる物語ということもあり、ファンにとっては待望のアニメ化といえます。

制作は過去シリーズと同じA-1Picturesが担当することから、予告を見たファンの間でも「本編がどういう作りになっているか楽しみ」という声が広がっているようです。

●ファンの間での期待感はMAXに膨れ上がっている「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風」 

2位にランクインしたのは「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風」で、18.0%でした

荒木飛呂彦さんによる同名漫画を原作とする「ジョジョの奇妙な冒険」は2012年に初アニメ化され、2018年秋に第5部の「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風」が放送されます。

第4部から2年後のイタリアを舞台に、ギャングスターを夢見る主人公“ジョルノ・ジョバァーナ”やその仲間たちの生き様を描いている今作は、7月に第1話を先行上映するプレミアイベント開催もされ、ファンの間での期待感はMAXに膨れ上がっているようです。

●公開されたキービジュアルもかっこいい「とある魔術の禁書目録Ⅲ」

3位は「とある魔術の禁書目録Ⅲ」で、13.0%でした。

鎌池和馬さんによるライトノベルを原作とする「とある魔術の禁書目録」は、2008年と2010年にテレビアニメ化され、今年秋に第3期の「とある魔術の禁書目録III」が放送されます。

今作は、オーバーテクノロジー尽くしの科学サイドと、聖書や魔術などのオカルト尽くしの魔術サイドという、相反する2陣営が対立するという世界観を描いたバトルアクション作品で、Twitterで公開されたキービジュアルもかっこよく、ファンのテンションはあがりまくっているようです。

■秋アニメのPVや予告動画などを見たファンの間で期待感があがっている作品がランクイン!

今回のランキングは、これまで公開された秋アニメのPVや予告動画などを見たファンの間で期待感があがっている作品がランクインしました。

皆さんは、どの作品が名作の予感がすると思いましたか?

 

 

2018年9月

調査対象:10~40代の男女

関連記事

ページ上部へ戻る