【戸越銀座】親子で食べ遊び買い物し尽くす!下町風情満点&自然いっぱいの戸越銀座満喫コース

【戸越銀座】親子で食べ遊び買い物し尽くす!下町風情満点&自然いっぱいの戸越銀座満喫コース
12,752 views

戸越銀座といえば、全長約1.3kmにわたる関東有数の長さを誇る商店街がある街。大人は商店街を見て回るだけでも一日楽しめちゃうのですが、小さな子供は退屈してしまう…そんなこともありますよね。まずは「カラオケの鉄人」キッズルームでのんびりランチ→子供服ショップ「Tan Ton Tan」→“奇跡のりんご”が買える「自然栽培の仲間たち」→「鶏&デリ」で戸越の代名詞鶏のから揚げを「こめパン処 米魂(ベイコン)」で米粉パンを食べ歩き、「文庫の森」と「戸越公園」でプレイタイム!子供も遊べて大人も商店街を満喫できちゃうそんなコースをご紹介します。

昼からスタート

からスタート

出発は東急池上線「戸越銀座駅」。

出発は東急池上線「戸越銀座駅」。
戸越銀座駅
http://www.togoshiginza.jp/?page_id=2064

出発は、東急池上線戸越銀座駅。その他、都営浅草線戸越駅も徒歩5分圏内にあり、こちらを利用しても同じように商店街を楽しむことができます。

「カラオケの鉄人」キッズルームを利用してのびのびランチ

「カラオケの鉄人」キッズルームを利用してのびのびランチ
東京都品川区平塚1-5-8
http://www.karatetsu.com/tenpo/togoshiginza/

外食したいけれど、子供が動きたい盛りだとゆっくりと座ってご飯を食べることが出来ないのが悩みどころ。そんな時、カラオケのキッズルームが便利。個室でお家のような空間が用意されていることが多いので、ママもゆっくりご飯が食べられます。 用意されているおもちゃで遊んだり、カラオケで子供お気に入りの音楽を入れてあげればノリノリで聞いてくれるので、大人も子供もハッピーです。 週末は混み合うこともあるそうなので、予約していくことをおススメします。

少し暗いですが中はこんな感じのお座敷。 子供用にアンパンマンの滑り台やブロック、おもちゃのタンバリン、マラカスが用意してあります。絵本も少し置いてありランチを食べながらまったり1時間ほど過ごすには十分な設備が用意されています。

子供服ショップ「Tan Ton Tan」にてお買い物

子供服ショップ「Tan Ton Tan」にてお買い物
品川区戸越1-15-1
http://shop.plaza.rakuten.co.jp/tantontan/

腹ごしらえをしたら早速お買い物。 商店街にある子供服ショップ。手頃な値段で可愛い洋服が買えちゃいます。中には小さいですが子供が遊べるスペースがあり、子連れ買い物のママの強い味方です。 今回うちは利用しませんでしたが、2階にはおむつ替えと授乳スペースがあるそうです。

店内には所狭しと子供服が並んでいます。

赤ちゃん用の服からKidsサイズまで多岐に渡っています。

子供のプレイスペース。

プレイスペースの中は狭いですがおもちゃが充実しており、小さなお家のような空間が広がっています。娘も夢中になっておままごとで遊んでいました。他には絵本なども置いてありました。 その隙に親はゆっくりお買い物。

お店の中まで入らなくても晴れの日は外にも洋服が並べられているので、お店の外から商品を物色…なんてことも出来ます。

自然栽培食品店で“奇跡のりんご”を買ってみよう!「自然栽培の仲間たち」

自然栽培食品店で“奇跡のりんご”を買ってみよう!「自然栽培の仲間たち」
品川区戸越1-16-10
http://ak-friend.com/

ここの商品は、映画「奇跡のりんご」でも話題となった木村秋則氏が提唱する「無農薬・無肥料・無除草剤」による栽培方法で育てられた食品ということで、子供にも安心して与えられます。 不定期で、木村秋則氏の栽培したりんごやそのりんごを使用したりんごジュースなども入荷されるということなので、運が良ければ本物の「奇跡のりんご」を手に入れることも出来ちゃうかも。

美味しそうな野菜たちが並べられています。

そのほか、自然栽培野菜を使ったスムージーや新鮮な牛乳を使ったアイスクリームなども売られており、テイクアウトも出来ちゃいます。

子供大好きから揚げ専門店「鶏&(とりあんど)デリ」

子供大好きから揚げ専門店「鶏&(とりあんど)デリ」
東京都品川区戸越1丁目16番8号
http://toriand.com/

子供が大好きな「から揚げ」の専門店です。 ここでから揚げを調達。 よくテレビにも出ているので有名人のサインがたくさん飾ってあります。注文してから揚げるので行列が出来ていますが、5~10分ほど待てば出来上がります。

一番人気の「もも」から揚げを買いました。150グラムを注文。香ばしいいい匂いが漂っています。

今回うちはテイクアウトにしましたが、店内にも簡単に椅子とテーブルが設置されており、ここでビールをひっかけながらから揚げを楽しんでる方々も見受けられました。

米粉で作ったパンを食べよう!「こめパン処 米魂(ベイコン)」

米粉で作ったパンを食べよう!「こめパン処 米魂(ベイコン)」
東京都品川区戸越2-6-3
http://beicon.jugem.jp/

最近過剰米対策としてにわかに脚光を浴びている米粉のパン専門店。 小麦アレルギーの方でも食べられ、また味も美味しいということで人気のお店。 子供用には「お子様ロール」という、これまた米粉で出来た優しいお味のパンがあります。 この日は、タイミングが良く焼きたてのパンが並んでいました。

店頭には「顔ぱん」という可愛いパンも置いてありました。 (実際の購入には事前予約が必要です)

子供用の「お子様ロール」。 少し甘くてふわふわとした食感が癖になります。

大人用には、角煮おやきを買ってみました。 中には豚の角煮が入っています。

買い出した食品を持って、自然いっぱい「文庫の森」へ

買い出した食品を持って、自然いっぱい「文庫の森」へ
文庫の森

商店街の喧騒から少し離れると、2013年に開園したばかりの文庫の森公園が広がっています。 緑いっぱいの公園で芝生が広がっているので、娘も全力で走り回れます。 週末はピクニックに来ている家族連れが見られ、私たちもここで休憩しながらから揚げとパンを食べることに。

公園の入り口付近。 早速どんぐりを見つけて拾う娘。 右手の建物はお手洗いで、おむつ替えの台もありました。

少し進むと池が出てきます。 目を離すことはできないですが、小さい子が落ちないように3本のロープで柵がされているので危なっかしいということはないと思います。

池には橋が渡してあります。 そこから池に住んでいるカメを見つけて喜ぶ娘。

橋からの景色。

池の橋を渡り終えると、サラサラと水が流れていて少し大きいお姉ちゃんたちが足を浸して遊んでいました。

池を抜けると広がる芝生。 ここではゴムボールで遊ぶ家族。レジャーシートを敷いて日光浴を楽しむ家族。犬の散歩をする人。様々な人がそれぞれの休日を楽しんでいました。

最後に見つけた公園の案内図。

歴史ある「戸越公園」を散策

歴史ある「戸越公園」を散策
戸越公園
http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/hp/menu000000400/hpg000000343.htm

こちらの戸越公園は、江戸時代、肥後国藩主細川家の下屋敷の庭園跡を利用して造られた区を代表する公園です。 先ほどの文庫の森から徒歩数分の場所にあるにも関わらず、趣がガラリと変わります。こちらには子供用の遊具もあり、一日にして二つの違った公園を楽しめること間違いなしです。

公園の門を潜って正面の広場。ここではサッカーや縄跳びを練習している小学生に会いました。

入り口から右手方向に進んでいくと遊具が設置された広場に着きます。

滑り台の下にはお砂場があります。

娘もここでお砂場デビュー。 お砂場があることを知らなかったので遊び道具を持っていなかったのですが、親切なお姉ちゃんがスコップを貸してくれました。

遊具のある広場を離れてドンドン進むと、ここにも池があり、鳥たちが羽を休めていました。

Finish! Nice outing!

このコースが気に入ったら「いいね!」してね!

Guide

ガイド

「ここ行きたい!」
おでかけスポットをSNSで
毎日動画配信します!

SNSで動画配信中!
Page Top
朝が楽しい!勝浦観光