酔っぱらってカラオケで歌っていたら、一緒にきた友人の男女がイチャつき始めた〜エッ(°д°;;)

酔っぱらってカラオケで歌っていたら、一緒にきた友人の男女がイチャつき始めた〜エッ(°д°;;)
2,941 views

これほど孤独感を感じた時はあいませんね・・・こんな時は、スキマスイッチ(奏)や秦基博(エンドロール)、GReeeeN(愛し君へ)。。。などひたすらバラード曲を入れて盛り上げるしかいですね。はい。【東京おでかけ】

夜からスタート

からスタート

JR神田駅(西口)到着

JR神田駅(西口)到着
神田駅

東京と秋葉原の間という好立地、東京メトロ銀座線、JR山手線、京浜東北線が乗り入れている神田。西口は古くからの商店街が残っているので夜は街全体が薄暗く、安い居酒屋が豊富だ。 不思議と何度降りても迷ってしまう。地図を便りに待ち合わせ場所の藤田酒店へ。 銀座線駅番号はG13。

大学以来だから5年ぶりくらいに合う気の合う仲間。待ち合わせは「藤田酒店」

大学以来だから5年ぶりくらいに合う気の合う仲間。待ち合わせは「藤田酒店」
藤田酒店

なんでも言い合える仲間だけに、オシャレなところというより、少し変わった雰囲気の感じにしようと待ち合わせから凝ってみた。

神田の街はキレイに区画されているが、山手線が斜めにグッサリ横切っているため方向感覚が取りづらい。案の定、田口とクミコが遅れる。先に一杯やるとする

店について約20分くらいだろうか、缶詰の棚を見ながらどれにしようか迷っていたら、田口とクミコがようやく到着。5年では大きく変わる事も無く、相変わらずという感じで再会。

カウンターに移動して、まずは3人で乾杯!なんでここが待ち合わせなの?という予定通りの質問に答えながら、卒業してサラリーマンらしくなったところをアピール。

田口と俺は彼女はいなかったが、クミコは今の職場で働いている先輩と付き合っているらしい。このまま結婚するんじゃないの?と冗談半分できくがまんざらでもなさそう。。。

全員集まったので次へ。クミコの地元・長崎料理「西海」へ

全員集まったので次へ。クミコの地元・長崎料理「西海」へ
西海 神田店

クミコの地元である長崎の料理が食べられる「西海」を2軒目としてチョイス。あとで知りましたが、長崎料理はあまり知らないという驚愕の事実をしり軽くショックを受ける。

西海にはサラリーマンが溢れかえり、その輪に転がり込むように入店。店に入ると、話の中心は田口が勤めている広告会社の話になる。有名ブランドのプロモーションやイベントなど充実してるな〜という印象と同時に、他人に説明しやすいというか「すごいね」と直感で言ってもらえる職業だと少し嫉妬した。

これから味わうあまりにも悲しい出来事に西海で何を食べたかあまり記憶がないがこの煮豚の記憶はある。とにかくうまかった。煮豚ありがとう!っていうかうますぎ(涙)

ちゃんぽんと言えば長崎。クミコの地元を意識してチョイスした幹事としては、いつまでも話題を田口に奪われるわけにはいかないと、ここの名物ちゃんぽんについて説明したが。。。内野ゴロだけどヒットになった程度の盛上り。ちなみに、ちゃんぽんなのに硬麺とか、皿うどんなのに軟麺とかそんな程度です。。。

まぁ〜とは言え、大学時代に戻ったような錯覚が心地よく、ずっと続いてくれたらな〜なんて思ってたわけです

西海でよい気分になった俺たち3人組。歌いたいとクミコが言い出したので、カラオケスナック「BAR7」へ

西海でよい気分になった俺たち3人組。歌いたいとクミコが言い出したので、カラオケスナック「BAR7」へ
BAR7

普通のカラオケボックス行ってもな〜と以前上司に連れて行ってもらった「BAR7」へ。7の意味はスナックのママが昭和7年生まれだから。で、ここで事件が起きるわけです。

当たり前ですが、年齢が高めの客層ですが、家族で歌合戦をやっているかのようなアットホームな空間。田口もクミコもリアクションが本日最高潮!改めてこのコースは鉄板だと感じた瞬間でした。ここまでは。

気持ち良く歌わせていただきましたが、ソファを見ると、田口とクミコが。。。ママごめん!今日はマイク離しません。。。(涙)

Finish! Nice outing!

このコースが気に入ったら「いいね!」してね!

Guide

ガイド

「ここ行きたい!」
おでかけスポットをSNSで
毎日動画配信します!

SNSで動画配信中!
Page Top
朝が楽しい!勝浦観光