1位納得!悶え狂った告白シーンはどの2人?

アニメには印象的なシーンほど記憶に残っているものです。かっこいいバトルシーンや、男前なシーン、お腹を抱えるほどのギャグシーンなどさまざまです。今回はその中でも特に悶えるほど印象に残った告白シーンのアニメをピックアップしてみました。どんな作品がランクインしているのか見てみましょう。

■質問内容

悶え狂ったアニメの告白シーンはどの2人のシーンですか。3つ以内でお選びください。

 

■調査結果

1位: 上杉達也→朝倉南(タッチ)   19.0 %

2位: 小狼→木之本桜(カードキャプターさくら)   13.0 %

3位: ドモン・カッシュ→レイン・ミカムラ(機動武闘伝Gガンダム)   11.0 %

3位: 工藤新一→毛利蘭(名探偵コナン)   11.0 %

5位: 桐ケ谷和人→結城明日奈(ソードアート・オンライン)   10.0 %

5位: 風早翔太→黒沼爽子(君に届け)   10.0 %

5位: 五代裕作→音無響子(めぞん一刻)   10.0 %

8位: 佐藤潤→轟八千代(WORKING!!)   9.0 %

8位: 戦場ヶ原ひたぎ→阿良々木暦(化物語)   9.0 %

10位: ゼン→白雪(赤髪の白雪姫)   8.0 %

10位: 黒沼爽子→風早翔太(君に届け)   8.0 %

10位: 富樫勇太→小鳥遊六花(中二病でも恋がしたい!)   8.0 %

10位: うずまきナルト→日向ヒナタ(NARUTO)   8.0 %

10位: レントン・サーストン→エウレカ(交響詩篇エウレカセブン)   8.0 %

10位: 北白川たまこ→大路もち蔵(たまこラブストーリー)   8.0 %

 

■電光石火のごとく告白したスピードが印象的だった「戦場ヶ原ひたぎ→阿良々木暦」

今回注目したキャラクターは「戦場ヶ原ひたぎ→阿良々木暦」の二人です。二人は「化物語」に登場するキャラクターでメインヒロインと主人公です。「化物語」は青春と怪異の二つが混ざった作品で、キャラクター同士のセリフの掛け合いや言葉遊びに特徴がある作品です。かなり人気のある作品で、続編である原作の「偽物語」や「猫物語」など登場する個性的なキャラクターにスポットを当てた物語があります。

テレビアニメもシリーズ化されており、「化物語」は初期のアニメです。基本的に主人公が、怪異という日本の妖怪に悩んでいるキャラクターの悩みを解決するエピソードが続く作品で「戦場ヶ原ひたぎ」もその一人です。

蟹の怪異に取りつかれ、自身の「重さ」が軽くなる怪異に取りつかれていました。戦場ヶ原ひたぎはクールで知的なキャラクターとして主人公と接していましたが自身の悩みが解決した次のエピソードで、告白し一気にカップルとして主人公と生活していきます。

その告白シーンもクールで知的な戦場ヶ原ひたぎらしいストレートなものでちょっと顔が赤くなりながらも告白するシーンは、かなり印象的です。このシーンを見て悶えた人も多かったのではないでしょうか。アニメの中でここまで早く告白して付き合うことになったカップルもそうそういません。気になる方はぜひ「化物語」をチェックしてみてください。

2018年8月

調査対象:10~40代の男女

関連記事

ページ上部へ戻る