愛宕神社で”命懸け”!?ドキドキ、ワクワクの虎ノ門デートコース。昭和30年創業の老舗アイス「SOWA」や記憶がよみがえる「NHK博物館」の虎ノ門デート。

愛宕神社で”命懸け”!?ドキドキ、ワクワクの虎ノ門デートコース。昭和30年創業の老舗アイス「SOWA」や記憶がよみがえる「NHK博物館」の虎ノ門デート。
16,524 views

今回の妄想デートのお相手は、未確認グラビアアイドル?の丸果尻ゆうこさんです。彼女との妄想デートの舞台は神谷町から愛宕エリア。出世階段で有名な愛宕神社と懐かしい記憶がよみがえるNHK放送博物館、そして絶品グルメと意外とデートにオススメな神谷町をご紹介していきます。【東京おでかけ】

昼からスタート

からスタート

オフィス街そして坂の多い、神谷町駅からスタート!

オフィス街そして坂の多い、神谷町駅からスタート!
神谷町駅

駅につくなり、お腹が空いたというゆうこ。それもそのはず、今日の妄想デートのために昨日の夜から何も食べていないらしい。。。

「まずランチからね!どこ行く?」

生パスタ。そして大人のミートソースの「M (エム)」

生パスタ。そして大人のミートソースの「M (エム)」
大人のミートソースパスタ M(エム)

神谷町から愛宕に向かって歩いてると気になる真っ赤な看板が。。。生パスタ 大人のミートソース(M)。”生”と”大人”・・・これはただ者じゃないぞと早速入店。神谷町に新しくオープンして3年ということもあり店内はかなり清潔。時間は11:30ですが、ぞくぞくとサラリーマンが入店。神谷町で働くサラリーマンやOLの大人の胃袋を鷲掴みいるようです。

「大人のミートソースってどんな味だろね?入ってみよっ!」

ミートソースパスタ(820円)の他に、かにクリームパスタ(980円)、ミートカレーライス(850円)、ミートライス(850円)。。。えっミートライス???すげぇ〜気になるな〜

スタッフ2人の少数精鋭型のお店です。黙々とてきぱきと動いていて見ていて気持ちいい。「あっできたんじゃない?」さっどんなパスタがくるか?

ゆうこはミートソースパスタを注文。湾曲したお皿が効率よくサラダとパスタを盛りつけしてます。

いつものように大きく口を開いて食べるゆうこ。豪快に食べる女の子っていいよな〜と。口にはださないですが、どう味は?

「めちゃうまい。麺は硬めというか、モチモチとした麺。しかも分厚〜い」と興奮気味。たしかに美味かった!しかしリアクションが分かりやすいな〜。美味しくないお店でも連れて行ったらどうなることやら・・・ちなみに気になるミートライスの味は、ハヤシライスのようで違う新感覚の味が病付きになりそう〜

「食べるぅ〜」とツボをしっかり抑えているゆうこ。こういうのがいいな〜

たまたま入ったアイス屋は東京タワーが出来上がるちょっと前に創業した「SOWA(ソーワ)」

たまたま入ったアイス屋は東京タワーが出来上がるちょっと前に創業した「SOWA(ソーワ)」
SOWA(ソーワ)

大人のパスタを食べたゆうこが冷たいもの食べたいとリクエストしてきたので、迷いましたが、そういえば神谷町駅から歩く途中にソフトクリームの看板があったな!と思い出し、早速お店の前に到着。するとちょっとアメリカンポップな書体がいい感じの看板。ん?今気づいたんですが、ゆうこミニスカートだ!!

なんと創業は昭和30年。つまり東京タワーと同じくらいの歴史をもつ老舗アイス屋ということになります。「めちゃ美味そ〜う」といいながらなかなか決まらないゆうこ。どれも美味しいのでそれもそのはず。http://www9.ocn.ne.jp/~sowa/

SOWAでは、その日におすすめするフルーツを使ったアイスクリームを日替わりで楽しめます。この日はいちごの”あまおう”。ちなみに、あとで調べたんですが、SOWAさんは銀座や皇居周辺、赤坂など有名ホテルの結婚式場やレストランへアイスクリーム・シャーベットを卸している名店。そりゃうまいわけだ!!

そして、あまおうを注文!あまおうの色が鮮やかにソフトクリームと融合してます。うまそーーー。スプーンも二つ。あまおうの産地は福岡。名前の由来はというと、「あ」かい、「ま」るい、「お」おきい、「う」まいの頭文字をとって”あまおう”。はい、ヨダレでた〜www

味はというと、このリアクションを見ていただければ伝わりますでしょうか?(笑)

「めっちゃ美味しい」うますぎてちょっと涙目のゆうこ。おそるべしSOWA☆

ここでもやってくれました。ありがとう。っていうか、今回の妄想デートのテーマは”命懸け”なんですがなかなかたどり着かない。。。

いよいよ命懸け!?の愛宕神社へGo!

いよいよ命懸け!?の愛宕神社へGo!
愛宕神社

愛宕神社の出世階段と言えば急な階段で有名です。しかも本日ゆうこはミニスカート!ということもあり、チャンスもあるか?さぁ〜命懸けの愛宕神社の出世階段へ

「何この階段?壁なんですけど。。。」と驚きを隠せないゆうこ

狛犬アイドル(狛ドル)という新しいジャンルを狙っているそうです。

まぁ一人でまずは登ってみなよと促す。目的は一つ。

ダメでした。。。

あきらめて、上からの眺め。いかに急なのかが伝わるといいな〜。ちなみにゆうこはプチ高所恐怖症だそうです。愛宕神社がある愛宕山は25.7メールで23区で一番高い山だそうです。どこかの資料写真で見ましたが、愛宕山から江戸を一望できたそうです。今では高層ビルが立ち並び見えませんが、江戸を一望できたその時代にタイムスリップしたい。

下見てみというと、わざとらしいリアクションw でも意外に怖いですホント。踏み外すとシャレにならないし・・・この階段を馬に乗って登ったとされる曲垣平九郎(まがき・へいくろう)。それこそ命懸けのチャレンジだったんだろうな〜と。

ようやく到着!「疲れたね」階段を登りきると、立派な神社があります。愛宕神社は1603年、徳川家康によって防火の神様として祀られています。夏には青々と繁った木々が太陽を遮ってくれて避暑地にもなります。ただ汗だくになるでしょうね。。。

子供のころの記憶がよみがえります「NHK放送博物館」

子供のころの記憶がよみがえります「NHK放送博物館」
NHK放送博物館

愛宕神社の近くに、世界最初の放送専門のミュージアムとして1956年に開館したNHK放送博物館へ移動。「にこにこぷん」や「できるかな?」など子供のころに見ていた番組のコーナーがあり、俄然盛り上がります。http://www.nhk.or.jp/museum/

日本の放送は「イ」からはじまったや放送当時のスタジオなどを見て、到着したのは、にこにこぷんコーナー。ホント懐かしいな〜。そして等身大のじゃじゃうま、ぴっころ、ぽろりが展示されてます。「みて、ぽろりの真似」・・・

キャスターにもなれます。全然読めてなかったな〜・・・w

こう見ると迫力満点のぽろり

ぴっころ。ドアップ楽しいな〜

じゃじゃうま。しかし懐かしいな〜

テレビモニターの進化とその時代に生きた人々の暮らしを粘土細工で表現しているケースがあちらこちらにありますが、かなりシュールで芸術性が高く、そして笑えます。是非コンプリートしてくださいw

ゴン太くんです。「超かわいい〜」を連発していたゆうこ。鼻のところ動いた動いてないで少し議論に。真相をご存知の方いますか?ノッポさんの帽子はさすがに年季が入ってたな〜www

「うわ〜風がふいてる〜」。効果音専用スタジオにあった効果音たちを使って実際に体験することができます。ゆうこが挑戦しているのは風。まわすと布が擦れる音が風の音にかわります。その他にも、雪を踏む音(ゆうこの一番のお気に入り)や馬が歩く音、波の音などなど多彩な効果音を体験でき楽しいです。

今回の妄想デートのお相手は、丸果尻ゆうこ(Yuko Marukajiri)。プロフィールは、誕生日:フレッシュ!、出身地:宮崎県日南市、趣味:フルーツプリントの水着集め 、特技:どんな果物も皮ごと食べること 詳しくはこちらから→http://officeggw.com/talent/1/

Finish! Nice outing!

このコースが気に入ったら「いいね!」してね!

Guide

ガイド

「ここ行きたい!」
おでかけスポットをSNSで
毎日動画配信します!

SNSで動画配信中!
Page Top
朝が楽しい!勝浦観光