デカケル.jp

東京観光コースが集まるサイト

現在の登録コース

984 コース!

デカケルKit お申込みデカケルKitの各種プランへお申込みができます

お申し込みフォーム

デカケルKitを使用してみたい、という企業や自治体の方は、下記申し込みフォームよりお申し込みください。

企業名・自治体名 必須

部署名 必須

ご担当者名 必須

お電話番号 必須

メールアドレス 必須

メールアドレス(確認用) 必須

所在地 必須

住所 必須

利用プラン

デカケルKit (初期費用5万円、月額1万円)

コースの作成依頼 必須

その他ご質問

500

上記のお申し込みフォームから情報を送信する前に、下記の「利用規約」をご一読の上、ご同意頂ける場合は、「同意する」にチェックして下さい。


デカケルKitサービス使用許諾契約書(利用規約)
本サービスをご使用される前に必ずお読みください。


お客様(以下「契約者」といいます。)は、株式会社D2C(以下「当社」といいます。)が、提供するCMSサービス“デカケルKit”(以下「本サービス」といいます。)の利用について、以下の通り同意するものとします。


第1章.    総則
第1条    (利用規約の運用)
1.    利用規約は、本サービスをご利用いただく際の契約者と当社との間の一切の関係に適用されるものとします。
2.    利用規約の各条の見出しは便宜上のものであり、利用規約の解釈に影響を及ぼさないものとします。
3.    利用規約と個別の利用契約が異なる場合は、個別の利用契約の規定が利用規約に優先して適用されるものとします。
4.    当社は、利用規約を随時変更することがあります。変更後の利用規約は、当社が提供する “デカケルKit”(以下「デカケルKit」といいます。)に掲載する方法により契約者に通知し、通知後は、変更後の利用規約により本サービスを提供します。なお、利用規約の変更後、契約者が本サービスを利用した場合、契約者は変更後の利用規約の内容について承諾したものとみなします。
5.    当社は、前項の変更を行う場合は、1か月の予告期間をおいて、変更後の利用規約の内容を契約者に通知するものとします。

第2条    (用語の定義等)
 この利用規約においては、次の用語はそれぞれ次の意味で使用します。
(用語:用語の意味)
・本サービス:利用規約に基づき当社がアプリケーション・サービス・プロバイダとして契約者に提供する別紙1所定のサービス。
  ・契約者:利用規約に基づく利用契約を締結し、本サービスの提供を受ける者。
  ・利用契約:利用規約に基づき当社と契約者との間に締結される本サービスの提供に関する契約。
  ・利用契約等:利用契約及び利用規約。
  ・販売代理店:当社から本サービスの販売権利を許諾されている販売パートナー会社。
  ・契約者設備:本サービスの提供を受けるため契約者等が設置するコンピュータ、電気通信設備その他機器及びソフトウェア。
  ・本サービス用設備:本サービスを提供するにあたり、当社が設置するコンピュータ、電気通信設備その他機器及びソフトウェア。
  ・本サービス用設備等:本サービス用設備及び本サービスを提供するために当社が電気通信事業者より借り受ける電気通信回線。
  ・アカウントID:契約者を識別するための符号。
  ・パスワード:アカウントIDとともに契約者を識別するための符号。

第3条    (通知)
1.    利用契約等に特段の定めのない限り、当社から契約者への通知は、デカケルKitへの掲載もしくは電子メールの送信、その他当社が適当と認める方法により行います。
2.    前項の通知は、デカケルKitへの掲載により行われたときは、当該デカケルKitへの掲載の時点で、電子メールの送信により行われたときは、当該メール発信の時点から効力を生じるものとします。
3.    第1項における電子メールの送信先は、第19条(利用責任者)に定める担当者の電子メールアドレスとして予め当社に届出のあった電子メールアドレスまたは、当社が別途送信先として適当と認めた電子メールアドレスとします。

第2章.    契約
第4条    (利用契約の成立・期間・更新・特約)
1.    当社は、デカケルKitの申し込みフォーム画面(以下、単に「申込画面」といいます。)に当社所定の記載事項を入力の上、申込画面のお申込みボタンをクリックしたことをもって申し込みを受け付け、当社がそれを承諾した時点で契約が成立します。その際、契約者は利用規約を確認し同意した上で利用申し込みを行うものとします。利用申し込み後、別途当社が定める本人確認のための資料等を申込者から提出していただくことがあります。
2.    当社が本サービスの利用申し込みを承諾した場合は、利用開始日を記載した電子メール等により通知いたします。なお、第1項にかかわらず、当社にコース作成依頼をお申込みいただいた場合には、当社から申し込みフォームに入力された連絡先に連絡し、別途契約内容を確定の上、契約いたします。
3.    初年度の利用契約の単位期間は原則3ヶ月とし、期間満了の1ヶ月前までに、契約者または販売代理店から終了の申し出がない場合は、自動的に12ヶ月延長されるものとします。また、初年度の利用期間の契約単位が3ヶ月未満の場合は、別途協議の上、利用料金等を定めるものとします。
4.    当社は、本サービスの利用期間満了の2か月前までに、契約者に利用契約の変更内容を通知することにより、更新後における本サービスの種類、内容及び利用料金その他利用契約内容を変更できるものとします。
5.    次年度以降の最短利用期間は3ヶ月とし、3ヶ月以内の早期解約の場合は、第9条(利用契約の解約)に従うことに加え、当社が定める期限までに、残余期間に対する月額基本使用料を一括して支払うものとします。
6.    当社は、利用規約の他必要に応じて特約を定める場合があります。この場合、契約者は利用規約とともに特約を遵守するものとします。但し、特約と利用規約の内容が矛盾する場合は特約の内容を優先します。
7.    当社は、当社が別途契約している販売代理店を通じて本サービスを提供する場合があります。この場合、契約者は利用規約とともに販売代理店との取り決めを遵守するものとします。但し、販売代理店との取り決めと利用規約の内容が競合する場合は利用規約の内容を優先します。

第5条    (申込みの拒否)
次の各号の何れかの一に該当する場合に、当社は本サービスの利用申し込みに対し承諾をお断りすることができます。また、契約期間中においても次の各号の何れか一に該当することとなった場合または該当していることが判明した場合は、当社は何ら一切の催告を要せず利用契約を解除することができます。
①    本サービスに関する金銭債権の不履行、その他利用契約等に違反したことを理由として利用契約を解除されたことがあるとき
②    申込書に記載すべき、申し込みの必要事項が記入されていないか、虚偽の事実が記入されている場合
③    当社の業務上、技術上の理由により、本サービスが提供できない場合
④    契約者が利用契約上の債務を怠るおそれがあるとき
⑤    契約者、その代表者または役員が、いわゆる反社会的勢力に所属していたとき、並びに反社会的活動を行っていたとき
⑥    その他、当社が利用申込みを適当でないと判断した場合

第6条    (利用申込書等の記載事項の変更)
1.    契約者が、その商号または名称、本店所在地または住所、連絡先等、申込画面に入力した契約者にかかわる事項の変更を行う場合は、速やかに変更内容を当社所定の手続きに従って、届け出るものとします。
2.    前項の届け出があった場合は、当社は届け出のあった事実を証明する書類を契約者から提出していただく場合があります。
3.    当社は、契約者が第1項に従った通知を怠ったことにより契約者が通知の不到達その他の理由により損害を被った場合であっても、一切責任を負わないものとします。

第7条    (本サービスの内容及び利用料金)
1.    当社が提供する本サービスの種類及びその内容は、別紙1及びデカケルKitサイトで定めるとおりとし、契約者が具体的に利用できるサービスの種類は、利用契約にて定めるものとします。
2.    なお、当社は本サービスに関して、契約者に事前の通知の上、サービス仕様の変更、追加、削減等を行うことがあり、契約者はこれを予め承諾するものとします。
3.    契約者は、当社または販売代理店に対して、別紙2所定の利用料金を支払うものとします。なお、利用料金の支払いに必要な振込手数料等は契約者の負担とします。

第8条    (請求、支払方法)
1.    契約者は本サービス月額利用料金及び初期費用その他一切の利用料金を当社または販売代理店の定める期日及び方法により支払うものとします。なお、月額利用料金は月単位で切上げ計算し、日割り計算はしないものとします。
2.    契約者は当社または販売代理店に対し本サービスに関する利用料金等を支払う場合、支払いを要する額は、当該利用料金等の額に消費税相当額を加算した額になります。
3.    契約者が、当社または販売代理店に対する利用契約に基づく債務の支払いを遅延した場合、当社に対して支払期日の翌日から支払いが済むまでの間、年14.6%の割合による遅延損害金を支払うものとします。

第9条    (利用契約の解約)
1.    契約者は当社に対し本サービスの利用契約の解除をするときは、当社に対し期間満了の2ヶ月前までに書面によりその旨を通知しなければなりません。。
2.    契約者は前項に定める通知が当社に到達した時点において未払いの利用料金等または支払遅延損害金がある場合には直ちにこれを支払うものとします。なお、既に支払い済みの料金はいかなる場合も返金しません。
3.    契約者に、次の各号の何れか一に該当する事由が生じた場合には、当社は事前の通知及び勧告をすることなく、利用契約の全部または一部を解除することができることとします。この場合、当社は契約者に対して、違約金、損害賠償等その他一切の責を負いません。
①    利用契約に基づき発生した債務の全部または一部について不履行があり、相当の期間を定めた催告を受けたにもかかわらず、当該期間内に履行しないとき
②    第18条(禁止事項、利用の停止)に定める禁止事項を行ったとき
③    監督官庁により営業取消、停止等の処分を受けたとき
④    第三者より仮差押、仮処分または強制処分を受け、利用契約の履行が困難と認められるとき
⑤    破産、特別清算、民事再生、会社更生手続開始等の申立があったとき
⑥    解散、減資、営業の全部または重要な一部の譲渡等の決議をしたとき 
⑦    その他資産、信用、または支払能力に重大な変更、疑義が生じたとき
⑧    契約者、その代表者または役員が、いわゆる反社会的勢力に所属していたとき、並びに反社会的活動を行っていたとき

第3章.    サービス
第10条    (本件サービスの利用)
1.    当社は契約者に対し、利用契約ごとにアカウントIDとパスワードを付与するものとします。
2.    契約者は、本サービスを利用するために必要な機器、ソフトウェア及び電気通信回線等を自らの責任と費用において、整備するものとします。
3.    契約者は、本サービスの不意の事故への対策及びコンピュータウィルスの感染等への対策を自らの責任と費用において講じるものとします。
4.    契約者の不適切な操作の結果、本件サービスが停止または毀損した場合、当社は契約者に対して損害賠償請求を行う場合があります。
5.    契約者は、本サービスの使い方に関する質問の応答等のサポートを、電話、電子メール、ファックスに限定して行うことを承諾するものとします。

第11条    (ID及びパスワードの管理)
1.    契約者は、第10条1項に基づき契約者に付与する、アカウントID及びパスワードの管理責任(パスワードの適宜変更を含みます。)を負うものとします。
2.    契約者は、アカウントID及びパスワードを第三者に利用させたり、貸与、譲渡、名義変更、売買等をしてはならないという指導を、その利用者にするものとします。契約者は、当社が付与したアカウントID及びパスワードにて本サービスが利用された場合、第三者による利用であっても、契約者の利用とみなされることに同意します。
3.    アカウントID及びパスワードの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等による損害の責任は契約者が負うものとし、当社は一切責任を負わないものとします。
4.    契約者は、アカウントID及びパスワードの盗難があった場合、アカウントID及びパスワードの失念があった場合、またはアカウントID及びパスワードが第三者に使用されていることが判明した場合には、直ちに当社にその旨を連絡するとともに、当社からの指示がある場合にはこれに従うものとします。

第12条    (第三者への利用許諾)
1.    契約者は、別途当社が書面により許諾する場合を除き、本サービスの利用を第三者に対して再許諾、再販、譲渡等をしてはならないものとします。
2.    契約者が、当社の許諾を得た上で、本サービスの利用を第三者に対して再許諾、再販、譲渡等した場合、契約者は、当該第三者に対して、利用規約を遵守させるものとし、当該第三者の利用規約の義務違反については、契約者が当社に対して連帯して責任を負うものとします。

第13条    (本サービスの提供及び廃止)
1.    本サービスの提供時間は、原則として1日24時間年中無休とします(但しサポート提供は当社の営業時間内とします)。但し、次の各号の何れか一に該当する場合に、当社は本サービスの一部または全部を必要な期間中止または停止することがあります。
①    システムの点検。この場合、緊急時を除いて契約者への事前のメールまたは電話を持ってその旨を連絡します。
②    本サービス用設備等に障害が発生した場合
③    第三者の故意、過失による不具合に対策を講じる必要がある場合
④    伝送路設備・伝送交換設備・付帯設備を設置し利用者の用に供する
電気通信事業者が、電気通信役務の提供を停止することにより、当社が利用契約に基づくサービスの提供を行うことが困難になった場合
2.    当社は前項①号から④号の事由に基づく本サービスの中止または停止によって生じた契約者、利用者及び第三者の損害につき、一切の責任を負いません。
3.  当社は次の各号のいずれかに該当する場合、本サービスの全部または一部を廃止するものとし、廃止日をもって利用契約の全部または一部を解約することができるものとします。
① 廃止日の60日前までに契約者に通知した場合
② 天災地変等不可抗力により本サービスを提供できない場合
4.前項に基づき本サービスの全部または一部を廃止する場合、当社は、既に支払われている利用料金等のうち、廃止する本サービスについて提供しない日数に対応する額を日割計算にて契約者に返還するものとします。
5.当社は、本サービスに関する業務の一部または全部を、第三者に再委託することができるものとします。

第4章.    データの取扱い
第14条    (データの消去)
1.    第9条(利用契約の解約)、または前条(本サービスの提供及び廃止)により、サービスを解除または全部廃止した場合、当社は、当該契約者への事前の通知を行うことなく、本サービス用設備内のサーバのデータを完全に消去できるものとします。
2.    当社は、本サービス用設備内のサーバのデータが、当社の定める所定の基準を超えた場合は、契約者に対し、何らの通知なく、当該データを削除し、または当該データの転送もしくは配送を停止することがあります。
3.    当社は、契約者が管理画面内の下書きのデータを3か月以上更新していない場合、当該契約者に対し、何らの通知なく、当該データを削除できるものとします。
4.    前条(本サービスの提供及び廃止)第1項第②号から④号の場合、当社は本サービス用設備内のサーバのデータをやむを得ず削除することがあります。
5.    契約者の故意によるものか否かにかかわらず、第18条(禁止事項、利用の停止)第1項各号に違反して掲載されているデータについて、当社は事前に契約者に通知して削除することができるものとします。ただし、緊急を要すると当社が判断した場合は、通知は事後となる場合があります。
6.    前条(本サービスの提供及び廃止)第1項の各号または、第18条(禁止条項、利用の停止)により本サービスの提供を停止した場合、契約者は本サービス用設備内のサーバのデータに対するアクセスの権利を失い、当社はいかなる形態であれ、それらのデータあるいはそのコピーを利用させる義務を負わないものとします。
7.    当社は前各項の措置により契約者に損害が生じたとしても、一切その責任を負わないものとします。

第15条    (バックアップ)
契約者は、本サービスにおいて契約者が提供、伝送するデータ等については、契約者自らの責任において同一のバックアップとして保存しておくものとし、利用契約に基づき当社がデータ等のバックアップに関するサービスを提供する場合を除き、当社はかかるデータ等の保管、保存、バックアップ等に関して、いかなる責任も負わないものとします。

第16条    (データの取扱い)
1.    本サービスにおいて契約者が当社に提供するデータについては、当社は本サービスの利用目的の範囲内においてこれを自由に利用することができるものとします。
2.    本サービスを用いて契約者が提供するデータが、滅失、毀損、漏洩、その他本来の利用目的以外に使用されたとしても、その結果発生する直接あるいは間接の損害について、当社はいかなる責任も負わないものとします。

第17条    (データの複写及び保管)
1.    本サービスにおいて、当社はサーバ設備の故障または停止等の復旧に対応するため、本サービス用設備内のサーバ上のデータを複写及び保管する場合があります。

第5章.    契約者の義務
第18条    (禁止事項、利用の停止)
1.    契約者は、本サービスの利用にあたって次の各号に該当する事項(以下「禁止事項」といいます。)を行ってはなりません。当社は、契約者が禁止事項を行ったことを発見した場合には、契約者に事前に通告及び勧告することなく、本サービスの利用を停止することができます。なお、当社は契約者が行った禁止事項により損害を被ったときは、契約者に賠償を請求することができます。
①    利用規約第8条(請求、支払方法)、第12条(第三者への利用許諾)に対する違反行為
②    日本の法律(関連する施行規則、政省令、各種ガイドライン、準則等を含みます)に反する違法行為
③    当社あるいは第三者(第三者が運用するコンピュータその他財産等を含みます)に損失または損害を与える行為
④    当社あるいは第三者を差別もしくは誹謗中傷し、またはその名誉、信用、プライバシー等の人格的利益を侵害する行為、またはそのおそれのある行為
⑤    当社あるいは第三者の法的保護に値する一切の利益を侵害する行為、またはそのおそれのある行為
⑥    詐欺等の犯罪的行為、犯罪的行為に結びつく行為、またはそのおそれのある行為
⑦    本サービスの運営を妨げる行為、またはそのおそれのある行為
⑧    当社が提供するサービスを直接または間接に利用する者のその当該利用に対し過大な負荷または重大な支障を与える態様(本サービスを構成する当社のシステムやデータ等の損壊を含みますがそれに限定されません)において本サービスを利用する行為、あるいはそのおそれのある行為
⑨    第三者の設備等または本サービス用設備等の利用もしくは運営に支障を与える行為、またはそのおそれのある行為(本サービス用設備等への不正アクセス、クラッキング等の不正攻撃、本サービスにおいて契約者に提供されるプログラム等の逆アセンブル等の解析行為またはその恐れのある行為を含む)
⑩    利用契約等に違反して、第三者に本サービスを利用させる行為
⑪    無限連鎖講を開設し、またはこれを勧誘する行為
⑫    コンピュータウィルス等有害なプログラムを、本サービスを通じて、もしくは本サービスに関連して使用し、または提供する行為
⑬    本サービス利用で知り得た、当社及び第三者の営業秘密を漏洩する行為
⑭    当社が公序良俗に反すると判断したサービス、違法なわいせつ画像、文章その他のコンテンツを配信するサービスに利用する行為
⑮    事実に反する情報を提供する行為
⑯    第三者または当社の著作権、その他の権利(知的財産権、プライバシー権、パブリシティ権、名誉権等を含みます)を侵害する行為または侵害するおそれのある行為
⑰    第三者になりすまして本サービスを利用する行為
⑱    利用規約に違反する行為
⑲    その行為が前各号のいずれかに該当することを知りつつ、その行為を助長する態様でリンクをはる行為
⑳    その他、当社が契約者または利用者として不適切と判断する行為
2.    契約者が前項で禁止する行為を行った場合、その行為に関わる責任は契約者が負うものとし、当社は一切責任を負いません。

第19条    (利用責任者)
1.     本サービスの利用にあたり、契約者はあらかじめ利用責任者として担当者を選任し、申込の際に申込画面に入力するものとします。担当者が交代した場合は、直ちに契約者の管理画面より担当者情報を変更するものとします。
2.     担当者は当社との連絡、協議の任に当たると共に、利用規約に基づく情報通信サービスの利用適正化を図るものとします。

第20条    (契約譲渡)
契約者は、当社の書面による事前の承諾なくして、利用契約上の地位、利用契約に基づく権利の全部または一部を第三者に譲渡、再許諾し、あるいは担保に供してはならず、または第三者に利用契約上の義務の全部または一部を承継できません。

第6章.    損害賠償
第21条    (損害賠償)
1.    本サービスの提供に関して、当社の責に帰すべき事由により契約者が本サービスを利用できない(当社が本サービスを全く提供しない場合、または当社による本サービスの提供方法の不備により契約者が利用できない場合をいい、利用規約第13条(本サービスの提供及び廃止)の定めに基づき本サービスを中止する場合は含まれません。以下、「利用不能」といいます)ために契約者に損害が発生した場合、利用できない期間の月額利用料金(1ヵ月未満切上げ)を限度として、当社はその賠償責任を負うものとします。
2.    当社が利用者に対して負う責任は、法律上の瑕疵担保責任、債務不履行責任、不法行為責任を問わず、前項の範囲に限られるものとします。
3.    当社は、利用契約等に明示的に定める事項を除き、当社の責に帰すべからざる事由から契約者に生じた損害、当社の予見の有無または可・不可にかかわらず、特別の事情から生じた損害、逸失利益及び第三者からの損害賠償請求に基づく契約者の損害等(損害となる弁護士費用を含みます)については、当社は一切の責任を負いません。
4.    契約者が本サービスの利用に関し、当社または第三者に損害を及ぼした場合、契約者は、当社または当該第三者に対し、その損害を賠償しなければなりません。
5.    契約者は、本サービスの利用に関し、他の契約者または第三者に対して損害を与えたものとして、他の契約者または第三者から何らかの請求がなされ、または訴訟が提起された場合、契約者は、自らの費用(弁護士費用を含む)と責任において当該請求または訴訟を解決するものとし、当社は一切の責任を負いません。

第22条    (第三者との紛争)
1.    契約者による本サービスの利用に関連して、第三者から損害賠償請求された場合、または第三者との間で何らかの問題が発生した場合、契約者は責任をもって当該第三者と対応するものとします。
2.    前項の定めにかかわらず、前項に関連して、第三者が当社に対して何らかの請求を行い、または訴訟を提起した場合、契約者は当社が当該第三者に対応するに際し、あらゆる協力を行い、可能な限り自ら対応するものとします。

第23条    (補償)
1.    契約者は自らの費用負担により、以下の各号のいずれかを原因として、または以下の各号のいずれかに関連して、当社がいかなる損害、損失及び費用負担(弁護士費用含む)を負うことがないよう保護し、損害、損失及び費用負担を負った場合は補償するものとします。
①    契約者が提供したデータが事実と異なっていたとするクレームまたはそれにより損害賠償の請求があった場合
②    契約者が提供したデータが第三者の特許、著作権、商標権、営業秘密、肖像権、プライバシーの権利、命名権またはそれに類するものを侵害したり、不正利用したり、違反したとするクレームまたは契約者が提供したデータが誹謗中傷もしくは名誉毀損に該当するとのクレームがあった場合
③    契約者が、当社の書面による指示なく本サービスを改造した場合で、かつこのような権利侵害が改造していないバージョンの本サービスを利用していれば避けることができた場合
④    契約者が、当社から供給されたものでないプログラム、データ、設備または素材を利用したり、本サービスと組み合わせたりした場合で、かつそのようなことをしなければこのような権利侵害が避けられた場合
2.    利用規約に定められた他のいかなる規定に関わらず、前項の補償義務はいかなる責任の制限も受けないものとします。

第24条    (天災等についての免責)
当社は、天災、火災、騒乱等の不可抗力、当社が利用する電気通信事業者の提供する電気通信役務の不具合、またはその他当社の責に帰すことのできない事由により、利用規約上の義務を履行できない場合には、その責を免れます。

第25条    (設備の修理または復旧)
1.    本サービスの利用中に、契約者が本サービス用設備または本サービスに異常を発見したときは、契約者は契約者設備に故障がないことを確認の上、当社に修理または復旧の旨を要求するものとします。
2.    当社は、本サービス用設備もしくは本サービスに障害が生じ、またはその設備が滅失したことを当社が知ったときは、速やかにその設備を修理・復旧するものとします。

第26条    (著作権等)
本サービス(本件システム、その他本サービスを構成する全てのプログラミング等、機能及び本サービスに基づいて当社が作成したコンテンツを含みます)に関するアイデア(発明、考案を含みます)、ノウハウ、著作権(著作権法27条及び28条の権利を含む)、特許権、商標権その他一切の知的財産権は当社または当社の提携先に帰属するものとします。

第27条    (秘密保持)
1.契約者及び当社は、相手方の書面による事前の承諾なくして、この利用契約に基づき知り得た相手方の業務上、技術上、販売上の秘密情報を第三者に開示、漏洩しないものとします。なお、秘密情報を相手方に開示する場合には、秘密である旨の表示をするものとします。但し、次の各号に該当する情報については、秘密情報から除くものとします。
①    開示の時点で既に公知のもの、または開示後秘密情報を受領した当事者(以下、「受領者」といいます。)の責によらずして公知となったもの
②    受領者が第三者から秘密保持責務を負うことなく正当に入手したもの
③    開示の時点で既に受領者がすでに保有しているもの
④    開示された秘密情報によらずして、独自に受領者が開発したもの
2.前項の定めにかかわらず、契約者及び当社は、法令の定めに基づき、国、地方公共団体、国又は地方公共団体に準ずる公共機関から開示を請求された場合は当該秘密情報を開示できるものとします。この場合、契約者及び当社は、関係法令に反しない限り、当該開示前に開示する旨を相手方に通知するものとし、開示前に通知を行うことができない場合は開示後速やかにこれを行うものとします。
3.前2項の規定にかかわらず、当社が必要と認めた場合は、第13条(本サービスの提供及び廃止)第5項所定の再委託先に対して、再委託のために必要な範囲で、契約者の書面による事前の承諾を受けることなく秘密情報を開示できることができるものとします。ただし、この場合、当社は再委託先に対して、本条に基づき当社が負う秘密保持義務と同等の義務を負わせるものとします。
4.本条の規定は、本サービスの終了後3年間有効に存続するものとします。

第28条    (免責)
1.    当社は、契約者に対し、契約者設備に関して被った損害について、その原因の如何に関わらずその損害を賠償する責を負いません。
2.    当社は、利用契約等で特に定める場合を除き、契約者が本サービスの利用に関して被った損害については、その原因の如何によらず、いかなる賠償の責任も負わないものとします。
3.    当社は、契約者及び第三者が本サービスを通じて得る情報等について、その完全性、正確性、確実性、有用性等いかなる保証も負うものではありません。
4.    当社は、通信サービスの性質上、その原因に関わらず、契約者が本サービスの利用に関して被った速度の低下、復旧不能なデータ破壊等の損害について賠償の責任を負いません。

第29条    (無保証)
1.    当社が契約者に対して提供する本サービスは、当社がその時点で保有している状態で提供しており、契約者が予定している利用目的への適合性、バグ等の不具合が無いことを保証するものではないことを契約者は承諾するものとします。また、契約者は、本サービスの利用結果については当社に対して一切損害賠償を請求しないことを承諾するものとします。
2.    当社は、契約者に対して提供する本サービスについてのバグ等の不具合の修正、改良等の実施を行いますが、被った損害を賠償するものではないことを、契約者は承諾するものとします。
3.    当社は、本サービスに入力したデータの損失に関する契約者の不利益については、当社は損害賠償責任を負わないものとします。契約者は、本サービスにおいて、利用、作成、保管記録等するファイル、データ等のすべてを自らの責任において利用、保管、管理するものとし、且つバックアップをするものとします。
4.    終了事由に関わらず、利用契約が終了した場合、当社は契約者が保有するデータの返還または保管等を行う義務を負わず、契約者に何ら通知することなく、契約者の保有するデータ及び契約者のアカウントID等を削除できるものとします。この場合に契約者が損害を被った場合でも、当社は何ら責任を負わないものとします。

第7章.    その他
第30条    (利用規約)
利用規約は2014年11月25日現在の利用規約です。

第31条    (協議解決)
利用契約等の解釈に疑義が生じた場合、または利用契約等に定めのない事項については、契約者及び当社は誠意をもって協議し、解決しなければなりません。なお、利用契約等の何れかの部分が無効である場合でも、利用契約等全体の有効性には影響がないものとし、かかる無効の部分については、当該部分の趣旨に最も近い有効な規定を無効な部分と置き換えるものとします。

第32条    (管轄裁判所)
利用契約等に関わる一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第33条    (準拠法)
利用契約等は、利用契約等で特に定める場合を除き、日本国の諸法令、諸規則に準拠し、同法に基づいて解釈されるものとします。


附則    (2014年11月25日)
この利用規約は、2014年11月25日より有効となります。
この利用規約の改訂は、2015年5月11日より有効となります。


本サービス使用許諾契約書に関する不明な点がございましたら、当社まで書面にてお問い合わせ頂くようお願い申し上げます。

〒105-0021    東京都港区東新橋1-9-2
汐留住友ビル18F
株式会社D2C


以上

別紙1 サービスの種類及び内容

本サービスの種類及び内容は以下のとおりとします。

1.CMSツール「デカケルKit」
当社が提供するソフトウェア等のツールを利用して、契約者が契約者設備を利用してデータ入力し、デカケルKit上に、おでかけコースを掲載することができるサービス。以下のサービスが選べます。なお、本サービス内において使用する言語は、1アカウントIDにつき1言語とします。ただし、コース作成については上限の作成数内で、複数の言語テンプレートを選択することができます。

(1)デカケルお試し
1コースを上限とした無料のおでかけコースの掲載

(2)デカケル10
10コースを上限としたおでかけコースの掲載


別紙2  料金表
1.CMSツール「デカケルKit」 ※表示価格は税別となります。


デカケルお試し    デカケル10
コース数上限    1コース    10コース
初期費用(税別)    0円    50,000円
月額費用(税別)    0円    10,000円
備考    ・1社につき1アカウントIDまで
・契約者が所有する媒体において、コースコンテンツの表示可能    ・各コースコンテンツのトップページとして、公式チャンネルを開設可能  ・契約者が所有する媒体において、コースコンテンツの表示可能
・契約者の独自ドメインでの運用(別途費用請求)
・コースコンテンツ企画・制作、ページカスタマイズ等(別途費用請求)

※上記料金表の費用に限定されず、ひと月あたりの契約者のコースコンテンツ掲載ページが表示された回数(PV数)の総計が10万PV増加するごとに、別途10,000円を追加費用としてご請求させて頂きます。
※コース数上限の増枠をご希望される場合、上記の料金表に基づき、初期費用の差額をご請求させて頂きます。但し、コース数上限を減枠された場合、上記の料金表に基づく、初期費用の差額は返金致しません。

利用規約への同意 必須

ページトップへ