1位はあの…!必ず涙腺爆発するアニメランキング

アニメの中には自然と涙が溢れてきて涙腺崩壊するほどのアニメがあります。ジャンルは、スポーツで感動するプレイがあったり、主人公の仲間やヒロインが死んだりなどさまざまです。今回はそんなアニメの中でも特に印象的で涙腺爆発するアニメをピックアップしてみました。どんな作品がランクインするのか見てみましょう。

■質問内容

必ず涙腺爆発するアニメはどれですか。3つ以内でお選びください。

 

■調査結果

1位: 四月は君の嘘  20.0 %

2位: あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。  19.0 %

3位: CLANNAD AFTER STORY  12.0 %

3位: 夏目友人帳  12.0 %

5位: 東京マグニチュード8.0  10.0 %

5位: プラスティック・メモリーズ  10.0 %

5位: フルーツバスケット  10.0 %

8位: とらドラ!  8.0 %

8位: 聲の形  8.0 %

10位: CLANNAD  7.0 %

10位: TARI TARI  7.0 %

10位: カレイドスター  7.0 %

10位: 蛍火の杜へ  7.0 %

10位: 黄昏乙女×アムネジア  7.0 %

 

■震災の厳しさや苦労悲しみといったすべての部分を描いた「東京マグニチュード8.0」

今回ピックアップした作品は「東京マグニチュード8.0」です。この作品はフジテレビのノイタミナ枠で2009年に放送されたアニメです。震災をテーマに家族との絆や震災の恐ろしさなどをリアルに描いた作品で、感動する部分もありますが、それ位以上に震災の恐怖や残酷さなどもしっかりと描いた作品です。そのため防災や危機管理といった面も持ち合わせているため役立つアニメとしても評価が高いです。

2012年の7月21日の土曜日にその自信が発生します。主人公は中学校一年生の小野沢未来で、その日は弟の悠貴のお守りとして一緒に東京のお台場に来ていました。そんな中自身は突然発生し、二人は自身に巻き込まれてしまい餡巣。未来と悠貴は、お台場で知り合ったバイク便ライダーの日下部真理と共に自宅がある世田谷区を目指します。

この地震を通して成長する未来の姿は非常に印象的で、地震前と後で違います。また地震によって崩壊した極限状態の中で、必死に弟のために行動する姿はついつい応援したくなります。弟に対する愛情や私が何とかしなきゃという責任感が感じられ、共感する部分が多いため評価が高いです。

また自分が何とかしなきゃという強い想いが感じられますが、未来自体まだ幼いため、弟にあたり、手を差し伸べてくれる大人たちに素直になれない部分があったりなども見られます。しかしそういった感情の変化をすべて見せることでよりリアルな感情や地震の怖さなどを引き立てています。ニュースや新聞などでしか自身の脅威を知らない人にはぜひ見て貰いたい作品と言えるでしょう。

2018年9月

調査対象:10~40代の男女

関連記事

ページ上部へ戻る