日本最短のストレス解消!?はしご酒コースを五反田で発見!角打ち「加藤酒店」ともつやき「ばん」。最強コンビはしご酒

日本最短のストレス解消!?はしご酒コースを五反田で発見!角打ち「加藤酒店」ともつやき「ばん」。最強コンビはしご酒
7,432 views

今宵は日本最短のストレス解消、はしご酒コースがあると聞いて五反田の街に降り立った。五反田というとピンクのイメージが強いがしっかりと観察してみると、サラリーマンの胃袋を掴む酒場が点在していた。今回は五反田のサラリーマン戦士たちが角打ちで一杯と言えば、「加藤酒店」そして、もつやきでシメの「ばん」というコースだ。

夜からスタート

からスタート

ピンクの街というイメージの街は意外とサラリーマン酒場があった!「五反田」

ピンクの街というイメージの街は意外とサラリーマン酒場があった!「五反田」
五反田駅

五反田で用事があるといえば、ファミリーセールでお世話になっている東京卸売センター=TOC。それ以外であまり利用機会がなかった五反田だが、今回日本最短のはしご酒コースがあると聞いて降り立つ!!!

五反田サラリーマンのまず一杯が似合う、角打ち酒場「加藤酒店」

五反田サラリーマンのまず一杯が似合う、角打ち酒場「加藤酒店」
加藤酒店

五反田駅東口を降りて、大きな歩道橋を渡ると酒場が密集しているエリアに角打ち「加藤酒店」がある。看板が照明がないため、すこし分かりづらいが逆に知る人ぞ知る的な雰囲気を醸し出していて期待が高鳴る。

中に入ると、瓶ビールのケースを3つ積み上げられて作られたテーブルを取り囲むようにサラリーマンたちが1日で溜まったストレス性ウィルスをアルコール消毒しているw

都度会計をするキャッシュオンデリバリー形式で、まずは缶ビールを冷蔵庫から選ぶ。

そして、缶詰を中心につまみが勢揃いする棚から本日の酒のつまみを選ぶ。

本日はスーパードライでストレス消毒をする。冷えたグラスが渡されて、このサイズのグラスがまたいい〜!!!

角打ちでいつも気になっていた缶詰、「明治屋 ウィンナーソーセージ」。おばちゃんにお金と一緒に缶詰を渡すと取り皿に盛りつけしてくれる。そして、私の顔をみて”マヨラー”ということを見抜いたのか、マヨネーズも添えてくれた。柔らかすぎるウィンナーとマヨネーズは格別だ。

店主の趣味に癒されながら時間がゆっくりと流れる。しかし角打ちで長居は禁物だ。缶ビールを空けて、日本最短のはしご酒へLet's Go〜!!

加藤酒店の目の前にあった、もつやき「ばん」

加藤酒店の目の前にあった、もつやき「ばん」
ばん

加藤酒店を出ると、目の前にサラリーマンやOL、カップルが続々と入る酒場が本日の2軒目である、もつやき「ばん」だ。

昭和33年創業の中目黒にあるもつやき「ばん」が五反田にもあった。中目黒の「ばん」は中目黒では有名すぎる酒場だが、まさか五反田店があったとは・・・しかも加藤酒店の目の前とあって、小走りで入店するとギュウギュウ〜!

まず一杯目に注文したのは「ハイッピー(レモン風味)」(380)。ホッピーならわかるが、ここばんではほんのりレモンの香りがするハイサワーと割ることを「ハイッピー」というらしい

焼酎を炭酸で割ることを昔は「炭酎(たんちゅう)」と呼んでいたそうだが、ここ「ばん」は、いまでは当たり前となった「サワー」と命名して売り出し始めたのが中目黒の「ばん」とのこと。写真は柔らかジューシーの「おっぱい」(1本100円)と、肉感を感じずにいられない、はらみ(1本100円)。仕入れに偏りがあるため”売り切れご免”と書かれている。

サラリーマンの胃袋強化?に一躍買っている「レバ刺し」(360円)。右上に盛っているおろしニンニクを豪快につけて、ストレス消毒w 毎日品川にある食肉市場まで自転車で買い付けにいっているとのこと。安心・安全で”生”を食べられる!

ストレス消毒の第2弾は「半ゴロ」(1本100円)。半焼にされたレバは外側がジューシーで、中身は柔らかい生っぽさが同居。これは旨し!!!

ハンペン(210円)。メニュー表にはオススメ日替わり一品、ばん1、ばん2、ばん3という280円から100ずつ値上がりするメニューを終盤で発見・・・こちらは次回にとっておこう。 以上、日本一短いはしご酒コース in 五反田でした。五反田しばらくハマりそうだな〜www 【まとめ】 東京のはしご酒コース一覧はこちらから ↓ http://dekakeru.jp/theme/hashigosake

Finish! Nice outing!

このコースが気に入ったら「いいね!」してね!

Guide

ガイド

「ここ行きたい!」
おでかけスポットをSNSで
毎日動画配信します!

SNSで動画配信中!
Page Top
朝が楽しい!勝浦観光