デカケル.jp

東京観光コースが集まるサイト

現在の登録コース

981 コース!

東京おもちゃ美術館と絶品ランチで遊んで食べて大満足な親子おでかけコース

四谷にある東京おもちゃ美術館でたっぷりと遊んで、老舗のフルーツパーラー「フクナガ」でボリューム満点のフルーツサンドを頂く親子おでかけコースをご紹介します♡おもちゃ美術館は発想力が掻き立てられる木のおもちゃが一杯で、とにかく子どもが喜ぶスポット!そして、新鮮なフルーツがたっぷりのフルーツサンドにも「おいしい!」と大興奮♬一杯遊んでお腹も一杯になる、親子で楽しめるお出かけコースです。

昼からスタート!

  1. 丸ノ内線【四谷三丁目駅】からスタート♬

    四谷三丁目駅

    東京おもちゃ美術館がある四谷三丁目駅からスタート! 東京消防庁の消防博物館がある建物に繋がる出口にエレベーターがあります。 ちなみに今回は立ち寄りませんでしたが、この消防博物館は無料で入館でき、男の子なんか連れて行ってあげると喜びそう。時間に余裕がある場合は帰りに立ち寄ってみるのもありかも!? ※おもちゃ美術館は都営新宿線の曙橋駅からも行くことができます。

  2. 【東京おもちゃ美術館】木のおもちゃに囲まれて思いっきり遊ぼう♬

    東京おもちゃ美術館

    http://goodtoy.org/ttm/

    四谷三丁目駅から徒歩7分、東京おもちゃ美術館に到着! 建物の2階で受付をして、館内に入ります。 これまで2歳以下は入場料がかかりませんでしたが、6月より料金が改定され、大人800円、子ども(6か月以上〜小学生以下)500円、かかります。でも、赤ちゃん専用の広場もあって0歳から楽しめるので問題なし! 子どもだけでなく、付き添いで行った大人も一緒に楽しめるくらい創意工夫が凝らされたオモチャが一杯の魅力的なスポットです♡

    • 昔の小学校の校舎を使っているという、おもちゃ美術館! 大人からすれば、少し懐かしいレトロな感じで落ち着きます♡笑 教室ごとに違うテーマで展示がされているので、一部屋づつ順番に回って行きます♬

    • ①「グッド・トイてんじしつ」 グッド・トイに選定されたオモチャが棚にズラリと並んでいるお部屋。 おもちゃは全て手にとって遊ぶことができます♬ おもちゃ屋さんで見慣れたものもあれば、見たことがないおもちゃも一杯!

    • 早速夢中になって遊ぶ息子(>_<)

    • ②「きかくてんじしつ」 私達が行った時はマトリョーシカが展示されていました。

    • 展示にはあまり興味がなかったようなので、ここはすぐ切り上げて次の部屋へ……

    • ③「おもちゃのもり」 木のボールプールなどがあり、子どもが体を使って遊べるスペース。 こちらの遊具やおもちゃは全てヒノキで作られているそうです☆ 特に「木の砂場」と呼ばれるこのボールプールは、子どもたちに大人気!寝転ぶと気持ちよさそうでした♡

    • 木でできた小さい小屋のようなものもあり、子ども達は走り回って遊んでいました♬

    • おもちゃのもりで体を使って遊んだ後は、階段を登って、3階に向かいます♬

    • ④「おもちゃこうぼう」 階段上がってすぐ右手にあるおもちゃこうぼうでは、工作を楽しむことができます♬ こちらのこうぼうは決められた時間に開催されていて、定員があるので、入場料を払った際に受付で予約をしておきましょう! 小さい子どもでも作れる簡単なおもちゃから、少し本格的なものまで……1日で何種類かのワークショップが開催されています。

    • 今回は紙皿でユラユラゆれる小鳥を作りました♬ 形は私が作り、色塗りは自分でした息子。 3歳でも、自分で作った!という満足感が味わえたようです♡

    • ⑤「ゲームのへや」 おもちゃこうぼうを出た後は、隣のゲームのへやへ♬ こちらには世界中のアナログゲームが大集合! 見たことがないゲームが一杯で子どもも大人も一緒になって楽しめるエリアです。

    • 3歳の息子には少し難しいゲームが多かったので、小学生くらいの子の方が楽しめる部屋かな?と思います。

    • ⑥「おもちゃのまち あか」 こちらの部屋では、コマやお手玉など、日本の伝統的なおもちゃが楽しめるようになっています♬

    • こんなかわいい子どもサイズのお茶室もあり♡ こちらでお茶会が開催されることもあるそうです。

    • 昭和のレトロなおもちゃも展示されていました! 車のおもちゃを夢中で眺める息子☆

    • ⑦「おもちゃのまち きいろ」 こちらの部屋では、いろいろな種類のごっこ遊びが楽しめるようになっています♬ 小さい子どもは、一番喜ぶ部屋かも! 息子も時間を忘れて夢中になって遊んでいました♬

    • 写真は木でできた農作物を自分で収穫して、洗って、調理する、というごっこ遊びができるコーナー☆ 写真後ろに埋まっている大根などを自分で引っこ抜くことができるようになっています。すごくリアル!

    • こちらはお店屋さんごっこができるコーナー☆ お店屋さんになれるって、子どもからすればすごく嬉しいことですよね♬ 息子はレジにも大興奮! このコーナーでは、その場にいる知らないお友達とも自然とコミュニケーションをとって一緒に遊べるところがすごくいいな♡と感じました。

    • おうちごっこができるコーナーもありました☆ おもちゃの食材の数も豊富で、得意気に私へ料理を振る舞ってくれた息子♡ それにしても、キッチンや冷蔵庫の感じが本当にリアル! ごっこ遊びができるおもちゃはよくありますが、こちらのコーナーのおもちゃは全て木で作られており、実際手にとってみると、温かみがあっていいな〜と思いました♡

    • ⑧「ミュージアムショップ」 すべての部屋をたっぷりと遊び尽くしたところで…… 帰る前に出口すぐのところにあるミュージアムショップに立ち寄ってみましょう♬ 館内で遊んだおもちゃが実際に売られているので、お気に入りが見つかればお土産にもいいのでは!?

    • ⑨「赤ちゃん木育広場」 息子はもう3歳なので対象年齢外で入りませんでしたが、館内には0歳〜2歳の子ども専用の赤ちゃん広場があります☆ 中は0歳の赤ちゃんでも楽しめる木のおもちゃが一杯! 小さいトンネルや滑り台などもあり、木の感触を全身で楽しめる広場になっています。 スペースも広く、赤ちゃんとママが1日中楽しめるようになっています。 ※このおもちゃ美術館は飲食禁止。その日であれば何度でも入退場できるので、お昼やおやつを食べる場合は外に出ましょう! ちなみに、子ども向けの施設なので、オムツ替えスペースはもちろん館内にあります。 ベビーカーは入口で置くようになっていたので、赤ちゃんは抱っこ紐に入れて移動する形になると思います。

  3. 【フルーツパーラー フクナガ】ボリューム満点フルーツサンドでおやつタイム♡

    フルーツパーラー フクナガ

    http://tabelog.com/tokyo/A1309/A130903/13006765/

    おもちゃ美術館をあとにして、四谷三丁目駅方面へ♬ 駅を通り越して少し行った所(おもちゃ美術館から徒歩8分ほど)にあるフルーツパーラーフクナガへ向かいます。 こちらは、フルーツパフェやサンドが有名な老舗フルーツパーラー! 店内はレトロな感じの喫茶店で、窓側の奥の席が子連れ専用席になっています。(たぶん小さい子どもと一緒だとこの席にしか座れません) 味はとてもgoodでオススメなのですが、小さい子どもと行く場合は、下記の点に注意しましょう! ・子連れOKではあるのですが、お店の方の雰囲気的に、子どもが大人しく座ってお行儀よく食事ができないようなら行かないほうがいいかも……(大人しくしていたにも関わらず、入店早々「子どもちゃんと座らせといてくださいね」と言われたので…笑) ・子どもの離乳食やおやつも持ち込みNG ・ベビーカーを持って行く場合は畳んで入ったほうが良さそうかな?という感じ

    • 私達はこのフルーツサンドをオーダー! マンゴー・苺・キウイ・バナナなど、フルーツ盛りだくさんのフルーツサンド♡ 3歳の子どもと2人で食べて、お腹いっぱいになるくらいの丁度いい量でした。(1人で食べるには量が多すぎます。) お値段もこの量で¥900だったので、有名なフルーツパーラーに比べるとコスパもかなりいいのでは!? ちなみに、こちらのお店は季節のフルーツをふんだんに使ったフルーツパフェも人気なようです☆

    • 「おいしー!」と大喜びで、正直私よりも一杯食べていた息子…… サンドウィッチだと、小さい子どもでも手づかみで食べやすいので、その点パフェなどに比べていいですよね♬ 四谷三丁目という変わった場所にはありますが、わざわざ行く価値ありのお味でした♡ フルーツサンドでお腹も一杯になったところで、これにて本日のお出かけは終了。

  4. 「四谷三丁目駅」でゴール!

    四谷三丁目駅

    帰りは最寄りの四谷三丁目駅から電車に乗ります。 一杯遊んで、一杯食べて、帰りの電車は寝てしまうこと間違いなしですね!

今回のコースマップ

ページトップへ