神アニメの予感がする2018年秋アニメTOP10

出来上がりの素晴らしいアニメには、「これを見ていないなんて人生損してる!」「何度も繰り返してみたい」「心のバイブル的存在」という絶賛が多くつくものですよね。

神アニメを表す言葉はたくさんあると思いますが、そろそろまた新たな神アニメが増えそうな予感していませんか?

そこで今回は、神アニメの予感がする来期アニメについて、10~40代の男女にアンケート調査し、結果をもとにランキング化しました。

■質問内容

神アニメの予感がする来期アニメはどれですか。3つ以内でお選びください。

■調査結果

1位:ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 19.0%
2位:東京喰種トーキョーグール:re(第2期) 15.0%
3位:とある魔術の禁書目録III 11.0%
4位:からくりサーカス 8.0%
4位:ゴールデンカムイ(第二期) 8.0%
4位:ソードアート・オンライン アリシゼーション 8.0%
7位:俺が好きなのは妹だけど妹じゃない 7.0%
7位:爆釣バーハンター 7.0%
9位:宇宙戦艦ティラミスⅡ 6.0%
10位:狐狸之声(きつねのこえ) 5.0%
10位:ツルネ ―風舞高校弓道部― 5.0%
10位:転生したらスライムだった件 5.0%
10位:やがて君になる 5.0%

●1位 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 

さすがの1位といっていいのではないでしょうか。荒木飛呂彦さんの長期連載中の大人気漫画「ジョジョの奇妙な冒険」第5部がアニメ化され、今秋放映されます。

「ジョジョの奇妙な冒険」の大枠の世界観はジョースター一族と、邪悪な吸血鬼と化したDIOやその後継者たちが、長きにわたって繰り広げる戦いを描く、大河群像劇です。

今回描かれる「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風」の舞台は2001年のイタリア。主人公はDIOの息子「ジョルノ・ジョバァ―ナ」(ジョジョ)となり、ギャングスターを目指しながら、彼の仲間との冒険行を描く群像劇で,前シリーズとの関連が薄く、以後のシリーズには影響しません。ほぼ独立した話と考えていいでしょう。

ですが、ギャングの内部抗争が話の主体になるため、生きるか死ぬかの激しいバトルが多く、様々な殺傷能力のスタンドを持つキャラクターをどう描いてくるか興味のあるところです。

今まで以上に、ファンや製作陣の「ジョジョ」への愛をいやおうなしに感じられそうなところに、期待が高まります。

●2位 東京喰種トーキョーグール:re(第2期)

2018年4月から現在放送中のテレビアニメ「東京喰種トーキョーグール:re」。

こちらも神アニメと呼んでも過言ではないですが、第2期が2位に突入しました。公開された第2期のティザービジュアルでは、荒廃した東京にたたずむ金木と董香が描かれています。

人間社会に紛れ込み、人を喰らう正体不明の怪人「喰種」が蔓延する東京。人間と喰種の中間的な存在「半喰種」になってしまった主人公の悲哀を描いているこの作品は、すでに漫画の連載が終了していますので、アニメではどう描かれるのか、今から関心が高まっていきますね。

●3位 とある魔術の禁書目録III 

鎌池和馬さんのライトノベル「とある魔術の禁書目録」原作のアニメ作品。2008年10月から2009年3月までが第1期、2010年10月から2011年4月まで第2期のテレビアニメ放映がありました。

実に8年ぶり!の続編のも関わらず神アニメ候補になるとは、前作の人気ぶりがうかがえます。待っていた方が多いのでしょうね。

科学と魔法が交差する世界「学園都市」を舞台に、「落第寸前」の高校生・上条当麻が、「魔術」の世界から逃げてきた純白のシスター『禁書目録(インデックス)』と出会い、さまざまな事件に巻き込まれ解決していくうちに、大きく世界も変化をし始めます。

もう一度前作を見直してみるろ、神アニメの再確認ができるのではないでしょうか。

■神アニメの定義は10人10色

絶対的人気、というものは確かにあります。ですが、神アニメの定義は人それぞれなのだろうと思われます。

「元気になる」「ものすごく共感する」「観てるだけでときめいちゃうの♡」「物語が大好き」などなどの捉え方あるし、ひたすら作品の質にこだわる方もいるかもしれません。

どちらにしても、神アニメはとても効果的な心と目の栄養剤、そんな印象がもてますね。

 

 

2018年8月

調査対象:10~40代の男女

関連記事

ページ上部へ戻る