1位納得!話していて疲れる女性の特徴ランキング

見た目やスタイルが良く、第1印象は完璧だった女性。
そんな魅力的な女性でも、会話を進める内に男性からはただ「疲れる」存在となることもあるようです。

そこで今回は男性が女性と話していて「何だかいつも疲れる」と思う理由、その特徴についてご紹介いたします。

■質問内容

話していて疲れる女性の特徴はどれですか。3つ以内でお選びください。

■調査結果

1位:思考がネガティブ 30.0%

2位:噂話やゴシップ好き 24.0%

2位:話の理解が遅い 24.0%

4位:しゃべり方がバカっぽい 22.0%

5位:リアクションがわざとらしい 18.0%

5位:リアクションが薄い 18.0%

5位:笑いのツボが合わない 18.0%

8位:「私ブスだから…」など自分を卑下する 16.0%

8位:いい歳して「女子」「男子」という言葉を使う 16.0%

10位:いつも話にオチがない 14.0%

10位:自分の意見がない 14.0%      

●こちらまで思わず引きずられてしまう?第1位は・・・

第1位は「思考がネガティブ」が選ばれました。

これには男性のみならず、女性でも「そんな相手とは会話をしたくない」と不評のようですが、それもそのはず。
実は負のオーラって相手を巻き込むほどの威力を発揮すると言われているんですよね。

だからこそ、女性と話すことで「テンションがあがる」と興奮気味に話す男性にとっては特に、女性からネガティブ思考で対応されることに嫌悪感や恐怖感を抱くようです。

人間なのでいつでもプラス思考でいられるわけではなくとも、男性と会話をする時には特に心掛けて明るく話すことに努めてみてくださいね。

2位には「噂話やゴシップ好き」がランクイン。

「いつもそんな話しかないの?」と思わず聞いてしまいたくなる中身のない女性の会話。
そのトップに君臨するのは、この噂やゴシップだと言われているようですね。

自身がその渦中に立たされることを恐れていながらも、他の誰かのことは嬉々として話すなんて「見苦しい」と嫌われてしまうのも仕方ないかもしれません。

同率で「話の理解が遅い」女性は、噛み砕いて理解するまでに誰よりもテンポが遅いだけでなく、その後の会話も「つまらなくなる」と男性は疲れてしまうようです。

■同じ空気感が大事

今回の調査から、確かにそうだと納得する一方で男女という性差ある2人の会話がぴったり合うためには、互いの空気感や価値観がハマる必要性があることがわかりますね。

2018年9月
調査対象:10~40代の男性 

関連記事

ページ上部へ戻る