後味最悪だけど…鬱展開で泣けるアニメ1位は?

アニメで最近増えてきたジャンルの一つに鬱展開がメインの作品があります。後味が悪く暗いものが多いですが、その雰囲気やストーリー展開が人気も物もあります。そこで今回は鬱展開で泣けるアニメをピックアップしてみました。どんな作品がランクインしているのか見てみましょう。

■質問内容

鬱展開なのに泣けるアニメはどれですか。3つ以内でお選びください。

 

■調査結果

1位:あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 20.0%

2位:終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか? 16.0%

3位:魔法少女まどか☆マギカ 14.0%

4位:結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-/-勇者の章- 9.0%

4位:3月のライオン 9.0%

4位:プラスティック・メモリーズ 9.0%

4位:東京マグニチュード8.0 9.0%

4位:うたわれるもの 9.0%

9位:STEINS;GATE 8.0%

10位:ひぐらしのなく頃に 8.0%

 

■見た目とのギャップが印象的なアニメ「魔法少女まどか☆マギカ」

今回注目したアニメは「魔法少女まどか☆マギカ」です。2011年に放送されたアニメで、ジャンルは魔法少女モノです。可愛らしい少女が印象的で、魔法少女となって敵と戦う作品ですが、衝撃的なストーリー展開と残酷さがありかなり話題になりました。主人公は鹿目まどかという少女が魔法少女になり他の仲間と一緒に魔女という敵に立ち向かう話です。

しかし実は鹿目まどかが魔法少女になるのは終盤の実でそれぞれまでのストーリーは周りの少女たちが魔女と戦う話がメインとなっています。魔法処女になる人間は心に闇を抱えており、自身がかなえたい願いがあります。その願いをかなえるために死んでいく魔法少女もいます。

作中に登場する暁美ほむらも願いをかなえるために魔法少女になった一人です。暁美ほむらは時を操る能力があります。作中で登場したほむらは何回もタイムスリップしており、鹿目まどかが死んでしまう未来を救うために別の世界線から来た魔法少女でした。鹿目まどかはほむらを魔法少女としてサポートし導いてきた大切な仲間です。しかし強大な魔女と戦って命を落としてしまいます。そんな残酷な未来を変えるためにほむらは何回もタイムスリップして救おうとします。

しかし結局は救えずいつもまどかが死んでしまう未来に行きついてしまいます。そんな鬱展開のストーリーですが、本作の世界線の鹿目まどかは終盤で自分の未来を受け入れ、ほむらを守るために自分の命を使います。その展開を見て自然と涙を流す人も多かったようです。気になる方はぜひ「魔法少女まどか☆マギカ」をチェックしてみてください。

2018年8月

調査対象:10~40代の男女

関連記事

ページ上部へ戻る