デカケル.jp

東京観光コースが集まるサイト

現在の登録コース

1000 コース!

雪うさぎで本格かき氷と手作りのウォータースライダーで夏を満喫する親子おでかけコース

サイクリングとユニークな遊具がある「駒沢公園」へ。暑い日は2時間待ちも必須というかき氷の大人気店「雪うさぎ」がご近所にあります。ママは、かき氷をお目当てに出発!さらに、たまたま迷い混んだ「駒沢はらっぱプレパーク」で、とびきり楽しい手作りのウォータースライダーに出会いました!暑い夏にピッタリのコースを紹介します。

朝からスタート!

  1. ① 東急田園都市線「駒沢大学駅」からスタート

    学生さんが多く利用するコンパクトな駅。 エレベーターもあり、親子にも使いやすい。

  2. 「駒沢オリンピック公園」を満喫しよう

    駒沢オリンピック公園

    http://www.tef.or.jp/kopgp/

    幼児のための「チリリンコース」や動物をモチーフにした「児童公園」、夏は「ジャブジャブ池」も人気です。 とーっても広いです。何度行っても迷ってしまいます… でも、かなり豊富に案内の地図看板があるので、助かりますよ。 まず「サイクリングセンター」で自転車を借りることをおススメします。

    • まずは4~6歳を対象とした「チリリンコース」へ。 1時間¥100。 (3歳以下の幼児のコースも別にあります)

    • 補助輪付き自転車がズラリ。

    • 補助輪なしのタイプもたくさんあります。

    • いざ、出発!! 補助輪付きです。 道路は広々、一方通行なので、ぶつかる心配もありません。 平日は、かなり空いていました。

    • 補助輪外しの練習をするのにもいいですね。 ママたちは、ベンチに座ってゆっくり見守ることができます。 が!娘、30分ほどで飽きてしまいました。

    • 公園に移動。 まずは「うま公園」。

    • うま、カラフルです!

    • 娘は、バランス感覚を養うような遊具が大のお気に入り。 わたしも、両手広げてバランス取りながらついていきます(笑)

    • 続いて「りす公園」。

    • りす、かわいい♡

    • わっ!ここまで「りす」!!

    • ママ、ちょっと衝撃的です。 前から見るとかわいいけれど、 横から見ると…

    • 最後は、「ぶた公園」。

    • おぉ~。 ぶたがいっぱいで、これまた驚きです。

    • ここも。

    • ここもー!細かいです~。

    • やっぱりここでも、バランス感覚を養うような遊具があります。 オリンピック公園だからでしょうか!?

    • 最後に、ブーちゃんのポーズだそうです。

  3. 「雪うさぎ」で昔懐かしいかき氷を味わう

    こどもサイズのかき氷があり、こだわりの日光天然水を使ったかき氷の有名店。オリジナリティ溢れる豊富なメニューも有名。

    • 国道246号、新町1丁目交差点のところで「かき氷」の幟が立っているので分かりやすいです。(駒沢公園の出口を間違ってしまったようで、ここでも迷ってしまいました)

    • 店内は、わりとこじんまりしているので、真夏は外に行列ができるのもわかる気がします。子連れは、空いている時間帯を狙うのがいいですね。

    • 来ました!来ました~。娘は、お子様専用のかき氷をオーダー。 小学生以下限定で、¥300。 大人でも十分楽しめるサイズです。お味は?

    • 食べるや否や、娘「綿あめみたい~」。 一口食べて「うまっっ」「うまっっ」と連呼していました。

    • ママは自家製シロップの「黒糖ミルク」(徳島県産)¥750。 「やわらかい・溶ける・優しい」 一口食べて、幸せな気持ちになりました。 氷が柔らかいので、シロップの味が氷によく染み込んでいます。 次は、変わり種を頼んでみたいな。

  4. 「駒沢はらっぱプレパーク」で思いっきり自由に遊ぶ!!

    駒沢はらっぱプレーパーク

    http://www.playpark.jp/info_pp/komazawa.html

    「雪うさぎ」のご近所に気になる看板があったので、お邪魔します!

    • 名前の通り、見渡す限りの「はらっぱ」です。 何かないかな~とウロウロする娘。

    • プレリーダーと呼ばれる世話人さんがいました。乳幼児向けのイベントも定期的に行われているようです。

    • スゴイ!! 屋根の上に、空中散歩できるロープまであります。

    • 「ママ、何もないよ」と言っていた娘ですが、とびっきり楽しそうなものを見つけました! 手作りの「ウォータースライダー」です。

    • 集まっていたのは、全員男子。 しかも小学校6先生ですが、娘、お構いなしに飛び込む!

    • そして、駆け上る。

    • 滑る!

    • バッシャーン。

    • 「わーーー」 叫ぶ!

    • たまらなく楽しいようで、今年1番の表情でございます。 心の底から楽しかったのでしょう。 この後、幾度となく滑った娘でした!きょうも笑顔をどうもありがとう。

今回のコースマップ

ページトップへ