【祝!あまちゃん再放送】じぇじぇじぇ!あまちゃんのロケ地久慈を満喫っ!(三陸鉄道に乗ったり車で行っちゃおう編)

【祝!あまちゃん再放送】じぇじぇじぇ!あまちゃんのロケ地久慈を満喫っ!(三陸鉄道に乗ったり車で行っちゃおう編)

2013年の大ヒットドラマNHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」が再放送するにあたり、新たにあまちゃんにハマった皆様!そして、あまロスのみなさま!おまっとさんでした!地図を駆使して、位置関係なども分かりやすく、おすすめスポットを紹介しますっ。このコースは、三陸鉄道(北三陸鉄道)や車を駆使してお出かけするコース!「ここが!あの時のっ!!!」な、場所ばかりを紹介!

朝からスタート

からスタート

久慈についたら、久慈駅を堪能せずにどうするっ!?ただの駅じゃない!あの北三陸駅がここにっ!

久慈についたら、久慈駅を堪能せずにどうするっ!?ただの駅じゃない!あの北三陸駅がここにっ!
久慈駅
http://www.sanrikutetsudou.com/category/train-ninfo

久慈駅(北三陸駅)は、「あまちゃん」の中でも重要な場所。故郷編(1話〜72話)では、本当にここで巻き起こったすべてが、愛おしい出来事ばかりでした。聖地巡礼で、ここに来ないなんてありえませんっ!!!この、青と赤のラインのこの電車にゆられて、天野アキ、天野春子が、北三陸にもどってきたところからお話がはじまります。聖地巡礼の旅もここからはじめようっ!!ちなみに、久慈駅は、三陸鉄道北リアス線の終点(〜宮古駅)です。間違っても、南リアス線にはいかないようにっ。

そうそう!絶対写真撮るべきは、駅舎内。ここから、昔の春子がさ、東京へ旅立ってったよねっ!!

電車にはのちのち乗るとして、山田るまが提案するこのコースは、バスやクルマ、そして、ここ三陸鉄道を使って久慈を隅々まで満喫コースです。なお2015年5月には、久慈駅そばに、レンタカー屋さんができるらしいっ!

場所は山田るまもわからない!行けたらラッキー琥珀の勉さんの仕事場!

場所は山田るまもわからない!行けたらラッキー琥珀の勉さんの仕事場!
上山琥珀工芸
http://kamiyamakohaku.jp/index.html

ドラマあまちゃんには、個性豊かなキャラクターがたくさんいますが、そんな中で、おしゃべりが少ないのになんか気になる!そんな存在の勉さん。この勉さんはモデルがいます。久慈琥珀の父とも言える上山菊太郎さんがそのひと。その工房が「上山琥珀工芸」。久慈の琥珀は世界でも質が良いと言われている琥珀で、その琥珀はこういう坑道でコツコツ掘られた物なんです。絶賛公開されている場所ではなく、要予約で見学出来ます!詳しくは上山琥珀工芸さんのウェブサイトや、久慈観光協会へお問い合わせください!ユイちゃんと水タクのシーン、アキちゃんのつるはしの跡も?!

山の中、道無き道を、軽トラでガタゴトやってきました!!勉さんと、水タクがここからよく出てきたよねっ!!!感動っ!!!

ここを手作業でほったの?!その気の遠くなる作業をできるのも、琥珀に魅せられた者だけっ!まさしく勉さんっ!!琥珀の歴史なども聞き、あまちゃんそっちのけで琥珀に興味津々山田るまっ。

ちなみに、あまちゃんの動画と共にお話を伺うことができて、山田るま感動っ!!ここの立ち位置から、あのアキちゃんの名台詞が生まれたのかっっっ!!思わず山田るまも、あのセリフを言っちゃいます。そう!そのシーンとは、第二週「おら、東京さ帰りたくねぇ」の11話っ。山田るまも、あのセリフ言ったら涙がうるっと。アキの声を、勉さんの琥珀坑道はやさしく包んでくれてましたねっ。

ちなみに坑道から掘り出した土が、坑道の前に山盛りにっているのですが、その中にもちいさな琥珀がっ!\(◎o◎)/拾っていいよ!\(◎o◎)/\(◎o◎)/とのことだったので、山田るま一心不乱に琥珀拾い。琥珀の勉さんならぬ、琥珀のるまさん状態っ!!

久慈市のおとなり、野田村の特産品「野田の塩」をつかった、ソフトクリームは絶品っ!

久慈市のおとなり、野田村の特産品「野田の塩」をつかった、ソフトクリームは絶品っ!
道の駅 のだ(観光物産館ぱあぷる)
http://nodaeki.com/

あまちゃんとはちょっとかかわりがないですが、せっかく上山琥珀工芸まできたし、ちょっとだけ足を伸ばして「道の駅のだ」へ!!そこには、特産品の「野田の塩」をつかった、ソフトクリームが!三陸鉄道の陸中野田駅とも併設していて、道の駅とリアル駅が一緒になった場所。『東北の駅100選』にも選ばれていますっ。

野田の塩を使っているだけあって味が濃厚かつ爽やか!ほんと久慈にきたらここまで足を延ばすにかぎりますっ!!♪~(´ε` )久慈っ子がこぞっておいしいソフトクリームはここだ!と紹介してくれるんですから、間違いないっ!!!

久慈駅から三陸鉄道に乗車!名シーンをつくりだした沿線の風景に感動っ!

久慈駅から三陸鉄道に乗車!名シーンをつくりだした沿線の風景に感動っ!
久慈駅

あまちゃんの魅力は、お話、キャラクターそして、その奥に広がる久慈の風景。久慈の風景はどれをとってもすてきですが、聖地巡礼として外せない場所は、三陸鉄道(北三陸鉄道)。乗ってみると「あれ?ココがそうなんだ!」と気づくことも。久慈と北三陸とリンクする部分とそうでない部分と、楽しんでみようっ!

旅のお供は、久慈駅前にある「洋菓子・パン店シャトータカマツ」の「海女レーヌ」は、野田の塩や久慈の岩のりをつかった貝の形のマドレーヌ!こんぺいとうもまぶされてて、見た目のファンシーさはパない!そして、このデザインは、あま絵でおなじみ、北いわて親善大使のサトウコウスケさんデザイン!塩の風味と甘いこんぺいとうがるまいんですっ!!お土産にドゾーー!

電車が進んでいくとみるみる海沿いに。津波の爪あとを見てはなんともいえない気持ちになりました。

車内アナウンスは、 あまちゃん情報の宝庫!堀内駅でちょっと長めの停車時間!その訳は!?

車内アナウンスは、 あまちゃん情報の宝庫!堀内駅でちょっと長めの停車時間!その訳は!?
堀内駅
http://www.sanrikutetsudou.com/category/map

堀内駅ではちょっと停車時間が長いです。なんせここが袖ヶ浜駅ですからっ!あまロスのために北鉄(北三陸鉄道)のマーク入袖ヶ浜駅看板(あまちゃん公式)も設置されていて、記念撮影スポットっ!ドラマの中では、袖が浜地区の最寄り駅で、北三陸駅の次の駅。劇中の設定では夏ばっぱたちの住む集落の奥にあることになっていますが、ロケをした小袖海岸(袖ヶ浜)に鉄道は通っておりませんっ。ここで降りても、小袖海岸には行けませんので、ご注意を!(小袖海岸に行くには、路線バス)

すぐに電車に乗り込み、次に降りる駅は田野畑駅。ユイちゃん家の最寄り駅畑野駅はこちらでーす!

すぐに電車に乗り込み、次に降りる駅は田野畑駅。ユイちゃん家の最寄り駅畑野駅はこちらでーす!
田野畑駅

第4話でアキちゃんとがユイちゃんがと初めて出会った場所。それからというもの、ユイちゃんに重要なお話の時には、やっぱりこちらがよくちょく出てきます。第12週『おら、東京さ行くだ!』第72回では、もう涙なくして見れませんっ。ちなみに、リアル田野畑駅には、復興の願いがたくさんのだるまとなって展示されていますっ。ちなみにあまちゃん以前から、コチラの駅は、宮沢賢治の童話「銀河鉄道の夜」から「カンパネルラ」という愛称で、田野畑に来たら初めて降り立ったのに、なんだか懐かしいっ。

ちなみに、堀内駅〜田野畑駅間は、海側をしっかり見ておくことっ!!第12週『おら、東京さ行くだ!』第72の名シーン、夏ばっぱの大漁旗の応援シーンの磯が見えてきますっ!!夏ばっぱのあのエールはアキちゃんだけじゃなく、みてるコチラにもグッとくる名シーンっ!!脳内夏ばっぱに、山田るま大興奮!!

アキちゃんへ対する夏ばっぱの応援シーンに見ているコチラも東京編がたのしみになっている直後の、ユイちゃんのシーンがあるかと思うと、そのギャップに山田るま、車内で号泣。。。

地理的にもドラマと同じですからアキちゃんの東京への期待感、夏ばっぱの思いを知り、ユイちゃん急展開に、混乱するアキちゃん気分を味わうことができます。また、最終話のお座敷列車の折り返し駅がココ。その先の不通となっていた宮古方面の線路をユイちゃんとアキちゃんが、スタンド・バイ・ミーごとく、走っていって「おわり」。いまでは、全線開通だからね!マネできませんっっっ!!山田るまは、一旦こちらで下車。

ここに着いたら自然と「いつでも夢を」を歌っちゃう!?小袖海岸(袖ヶ浜)へ行ってみよう。

ここに着いたら自然と「いつでも夢を」を歌っちゃう!?小袖海岸(袖ヶ浜)へ行ってみよう。
小袖海岸
http://www.kujicity.com/a.kujicity.14hokugennoama.htm

2015年には、小袖海岸には立派な海女センターもできて、観光客をしっかりお出迎え出来る状態ですっ!山田るまは、2014年秋、仮の海女センターの時に訪れました。小袖海岸についたらまず、ココで写真とらなきゃ!「あまちゃん特需でつくっちゃいました!」な、じぇじぇじぇの碑。この石碑の存在こそ、じぇじぇじぇーーーー\( ‘ jjj ’ )/ちなみに、小袖海岸までの道は、本当に細く「え?前からクルマきたらどうやってすれ違うの!?!?」と思うぐらい。そこは思いやり運転で譲り合いながら進んでいきます。こちらに行くには定期観光バスのみ。間違っても三陸鉄道堀内駅(ドラマ内袖ヶ浜駅)で降りてもここには、着きませんっっっ!!!

ここは、アキちゃんと夏ばっぱの初めて出会った袖ヶ浜。ウニ(かじぇ)をポイとなげる夏ばっぱのかっこよさっ(*^_^*)今年も、観光海女見れるはずですっ!海女センターでは海女の仕事着を一式無料で着せてもらえますので、ぜひ体験をばっ!(ちなみに山田るまは2着使用)気分は、袖が浜海女クラブ気分!

あそこがストーブさんの居た監視小屋。リアルに現在も使っていますっ!山を登る体力があれば側まで行けますっ。ウニ泥棒、あわび泥棒は許しませんっっっ!!!だいぶしっかり見えてますのよっ!(`・ω・´)ゞ

ここが夏ばっぱたち袖ヶ浜海女クラブのみんなが住んでいる集落かあ〜。この坂道をみたらやっぱり「いつでも夢を」を歌いたくなっちゃうね!ここ小袖海岸も大震災の爪あとが大きくて「故郷編」ではここにセットを組んでました。震災に耐えた建物とセットと境目がわからないぐらい自然な感じに震災前の世界観を表現。NHKの本気。ちなみに、後半(第133話 - 第156話)で、映っているシーンはリアルな小袖海岸。

オープニングでアキちゃんが爆走し、種市先輩に振られたときには自転車と共にボチャンとし、都会に憧れ、田舎に嫌気がさしていた頃の春子の名シーンは、こちらでくりだされました。近くまで行けますが、通常ここは登ってはいけません。漁業組合のおじちゃまたちや、海女のおねえちゃまたちに許可を得てくださいねっ!

行ってみて思いました。もちろんあまちゃんのロケ地ですからそのドラマの中に迷い込んだ感じがうれしいんですが、三陸鉄道にのれたり、復興している岩手を知ること、そして久慈っ子たちの人のあたたかさに、久慈にハマる人続出!!まだまだあまちゃん再放送はじまったばかり!今年も久慈が熱いっっ!!!

山田るま
だるまが好きすぎてだるまになっちゃった山田です。 全日本だるま研究会公式キャラクターです。 全国のだるま市を巡ったり、縁起のいい場所に出没して、出没したさきのご当地グルメを食べまくります。 顔が出ちゃってゆるキャラになれなかった山田るまはゆるキャラならぬグルキャラ(グルメを楽しむキャラ)として活動します! 主にゲリラなので神出鬼没、会えれば縁起が良いっ!と、ご当地キャラ界ではもっぱらの噂です。まじめにゆるーく活動している山田るまをどうぞよろしくおねがいします。
http://blog.livedoor.jp/yamadaruma/
https://twitter.com/yamada_ruma
Page Top