実写化も見てみたいアニメ映画1位は!?

アニメ映画は成功する作品が年々増えてきており名作も多くなってきました。そんなアニメ映画の中でも実写化するとより面白そうな作品があります。今回はそんな実写化向きのアニメ映画をピックアップしてみました。どんな作品がノミネートしているのか見てみましょう。

■質問内容

実写化も見てみたいアニメ映画はどれですか。3つ以内でお選びください。

 

■調査結果

1位: 君の名は。   15.0 %

2位: サマーウォーズ   10.0 %

3位: 劇場版 TIGER & BUNNY   7.0 %

3位: 聖☆おにいさん   7.0 %

3位: orange -未来-   7.0 %

3位: 映画 ハイ☆スピード!-Free! Starting Days-   7.0 %

7位: ヱヴァンゲリヲン新劇場版   6.0 %

7位: おおかみこどもの雨と雪   6.0 %

7位: バケモノの子   6.0 %

7位: 劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ   6.0 %

7位: 打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?   6.0 %

7位: 秒速5センチメートル   6.0 %

7位: 劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。   6.0 %

7位: 映画けいおん!   6.0 %

 

■実写化したらキャスティングが楽しみな「サマーウォーズ」

今回ピックアップした作品は「サマーウォーズ」です。この作品は2009年に公開されたアニメ映画で、監督は細田守氏です。細田守初の長編アニメ映画で、舞台となったのは長野県上田市です。物語は少し先の未来で、インターネットが普及し、多くの人が利用している時代です。

世界の人々が集う仮想世界OZという場所があり、主人公もその仮想世界を利用しています。利用しているユーザーはパソコン、携帯電話やテレビなどさまざまなデバイスからアクセスすることができ、その際はアバターという仮想空間で個人を表現するためのキャラクターになります。

ネットを使ったショッピングはもちろん、納税や行政の手続きも行うことができこの世界ではなくてはならないツールになっています。セキュリティレベルも高く正解位置安全と言われていたOZでしたが、ある日人工知能に乗っ取られてしまいます。OZを乗っ取った人工知能は、現実世界のインフラにまでも影響を与え、社会全体に混乱を招きました。そんな人工知能の行動を止めるために主人公は奔走します。

非常に面白いストーリーとなっており、登場するキャラクターも個性的で数が多いです。実写化もしやすいストーリーとなっているので、実写化した際はキャスティングがどうなるのか気になるアニメ映画と言っていいでしょう。まだ「サマーウォーズ」を知らない方はぜひ見てみてください。アニメ映画の名作の一つです。

2018年8月

調査対象:10~40代の男女

関連記事

ページ上部へ戻る