【永久保存版】巨大アスレチックとお蕎麦がスゴかった!栃木にある絶対にはずさないキャンプコース in 出流キャンプ場

【永久保存版】巨大アスレチックとお蕎麦がスゴかった!栃木にある絶対にはずさないキャンプコース in 出流キャンプ場
41,889 views

栃木市の西北端にある出流キャンプ場に決定!豊かな自然の中に広がる出流ふれあいの森や出流山満願寺、名物の「出流そば」など、家族やカップルに是非オススメのキャンプコースをまとめました。

朝からスタート

からスタート

【9:00】ゴルフ場のメッカ、栃木ICに到着

【9:00】ゴルフ場のメッカ、栃木ICに到着
東北自動車道 栃木IC

 我が家のキャンプは朝がとにかく早い。高速道路の渋滞やテーマパークなどの混雑を避けるためにはこれが一番の解決方法だからだ。ようやく栃木ICに到着。しかしゴルフ場が多いところだ。車の移動中にたくさんのゴルフ場の案内看板をみた。ゴルフやらないからわからないけどたぶんゴルフのメッカだ。

【9:30】巨大アスレチックで目が覚める!「つがの里ふるさとセンター」

【9:30】巨大アスレチックで目が覚める!「つがの里ふるさとセンター」
つがの里ふるさとセンター

 ゴルフ場をかきわけて到着したのが「つがの里ふるさとセンター」。花と歴史ロマンをテーマにしていて、4月はさくら、5月はつつじ、6月はハスととにかく花がキレイ。子供たちは花に一切目もくれず、向かうのはセンター内にあるファミリーパーク。http://goo.gl/wYjAHF

ファミリーパークにあるアスレチック場に目が覚める。朝からカラダを動かすというのは生きてる感じがする。しかも時間は9:30。。。当たり前だが、貸し切り状態だ。

車をファミリーパークに止めて、すぐに種目が豊富なアスレチックがスタートする。子供たちは独自のルールで各種目を完走する。もちろん大人も子供に続きチャレンジするが、意外とできないものだ。

アスレチックを完走すると、その奥にまた遊具があった。ごらんのとおり貸し切り状態だが、昼間になるとかなり混雑するそうです。これだけの遊び場があれば当たり前だな〜

絶対絶命〜www 

ドアもはずれ、完全に子供たちのおもちゃと化した消防車や救急車があった。子供の頃の秘密基地を思い出す。近所の空き地に不法投棄されたタイヤや車、冷蔵庫などを移動して秘密基地を作った。一番テンションあがるのは車だった。運転席に座ると前がまったく見えず、ハンドルは手を大きく広げないと持てない。マニュアル車がほとんどでギアをガチャガチャして気分を味わう。あの頃と同じ表情をしている息子たちに思わずこちらも笑顔になる。

「くもの巣だ〜」と指した方を見ると、立体の巨大くも巣があった。「クモがパパで、クモの巣に絡まっているのがボクたち」と独自のゲームが始まった。縄は掴みやすく、弾力性があり、登りやすいが、登ると意外と高いし、下が筒抜けなのでめちゃ怖い。

この美味しそうな緑の虫はかなりトロい。すぐに捕まえずに泳がすことに決めた。たぶん泣くから(笑)

この青い虫は最後まで捕まえることができなかった・・・いつの間にか体力もつき、すばしっこくなっていた。子供の成長を感じる瞬間はいつも楽しい。

1時間ほどアスレチックで遊んで、駐車場へ移動していたら、みかんの木を植えていたボランティアのおじちゃん、おばちゃんがいた。少しずつ近づいて、何を植えているかと聞くと、「手伝う?」という思わぬ展開に。まだ実っていないみかんの木をおじちゃんと3人で運び、穴に入れる。その後たっぷり水をやる。貴重な体験をした。秋にはみかんができるそうだ。また秋に来よう!

【11:00】地産地消キャンプを目指す我が家は「にしかた道の駅」へ

【11:00】地産地消キャンプを目指す我が家は「にしかた道の駅」へ
道の駅 にしかた

その地域の生産物をその地域で消費する「地産地消」をテーマにしている我が家が向かったのは、「にしかた道の駅」。駐車場が広く、とてもキレイな道の駅。http://michinoeki-nishikata.com/

栃木と言えば、イチゴのとちおとめ!真っ赤でひとつぶひとつぶ大きい。今日のデザートはいちごだな〜

栃木県内から集まる野菜は安くて、新鮮。牛肉をすっかり食べれなくなり、BBQは野菜に限る。椎茸やナス、ピーマン、キャベツなどを購入。

農村レストラン ふるさと一番でイチゴジェラート(300円)はかなり濃厚でうまい。アスレチックで火照ったカラダをクールダウン。

【12:30】キャンプ場のある出流ふれあいの森へ

【12:30】キャンプ場のある出流ふれあいの森へ
栃木市森林公園出流ふれあいの森

道の駅から車で約30分。石灰の産出場所を通過し、出流ふるさとの森に到着。ここのキャンプ場はかなり気に入っている。理由はこの管理棟で作っているそばが絶品!そして午前10時からキャンプ場に入れる!日曜日にキャンプをする家族はほとんどいないので、次の日もたっぷり、ゆっくりと遊べる。

お腹が空いたの大ブーイングをうけ、管理棟でお蕎麦を食べる。五合そば(2〜3人前 1400円)と野菜天ぷら(300円)を注文。いつもこのセット!

別館で手打ちをしているかなり本格的なお蕎麦だ。5合と書いているが肌感的にはもうちょっと多いと思う。サービスなのかな〜???

出流の森で収穫された色鮮やかな野菜天ぷら。サクサクした野菜天ぷらをつゆにつけて食べる。食べながら、キャンプ場についたら、やるべき工程を共有する。まずテントをみんなで立てる、その後枝を拾ってBBQの準備。

【13:30】キャンプ場に到着!

【13:30】キャンプ場に到着!
出流ふれあいの森 キャンプ場

出流ふれあいの森の中にあるキャンプ場にようやく到着。すぐに共同作業でテントを立てる。家族キャンプを始めて3シーズン目。子供たちもテント設営のやり方を覚え、かなり手際が良い。というか、スノーピークのテントが優れているのだ。骨組みとテントが色分けしてあり、どこに何を設置するのかわかりやすい。http://www.snowpeak.co.jp/

テントを立てたら、枝を集めて夜のBBQの準備。

準備を終えたら、ひたすら遊ぶ!このマットを持って向かうのは・・・

とにかく長い滑り台。マットは管理棟で借りれます。有料でたぶん1日200円だったと思う。このマットがないとズボンが破けたり、なぜか次の日筋肉痛になりますw

アスレチック場もあり、この日はとにかくカラダを動かす!

出流ふれあいの森はとにかくしっかりと管理されていているのと、キャンパーたちの協力もあってとてもキレイ。ごみは分別すればごみ捨て場もあり、すごく助かる。

そして、あっという間に夜。今夜のメインメニューは燻製〜。ベーコンにウィンナー、手羽先の燻製は子供たちの大好物。大人はにしかた道の駅で購入した栃木の野菜中心。飯盒で炊き上げたごはんといっしょに。

火は眺めているだけで心が落ち着く。都心では見られない満天の星空を眺めながら、プロレスごっこやトランプなどをして21:00。早めの就寝。

Finish! Nice outing!

このコースが気に入ったら「いいね!」してね!

キャンプファイヤー
東京近郊を中心に年間15回のキャンプをするキャンプファイヤーです。キャンプで大事にしている5つのテーマは、「地産地消」、「アクティビティ」、「共同作業」、「早寝早起」、「会話」です。キャンプが初めての方にも安心して活用できるキャンプコースを少しずつですがご紹介していきますのでよろしくお願いします。

Ranking

ランキング

  1. ハッピーロード大山商店街で幸せいっぱい!スーパーや洋食屋などハッピーになれるおでかけコース

    ハッピーロード大山商店街で幸せいっぱい!スーパーや洋食屋などハッピーになれるおでかけコース

  2. 「武蔵小山商店街PALM(パルム)」でおすすめコース。大人も子どもも楽しめるお散歩コース

    「武蔵小山商店街PALM(パルム)」でおすすめコース。大人も子どもも楽しめるお散歩コース

  3. 中野サンモール商店街でおすすめコース。グルメやカルチャー、歴史まで、魅力満載の中野さんぽ

    中野サンモール商店街でおすすめコース。グルメやカルチャー、歴史まで、魅力満載の中野さんぽ

  4. 砂町銀座商店街でおすすめ。デートもお買い物も楽しめる下町の人情商店街を歩こう!

    砂町銀座商店街でおすすめ。デートもお買い物も楽しめる下町の人情商店街を歩こう!

  5. 高円寺純情商店街でおすすめ!昭和レトロや絶品グルメ、読書好きにはたまらないお散歩コース

    高円寺純情商店街でおすすめ!昭和レトロや絶品グルメ、読書好きにはたまらないお散歩コース

Guide

ガイド

「ここ行きたい!」
おでかけスポットをSNSで
毎日動画配信します!

SNSで動画配信中!
Page Top
朝が楽しい!勝浦観光