今年でデビュー20周年と聞いて驚く芸能人とは!?

芸能界には、思っていた以上に芸歴が長い芸能人がいますが、今年でデビュー20周年を迎えると聞いて、思わず驚いてしまう方もたくさんいますよね。

そこで今回は、10代から40代の男女を対象に「今年でデビュー20周年と聞いて驚く芸能人」についてアンケート調査を行い、結果をもとにランキング化しました。

■質問内容

今年でデビュー20周年と聞いて驚く芸能人は誰ですか。3つ以内でお選びください

■調査結果

1位:ベッキー 26.0%

2位:宇多田ヒカル 24.0%

3位:サンドウィッチマン 20.0%

4位:柴咲コウ 15.0%

5位:ゆず 14.0%

6位:森三中 10.0%

7位:赤西仁 9.0%

7位:aiko 9.0%

9位:椎名林檎 8.0%

9位:浜崎あゆみ 8.0%

9位:伊勢谷友介 8.0%

●1998年に、おはガールの一員としてデビューした「ベッキー」

1位は、ベッキーさんで、26.0%でした。

母親が日本人で父親がイギリス人のハーフであるベッキーさんは、14歳の時に参加したモデルのオーディションで、芸能事務所の社長に見出されて芸能界入り。

1998年に児童向け早朝番組「おはスタ」のマスコットガール・おはガールの一員としてデビューしました。

明るく朗らかなハーフタレントとして人気を博したベッキーさんは、2009年には“ベッキー♪#”の名義で歌手活動も開始しました。

●1stアルバムが歴代アルバムセールス1位になった「宇多田ヒカル」

2位にランクインしたのは、宇多田ヒカルさんで、24.0%でした。

音楽プロデューサーの宇多田照實さんと歌手の藤圭子さんを父に持つ宇多田ヒカルさんは、14歳で作詞作曲を始め、1998年12月にシングル「Automatic/time wiil tell」でデビュー。

翌1999年に発売した1stアルバム「First Love」は、累計売上枚数765万枚を超え、日本国内の歴代アルバムセールス1位になっているほか、2ndアルバム「Distance」でも初週売上枚数が歴代1位となる300万枚を記録しました。

●高校の同級生でコンビを結成した「サンドウィッチマン」

3位は、サンドウィッチマンで、20.0%でした。

高校の同級生で、同じラグビー部に所属していた伊達みきおさんと富澤たけしさんは、1998年にコンビを結成しました。

ライブに出演してゆく中で、その実力がテレビ関係者の目にとまり、2005年5月に「エンタの神様」に出演。

この出演を機に知名度をグンと上げたお2人は、M-1グランプリ2007において大会初となる、敗者復活枠からの優勝を成し遂げ、お笑い界での確固たる地位を築き上げました。

■10代前半でデビューしているベッキーや宇多田ヒカル

今回のランキングの1位にランクインしたベッキーさんも、2位の宇多田ヒカルさんも、10代前半でデビューし、今年でデビュー20周年を迎えました。

お2人とも若々しいので、20周年なんて本当にビックリですよね!

 

 

2018年8月

調査対象:10~40代の男女

関連記事

ページ上部へ戻る