思い出横丁の酒場「ささもと」とビア&カフェ「BERGベルグ」。新宿せんべろはしご酒コース。

思い出横丁の酒場「ささもと」とビア&カフェ「BERGベルグ」。新宿せんべろはしご酒コース。
5,027 views

思い出横丁にある、人気やきとん屋「ささもと」からのビア&カフェ「BERG(ベルク)」。新宿を代表するこの2店舗をはしご体験するとしばらくはヘビーローテーションを繰り返してしまいます。ご注意を!

夜からスタート

からスタート

東京メトロ丸ノ内線「新宿駅」(B14出口)スタート

東京メトロ丸ノ内線「新宿駅」(B14出口)スタート
新宿駅

新宿駅西口は、小田急百貨店、電気街、バスターミナル、京王プラザホテル、都庁などがあり、高層ビル群が立ち並ぶ。新宿駅は神奈川方面からのターミナル駅なので、JR、都営地下鉄、小田急線、京王線、西武線と私鉄も複数乗り入れている。新宿駅には、東口、中央東口、西口、南口、新南口、サザンテラス口があるが、なぜか北口はないのである。

思い出横丁で人気のやきとん屋「ささもと」

思い出横丁で人気のやきとん屋「ささもと」
ささもと

やきとん「ささもと」。入口にあるグツグツ煮えたぎる鍋と鍋の目の前に陣取る名物オヤジが目印のお店です。L字カウンターしかなく店はかなり狭い。壁や天井はまっ黒で歴史を感じずにはいられない。まさにノスタルジック酒場です。

メニューが全くないので、常連さんに教えてもらったオススメメニューをご紹介します。ぜひ参考にしてください。まず席についたら、飲み物を頼み、「初めは煮込みでいい?」と聞いてくるのでそこは受け入れましょう。ぐつぐつと煮立つ鍋の中から串を3本ほどチョイスして提供してくれます。激烈にやわらかい肉が口の中でとろけます。

次にレバーがうまいと教えてもらったので、レバーを注文。細かく刻まれた白ネギと少量のしょうゆが風味を引き出しています。口に入れると半生のレバー。外は熱く、中は少しぬるい感じの食感が病みつきになります。

次にこのお店にはあまり似合わない「モロヘイヤ」という言葉が飛び交っていたので常連さんに聞くとモロヘイヤを豚肉で巻いた串だよと。あまり想像できなかったんですが、注文。一度煮込み鍋に投入したあと、炭火で焼きます。焼いている最中に少量のしょうゆを足してできあがり。モロヘイヤの独特のネバネバ感と豚肉の相性がよく新触感です。ぜひおすすめ。

少し口の中がこってりになってきたので野菜を食べたいな~と思い、何かありますかと常連さんに聞くと、鍋の中に浮いているキャベツ串をさしました。だしにキャベツかなと思ってましたが、れっきとした串メニュー。これも煮込み鍋でやわらかくした後に炭火で焼きます。

「軟骨たたき」を隣の常連さんが頼んでいたので、「僕も!」と便乗。軟骨の骨を細かく刻んだ串が再び煮込み鍋へ。そのあとしっかりと炭火焼きで塩で食べます。カリカリで顎が痛くなります。これもうまし。ちなみに軟骨たたきは他の串と異なり串の持ち手部分の先に赤い印があります。赤串といいまして1本300円します。他の串は195円。なので高級品。

そろそろお腹いっぱいになってきたので最後の〆を注文。正直な感想を言うと、「死ぬまで絶対食べたほうがいい」ベスト10に入るうまさです。高級レストランでもこのうまさを再現するのは難しいと思います。赤身です。オヤジさん曰く「焼いたらすぐ食べろ。スマホで写真を撮っている暇はない」でしたが、2本頼んで2本目で失礼して写真を撮らせていただきました。とにかくやわらかく、生っぽさもほんのり残っていて、脂身とのバランスも最高。初めて味わう肉でした。

以上。やきとんの名店「ささもと」でした。この日は、大瓶ビール、195円の串6本、300円の串3本を頼み全部で2850円。ちょいと高くつきましたが月に1回は自分へのご褒美でよいかなと。あと、最後にでてきた煮込みの〆スープ。こちらは無料で提供されますが、普通のスープと変なスープどっちが良い?と聞かれます。もちろんフリだと思うので、「変なスープ」をお願いしました。お皿に白ネギとポンズを数滴たらし煮込み鍋のスープを入れてくれます。これが絶品。病みつき決定の瞬間でした~

絶品やきとんで大満足で帰宅しようと思ったんですが、ビア&カフェ「BERG」(ベルグ)へ

絶品やきとんで大満足で帰宅しようと思ったんですが、ビア&カフェ「BERG」(ベルグ)へ
BERG ルミネエスト新宿店

新宿東口から地下に下り、改札までの間にビア&カフェ「BERG」(ベルク)があります。国内外の上質なビールを味わえるビールバーであり、こだわりのパン生地やソーセージも評価の高いお店です。

時計を見ると21時をすぎてますが、かなり満員御礼状態のお店。注文するシメメニューは、「ベルクドッグ」(304円)。ドイツIFFAハム・ソーセージコンテストにてなんと金賞を受賞!

店内は混んでますし、ホームまで歩きながら食べようとテイクアウト。昔懐かしいHotDogの袋がかわいいです

ベルクドッグの注文時に聞かれるのは、「マスタードとケチャップをつけれますが、何もつけないベルクドッグがオススメです」と提案されます。おそらくソーセージとパン生地を味わってほしいと思っているからなんだろうとその通りにしましたが、想定を上回るうまさでした。シメ飯の新定番に採用です!以上。【新宿】一度体験すると病みつきになってしまう絶品酒場コースでした。

Finish! Nice outing!

このコースが気に入ったら「いいね!」してね!

Guide

ガイド

「ここ行きたい!」
おでかけスポットをSNSで
毎日動画配信します!

SNSで動画配信中!
Page Top
朝が楽しい!勝浦観光