【ランチ女子】同期は外国人、でも行きたいランチはもつ鍋屋!?銀座で異文化交流ランチコース

【ランチ女子】同期は外国人、でも行きたいランチはもつ鍋屋!?銀座で異文化交流ランチコース
2,260 views

もつ鍋とは牛や豚の腸や内蔵肉を細切れにして鍋で煮たもの。初めて食べるにはちょっと抵抗がある。「銀座ほんじん」で そんな日本の郷土料理もつ鍋に初心者のランチ女子、そして外人が挑戦した。

昼からスタート

からスタート

同期に連れられて銀座へ…行った先は「もつ鍋屋」!!?

同期に連れられて銀座へ…行った先は「もつ鍋屋」!!?
銀座ほんじん

別部署に配属されていた同期に久しぶりに会った。 「先輩社員に美味しい場所を教えてもらったので行ってみたい。」へーどこ連れてってくれるんだろう。レストラン?定食屋? _________しかし予想をは大きく外されたのだった・・・。 ■銀座 ほんじん~東京で食べる博多のもつ鍋~ http://www.motsunabe.com/

同期に連れられて銀座方面へ。見えてきたのは隠れ家と言うにふさわしい、レトロな木造の家屋。周りがビルなのでここだけ浮いて目立っている。 そこはなんともつ鍋屋・・・・・・・。僭越ながらもつ鍋は食べた事がなく、独断と偏見で血の色のスープに中身が浮いている闇鍋みたいな物を想像し、「ちょう不味いに違いない」と避けて生きてきました。 今回同席している同期は留学して日本にやってきた外国人。いきなりもつ鍋とか度胸あるな!!

すでに入り口で待っている人が3、4人ほどいます。ほぅ人気らしい。 メニューを決めてから店に入ります。ランチはもつ鍋定食「しょうゆ」と「しお」で選べます。今回はしょうゆ!!

靴を脱いで急な階段を上ると狭い部屋が現れます。隠れ家っぽい〜! 「隠れ家って?」と聞く同期。すみません私もよくわからないで言っていました…。 同期はまだまだ日本語の勉強中、でもだいぶ上達したと思う。我々の会話の中でスマホは必須アイテム。なぜなら微妙な言い回しが説明できないときに、Google先生に聞くからです。世の中って便利になったな〜

「目玉焼きって?」(英語で何だっけ?)「は…ハムエッグ」「ハムエッグ??」違うらしい。 Google先生の画像を見せると、ああコレね!と同期も名前と画像で合致した様子。その後… 「みんな醤油かけて食べるんでしょう?」どうやらこの国際人は、オーストラリア人はベジマイト、ベトナム人はナンプラー、日本人は醤油をなんにでもかけて食べるという認識らしい。

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!! もつ鍋登場。 スープから醤油ラーメンのような美味しそうなにおいが!しかも麺が入っております。 『想像していたのと違う。』 もっとグロいのがくるのかと思っていた。とにかく味はこってりしていて濃厚、白ご飯に合う!そして気になる具の方… プリプリしたなにやら鶏肉の皮のようだ。味は豚肉に似ている。スープのこってりした味は具から出ていた。あっという間に、初めて食べるもつ鍋をクリア。 一方もう一人は、驚きもせず普通に食べていた。こやつやるな・・・。

汐留シティーセンターの本屋へ

汐留シティーセンターの本屋へ
汐留シティセンタービル

ちょっと時間が余ったので汐留駅近くの本屋へ。 この辺りは小さな本屋が3,4軒点在しているのですが、全ジャンルそろっているような大きい本屋はないのです。ビジネス街なのにね〜 ■汐留シティセンター http://www.shiodomecitycenter.com/

そういえば今日は「進●の巨人」最新刊の発売日だった。 すかさず漫画コーナーへ。そうしたら同期もやってきた。前に日本の流行を知りたいと言ったので、同漫画のアニメを薦めた事がある。「このアニメどうだった?」「1話超コワイ。でも主題歌はかっこいい」フム・・・それなら次はサン●ラでも薦めようかな。

Finish! Nice outing!

このコースが気に入ったら「いいね!」してね!

Guide

ガイド

「ここ行きたい!」
おでかけスポットをSNSで
毎日動画配信します!

SNSで動画配信中!
Page Top
朝が楽しい!勝浦観光