デカケル.jp

東京観光コースが集まるサイト

現在の登録コース

1010 コース!

東京ドームに簡単アクセス!ラクーアとプロ野球を楽しむ親子スポーツ観戦コース

都営三田線水道橋駅かJR水道橋駅をスタートし、東京ドームシティとラクーアでのお買い物、プロ野球観戦を親子で楽しむコースです。長時間になるため、子供を飽きさせないようにし、なるべく野球も楽しめるようにと考えながら回っています。

夕方からスタート!

  1. 都営三田線「水道橋駅」をスタートします。

    水道橋駅

    都営三田線水道橋駅をスタートです。駅構内にも地上にも出るエレベーターがあります。JR水道橋駅からも行くことができます。

  2. 本日の目的地、「東京ドーム」に到着!

    東京ドームシティ

    https://www.tokyo-dome.co.jp/dome/

    駅から歩いて5分ほどで東京ドームに到着。入る前からドキドキしてきました!

    • 行った日はオープン戦でしたが、公式戦の販売が開始されたところだったのか、チケット売り場には長蛇の列ができていました。

    • オープン戦ということで、イベントが行われていました。

    • 選手とハイタッチができる写真撮影スポットもありました。

    • 巨大な原監督の像もありました。

    • ベビーカーは入り口で預かってもらえます。今回は自由席のチケットがありましたので、3塁側の内野席に座りました。16時開場で16:30ごろ到着しましたが、指定席近くや前方はわりと埋まっていました。とりあえず場所取りだけしました。

    • オープン戦の間だけ開催されていたスタンプラリーです。

    • 原監督とのグータッチができるところもありました。

  3. 試合前に「東京ドームシティアトラクションズ」でちょっとだけお散歩

    東京ドームシティ

    http://at-raku.com/

    東京ドームに隣接する「東京ドームアトラクションズ」で野球が始まるまで少し散歩します。入場無料なので気軽に利用できるのでおすすめです。

    • メリーゴーランドもあります。

    • ここで唯一無料で遊べるのがここ。「マジカルミスト」さすがにまだ寒いこの時期あまり遊んでいる子供はいませんでしたが、暑くなると大人気のようです。

    • ベビールームもありました。狭いですが、授乳室とオムツ換えスペースがあります。

    • なぜか妖怪ウォッチのオブジェがありました。

    • 写真撮影スポットとして子供達に大人気でした。

  4. 「ラクーア」側へ移動し、買出しへ

    成城石井 東京ドームラクーア店

    http://www.laqua.jp/

    遊園地側から地下道を通ってラクーア側へ移動すると、買出しに便利なお店や飲食店がたくさんあります。

    • 遊園地側からは階段のみでしか地下道に入れませんので、ベビーカーをお持ちの方はご注意です!

    • こちらにもメリーゴーランドがありました。椅子やテーブルが置かれているので、自由にお弁当など広げて食べているグループがいました。時間があればここでゆっくりするのもよさそうです。

    • ムーミンカフェはお土産屋さんとベーカリーもあります。

    • ムーミンが出迎えてくれます。

    • トングがニョロニョロになっています。パンにはムーミンやその仲間達のキャラクターが描かれていて、ファンにはうれしいと思います。このトングは隣のお土産屋で売っていました。

    • 結局購入したのは、ニョロニョロのチョコレートパンです。持ち運ぶ時に絵が壊れてしまいました。残念。

    • 成城石井でもお弁当など購入できます。

    • 入ってすぐにお弁当がたくさん売られていました。

    • お惣菜など品揃えはさすがです。どれを買うか迷ってしまうくらいです。

  5. 「東京ドーム」に再入場し、いざ野球観戦!

    席に戻ってさっそく野球を観戦します。座席には取られてもいいようなもの(ブランケットやタオル)を置いていっただけなので、誰か座っていないか心配でしたが、大丈夫でした。試合開始直前だったので、このあたりの座席は満員でした。先に席を取っておいてよかったです。

    • 日本ハムの応援団の近くだったので、ちょっとうるさかったですが、子供は音楽に合わせて応援していました。

    • 子供が途中で飽きてしまい、1階のお土産屋を見に行きました。途中にはテレビモニターもありますので、野球の途中経過のチェックもできます。

    • メモリアムプレートが並んでいるのも1階です。散歩がてら見るのにちょうど良かったです。

    • 座席からではなく、上の通路から見て撮りました。場所を変えて観て見ると全然雰囲気が違っていて、色んな場所で見てみると楽しいです。

    • トイレに行ったり、お土産屋を見たりで、ずっと席にいたわけではありませんでしたが、なんとか最後まで観戦することができました。

今回のコースマップ

ページトップへ