衝撃…!男が嫌いな女性にとってしまう行動TOP10

  • 2018/9/26

嫌いな女性に対して、露骨に態度にあらわしてしまう男性は少なくないといいます。中途半端に接するよりも態度に示してくれるほうが結果的に傷つかずに済むのかもしれませんが、どちらにせよ嫌われていると勘づくのは悲しいですよね。しかし、男性からの「嫌いアピール」に気づかないままいたくもないでしょう。
そこで今回は、10代から40代の男性を対象としたインターネット調査で「嫌いだと思っている女性にとってしまう行動」を教えてもらいました。ある男性にこういった行動をとられ続けていたら、残念ながら嫌われている可能性があるかもしれません。

 

■質問内容

正直嫌いだと思っている女性にとってしまう行動はどれですか。3つ以内でお答えください。

 

■調査結果

1位:なるべく近くによらない 35.0%

2位:自分から話しかけない 27.0%

3位:会話を早く終わらせようとする 24.0%

3位:本音を言わない 24.0%

5位:あからさまに無視する 19.0%

6位:ふたりきりになるのを避ける 15.0%

7位:会話の相槌が適当になる 13.0%

8位:LINEの返信がそっけない 12.0%

8位:会話中目を合わせない 12.0%

10位:連絡先交換を避ける 9.0%

 

●1位:なるべく近くによらない

好きな人とはできるだけ近くにいたいと思うものですが、嫌いな人とは距離をおきたいのが本音。嫌いな人を見かけたら、ささっと離れていく人が多いようです。話しかけられるのも嫌なので、自分の存在に気づいてほしくないと願ってしまうのでしょう。大勢で集まるときには離れたところに座るなど、少しでも関わりたくない気持ちがあらわれてしまうようです。

 

●2位:自分から話しかけない

嫌いな人に好んで話しかける必要はありませんよね。他の人には積極的に話しかけているにもかかわらず、自分には決して話しかけてこないような男性がいたら理由があると考えたほうがよいでしょう。男性は社交辞令が苦手なタイプが多いので、会話どころか挨拶さえもしなくなる人もいるようです。

 

●3位:会話を早く終わらせようとする

嫌いな人とでも会話をしなければならない機会はあるものですが、そのような苦痛な時間は早く終わらせたいと願うもの。最低限の会話のみしたら、雑談などを始めずにさっさと離れていくでしょう。嫌いな女性との会話はまったく無意味で無駄な時間としか思えないのかもしれませんね。

 

●3位:本音を言わない

嫌いな女性と関わりたくないために、自分の心の内をあえてさらけ出さない男性も少なくありません。他の人とは本音で語り合うことはできるけれど、嫌いな人には心を開きたくないという心理もあるのでしょう。深く付き合うつもりのない人とは本音を隠して建前だけで接していたいようです。

 

■「もしかして嫌われてる?」と感じたら

このような行動をとられているし、どう考えても嫌われている気がする……と悩んでしまった女性もいるでしょう。もし本当に嫌われているようであれば、あえて相手に働きかける必要はありません。自分のどういったところに問題があったのかを客観的に分析して、改善していくように努めましょう。
しかし、もしかしたら過度に気にし過ぎているだけで嫌われていない可能性もあります。だれからも嫌われたくないがゆえに、「嫌われているのでは?」と必要以上に心配してしまうタイプの人もいます。あまり気にせずに、自分らしくふるまい続けることも大切ですよ。
万が一、自分が好意を抱いていた男性に嫌われていると気づいてしまったら、潔く諦めてしまってもよいでしょう。新しい出会いを求めるほうが幸せになれることは多々あるのです。

 

2018年5月

調査対象:10~40代の男性

ページ上部へ戻る