三菱一号館美術館行こう!仕事終わりに丸の内を満喫できるおでかけコース

三菱一号館美術館行こう!仕事終わりに丸の内を満喫できるおでかけコース
3,731 views

丸ビルの「THE CONRAN SHOP」で素敵なインテリア・雑貨に触れ→「三菱一号館美術館ミュージアムショップ」で芸術に触れる→本格南インドカレーの「ダハバインディア」という仕事終わりに丸の内を満喫できるおでかけコースです。

夜からスタート

からスタート

東京メトロ丸ノ内線 「東京駅」からスタート

東京メトロ丸ノ内線 「東京駅」からスタート
東京駅 丸ノ内線 4b出口

東京メトロ丸ノ内線の4b出口からスタートします。

丸ビルの2階にある「THE CONRAN SHOP」

丸ビルの2階にある「THE CONRAN SHOP」
丸の内ビルディング(丸ビル)

 世界中から厳選された多くのアイテムに加えて、テレンス・コンラン自身が手がけたオリジナルアイテムもラインナップ。仕事で使えるバックやノート、ペン、部屋の雰囲気を一瞬で変える時計やラグ、お皿などとにかく見ているだけでも刺激になります。

数字がカラフルな時計がいいな〜

紙質や綴じ方、大きさ、色などとにかく様々なノートが並んでいます。どのノートを持っている自分がカッコいいか?可愛いか?妄想が止まりません

今は亡き、フロッピーディスク型のメモ帳〜。留守メモにこれがデスクにあったら上司は大喜びすることでしょう

かなりシンプルな自宅。こういうアクセントがあってもいいな〜と。性別関係なく嫌みの無い洗練されたグッズですね

高すぎて手が出せませんが、ソファや椅子、テーブル、ライトなどは3Fにあります。かっこいいな〜。次のボーナスで検討。

インテリア雑貨で刺激を受け、次に向かうのは「三菱一号館美術館」

インテリア雑貨で刺激を受け、次に向かうのは「三菱一号館美術館」
三菱一号館美術館

 丸ビルの「THE CONRAN SHOP」から徒歩5分ほどのところにある赤煉瓦の建物が美しい、三菱一号館美術館へ。1894年に建設した「三菱一号館」(ジョサイア・コンドル設計)を復元したもので、美術館内だけでなく、入り口にある庭園も美しい美術館です。

高層ビルが建ち並ぶ丸ノ内界隈の中で、この緑の多さは癒されスポットの一つです。ちなみに緑は、健康を表し、休息を与える色で、喪失感を克服する力もあるそうです。

鑑賞券がなくても自由に入れる三菱一号館美術館のミュージアムショップ。企画展覧会や三菱一号館美術館のオリジナルグッズを中心に、世界中から集めた上質でオーセンティックな商品がバリエーション豊かに並ぶミュージアムショップです。営業時間は平日は18時までですが、 金曜(祝日除く)の20時なので金曜日がオススメです。 ※休業日は毎週月曜(但し、祝日の場合は営業し、翌火曜休業)

そろそろ暗くなってきましたが、赤煉瓦がキレイです。

お腹も空いたので、向かうのはカレーの刺激で仕上げ!「Dhaba India(ダハバインディア)」

お腹も空いたので、向かうのはカレーの刺激で仕上げ!「Dhaba India(ダハバインディア)」
Dhaba India(ダハバ インディア)

ダハバインディアは、「食堂」を意味する南インド料理のレストラン。本格的な南インド料理や屋台料理、円筒形の粘土製の壷窯型オーブンで料理するタンドール料理などを食べられます。詳しくはこちらから(http://dhabaindia.com/)

パープルの壁と丸みを帯びた店内がこれは期待できる!と思わせる雰囲気

メニュー①

オススメを聞くと、ミールスはいかがですか?とバナナの葉に盛られた南インド式カレー定食らしいのですが、間髪入れずミールスを頼む。左のダバミールスを注文

右手前から反時計まわりで、チキンカレー、豆カレー、エビカレー、野菜のスパイス炒め、パパド、サンバルカレー、ラッサムスープ、ブーリ、パスマティライス。

パパドという豆を使ってポテトチップスのような感触の食べもの。これには感動。めちゃうまかったな〜。

東京駅でゴール!

東京駅でゴール!
東京駅

東京駅でゴール!以上、三菱一号館美術館行こう!仕事終わりに丸の内を満喫できるおでかけコースでした。

Finish! Nice outing!

このコースが気に入ったら「いいね!」してね!

Guide

ガイド

「ここ行きたい!」
おでかけスポットをSNSで
毎日動画配信します!

SNSで動画配信中!
Page Top
朝が楽しい!勝浦観光