倦怠期が原因で破局した人●%も!乗り越える為にすべきことって?

だいたいのカップルが経験をする「倦怠期」。最初はラブラブだったのに、早い人では付き合って3ヶ月目に倦怠期がやってくることも…。実際、どれだけの人が倦怠期が原因で別れているのでしょうか?そこで今回は、10~40代の男女を対象としたインターネット調査で「倦怠期が原因で別れたことがあるか」を聞いてみました。

■質問内容

倦怠期が原因で別れたことはありますか?1つお選びください。

■調査結果

ない 66.0%
ある 34.0%

倦怠期が原因で別れたことがある人は34%もいるという結果に!

どのカップルにもありえる「倦怠期」ですが、破局してしまうカップルもいれば「倦怠期」を乗り越えられるカップルもいます。果たして「倦怠期」を乗り越えられたカップルはどうやって別れを逃れられたのでしょうか。今回は、倦怠期を乗り越える為にすべきことをご紹介します。

 

♥ 付き合い始めた頃を思い出す 

この場合は、女性自身が彼に冷めてきてしまったときにすべきことです。

付き合っているうちに彼の嫌なところばかり目についたり、一緒にいてもドキドキしなくなってきたなど冷めてしまう理由は様々でしょう。ちょっとした理由で彼との別れを選んでしまうのなら、もう少しよく考えてみるべきです。嫌な部分ばかりではなく、良い部分にも目を向けることが大事です。人間誰にでもダメな部分があります。それはあなた自身にもあるはずです。「彼が○○だから嫌だ」「彼の○○なところが許せない」など愚痴るのではなく、「彼は○○なところがいい」「彼の○○なところが好き」と初心に戻って思い出してみましょう。好きになって付き合い始めたのですから、悪いところばかり見るのではなく、彼をもっと尊重することを心がけてください。自分の中だけでどうにもならなくなったら一度彼と話し合う時間を設けてみましょう。お互い不満に思っていることを吐き出して、改善できるところは直して、すぐに直せないところは徐々に直していくなど決めれば、倦怠期を乗り越えられる可能性があります。

 

♥ いつもと違うことをしてみる 

これは、関係がマンネリ化してきたときにすべきことです。

一緒にいても楽しくない、会話が盛り上がらない、男としてというよりは友達、家族のような関係性になってきているなどで悩んでいる場合、デートなど普段は行かないようなところに行くことをオススメします。またベッドタイム中も流れがパターン化してきているのであれば、コスプレをしてみるなり、場所を変えてみるなどして新鮮さを出してみましょう。そうやって工夫することで倦怠期を乗り越えられることができます。

 

 

■ 倦怠期は乗り越えられる! 

相手を嫌いになったわけじゃないけど、一緒にいてもいなくてもあまり変わらない…という理由だったら倦怠期は乗り越えられます。嫌いになってしまったら、一緒にいることは苦痛になるので残念ながら修復は不可能でしょう。惹かれあって付き合うことになったのですから、彼との関係をしっかり見つめ直してみてください。

2018年9月
調査対象:10~40代の男女

関連記事

ページ上部へ戻る