デカケル.jp

東京観光コースが集まるサイト

現在の登録コース

1019 コース!

【都内で昼から登れる山♪】奥多摩・御岳山~日の出山&つるつる温泉でリフレッシュする森林浴デート

「明日は山いくよ!」前日から張り切る彼氏たん・・・。「えー明日雨降るよ。降水確率40%だよ~」「大丈夫。降らないって!」と謎の自信をみせる。東京近郊の山と言えば高尾山が一番に思い浮かびますが、実は奥多摩にもお手軽な初心者向けの山があるんです。御岳山で日帰り森林浴ハイキングと、生涯青春の湯「つるつる温泉」で美肌になっちゃうデートコースへ出発!!

昼からスタート!

  1. 小雨ふるJR御嶽駅(みたけえき)からスタート

    マイナスイオンは気の持ちようだと思う。どーもマサヲです。 御嶽駅(みたけえき)に着いたらやっぱり雨でした!(ガーン) 「うわーもう無理。本当に行くの?」 o(。>﹏<。)o 「大丈夫!大丈夫!歩いてればそのうち止むよ!」((( ´ω`) 最初からだいぶやる気をそがれました。 しかし、御岳山はケーブルカーで上まで登れる山。 とりあえず上まで登って、ちょこっとだけ歩いて、彼氏たんをなだめすかしてから帰って来るか。という上から目線で彼氏たんについていくことに。 (๑´3`๑)

    • 御嶽駅(みたけえき)からケーブルカーのある滝本駅まではバスで10分くらい。バス停は駅を背にして左方向に歩いて行ってセブンイレブンの手前にあります。 傘なんて持ってきてないから、フードかぶって行くよ~

    • ここです。 ケーブル下行きです。 ケーブル下まで連れて行ってくれるんだなと思って安心してたら後で痛い目をみます。( ̄▽ ̄)ニヤッ

    • バスは1時間2本です。 18時になると帰りのバスがなくなっちゃうので、気を付けましょう。歩いても帰れるけど大変だよ~。歩いたことないからわからないけど。

    • 少し時間があったのでセブンでのど飴を買っていたら、バスが来たので飛び乗りました! (〃´o`)=3 ふーやれやれ。

    • 約10分後。ケーブル下に着きました。 バスに乗っていた人ほとんどみんなここで降りたよ。 「着いたー!あれ、ケーブルカーどこー?」 ◟( ˘•ω•˘ )◞ 「ん?ここから5分上に歩いたとこだよ。ほら行くよ!」╭(๑•̀ㅂ•́)و 「(゚Д゚)ハァ? なにそれ、ケーブル下まで連れて行ってくれるんじゃないの??」

    • ケーブルカーのある滝本駅まではこの地味につらい坂道を5分ほど登ります・・・。 ううう。辛かったー( >д<)

    • はぁはぁはぁ (´Д`;) =3 スタスタと先を歩く彼氏たん。 その向こうに赤と白のケーブルカーのレールが見えます。 あとちょっとだ!

  2. ケーブルカー下。御岳登山鉄道「滝本駅」からケーブルカーでお昼からのラクラク登山♪

    御岳登山鉄道 滝本駅

    http://www.mitaketozan.co.jp/

    なんとか滝本駅につきました。 ()´д`()ゲッソリ マサヲはここまでの坂がこのコースで一番疲れました・・・。

    • 朝、二度寝したり卵茹でたりしてたから、なんだかんだで12時になっていました。 でもこの時間からでも十分楽しめるのがこのコースの魅力です! 【片道料金】 大人590円 子供300円 自転車260円 ペット130円♪ え?自転車もペットも登れるんだ。

    • 「おっ、ビールが売ってる~。飲みながらケーブルカーってのもいいよね~」 「まだだめ。帰ってからね」 「ちぇ」(。・´з`・)

    • 9時と10時台以外はだいたい1時間2本ってかんじだね。 土日の方が本数多いみたい。

    • はいこれケーブルカー♪ 「カラフルだねー」(*'∀'人)♥*+

    • 線路は山の上までつづいてます。 うーん先が見えないくらい遠いよ。結構上まで上るみたい。 ちなみに御岳山の標高は929mだそうです。 ケーブルカーに乗って約6分で上に着きます。

    • 最近リニューアルしたらしい車体。 中にはいったら、ピカピカの天井になにかいる!! (゚*゚)

    • ムササビだーー!! かわいー♥(人´3`)⌒♡ 「なんでムササビなんだろうね?」 「いるのかなー?」 「かもねー」(*´д`*)

    • そんなことを話してたら。 わ!降りてくる電車とすれちがった! スリリング~

    • 到着!(*`へ´*) 上に付いたらね~。なんかいいにおい! これ!御岳汁! 売ってたよ~。 御岳のソウルフードとのこと♪  青梅市の給食にもでるんだって。

  3. ケーブルカー上。「御岳山駅」から山岳信仰の武蔵御嶽神社までの道

    みたけ山観光!

    http://www.mt-mitake.gr.jp/

    「雨止まないね。どーする?」(´Д`υ) 「取りあえず、ここまで来たら神社行こうよ!」 武蔵御嶽神社は、日本オオカミを祀った山岳信仰の神社だそうです。オオカミは怖い動物ですが、昔は畑を荒らす害獣を食べてくれる益獣でもあったんだそうです。

    • 武蔵御嶽神社へはケーブルカー駅を背にして左側でーす。 ここから神社までは歩いてだいたい25分くらいです。

    • しばらく歩くとこんな茅葺?の家がありました。 東京もちょっと離れるとこんな景色が見られるんだね。

    • こんな井戸水?汲み出すようなのもあったよ。 まだ使われてるのかな~。

    • お地蔵さん。 今日のハイキングの無事を祈ります。 (-人-)ナームー

    • 「坂道つらいー登りたくないー」ヤ━(≧◇≦)ダ━ 「こんなの坂じゃないよ。ほら、みんなラクラク登ってるよ」ヽ(`・ω・´;;)

    • ゼェ(:.;゚;Д;゚;.:)ハァ ゼェハァ あとちょっとで登りきるところにこの木があります。 なんと天然記念物なんだってー。 樹齢1000年の神代ケヤキ。根元に大きな洞があります。

    • 坂を上りきるとこの商店街があります。ご飯食べたり、お土産買ったりできるよ。

    • またムササビ発見!!(´・∀・)σ 店先で彼氏たんと盛り上がっていたらお店の方がプチ情報を教えてくれたよ。 さっきの神代ケヤキに赤ちゃんムササビが住んでるんだって。今回は見れなかったけど、たまに顔を見せるらしいので運が良ければ見られるかもね♪

    • 「やったー神社ついたー」ヾ(〃^∇^)ノ 商店街を抜けると大きい鳥居が見えます。 ここに手水(ちょうず)があるので、忘れずに手を清めましょう。

    • すぐそこが神社だと思ったらまだまだだった。 マサヲはもうフラフラで、前かがみになってなんとか歩いています。 (ノ◇≦。)

    • 結構上ったよー。 「ううう。ケーブルカーでラクラク登山のはずが・・・」(´゚'ω゚`) 「なに言ってるの。こんなの登山にはいらないよ。ハイキングでしょ」(о´▽`о)

    • ちょっと休憩させてください。 犬がイスを支えていたのでマサヲも一緒に支えてみました。 こうすることで、登るという行為から現実逃避しています。

  4. おいぬ様と武士とわたし

    でたーやっとだよ。本殿。 そしてまだ登るんだね。涙。

    • 神社と言えば狛犬だよね。 ここの狛犬はすごい強そう。 筋肉隆々でなんか「バキ」とかに出てきそうなマッチョな狛犬です。

    • ほら、すごい爪!! 全体的にインパクトがあってすっごくかっこいいです。 二人とも狛犬のポーズで写真撮ったりさんざん楽しんだ後、彼氏たんが神主さんに聞いてくれました。 「すみません。あの狛犬、なんかすごい強そうなんですけどなんかあるんですか?」 (´∇`*o)

    • 彼氏たん勇者! バカっぽい聞き方だけどちゃんと狛犬の由来を聞いてくれたよ。( ´艸`) 神主さんのお話によるとなんと、この狛犬の作者は、あの広島の「平和記念像」で有名な北村西望氏だそうです。ひえーびっくりした。 しかも犬じゃなくてオオカミなんだって! だから強そうなんだね!なっとくです。

    • ここは絵馬にもお守りにもお札にもこんなふうに狛犬?オオカミ?が描かれているよ。なんだか見守られているようでうれしい♡ 昔からここらへんは山岳信仰といってオオカミを神様に祀っているそうです。江戸時代から「おいぬ様」と呼ばれて広く親しまれ、信仰されてきたんだって。 「そこはオオカミ様じゃないんだね」( ̄∀ ̄*)

    • 階段下のこの武士の像もすごいかっこよかった。 誰だかは書いてあったんだけど、あまりにも達筆すぎて全然読めなかったよ。 (´゚д゚`)ポカーン

    • ちなみにマサヲもお守り買いましたよー。なんかおいぬ様が描いてあると番犬的な意味で安心感がある。

  5. 結局登っちゃうの?日の出山

    日の出山ハイキングコース

    http://hinode-k.lolipop.jp/index.html

    「さて、じゃあ帰ろうか?」( ^_ゝ^) 「は?何言ってんのこっからが本番だよ」 もう雨も止んだし登るよ! と登る気満々の彼氏たん。もう誰も彼を止められない・・・。 「山頂ついたら一緒にお昼食べよう。ここからだと高低差ほとんど無いから大丈夫だよ。温泉も入りたいでしょ?」 なんということでしょう。説得されてしまいました! (|||´Д`)=3 日の出山に向かいまーす。

    • わっ♡ ネコヤナギだっけ? 雨の雫がいい感じです。きれい。 さっきの商店街の始まりのところまで戻って右の細い道に入ると日の出山コースになります。

    • 「燃やすまい!水のふるさと緑の資源!」 「なんか力強い文字とこのかわいいリスの絵がなんともいえんねー」

    • しばらく歩くとこんな感じの杉林に入ります。 すがすがしい山の空気に思わず深呼吸しました。 「これがマイナスイオン効果か」( ̄0 ̄) 「たまにはこんな森の中で森林浴するのもいいでしょ?」 「そだね。癒される」(*´ω`*)

    • なんか鳥居が見えてきたよ。 どこかに神社があるのかなーと思って周りをキョロキョロしてみたけど、特に何もなかったよ。 うーん。山全体が参道って感じなのかなー?

    • 「ぎゃーなにこれ?クマよけの鈴付けてくださいだって」 「じゃあちょっとマサヲ後ろ向いて」 え?!クマ出るの?

    • さっそくリュックにクマよけの鈴をつけてもらいました。 用意のいい彼氏たんです。 まさか東京都にクマが出るところがあるなんてねー。びっくりだしちょっと怖い気もします。 まぁクマは悪くないんですけどね。

    • ここらでちょっと休憩する? ということで、朝彼氏たんが作った味付け卵を食べることに。

    • え ∑(!? ̄Д ̄) なにこれ? ジップロックから出てきたのは今まで見たことのない形をした卵。どーしてこうなったのー? エエエエエェェェェェェェェ(゚Д゚;ノ)ノェェエエエエ 「なんか・・・えぐれてるよ」 でもおいしく頂きました。 ありがとう彼氏たん♡ 元気出たよ。

    • ここから少し登ります。緩やかに見えるけど、地味につらい階段です。 なんか階段の間隔が歩きずらい~。 ((((((/_ _)/

    • 地味にずっと登りなんだよね~・・・。 「もう少し。ここを越えれば山頂だよ!」o(`д´o) がんばって 彼氏たんが励ましてくれますがもうヘトヘトだよ~。

    • 最後の階段。ここを登れば山頂です! 「もうだめ登れないー!」 「ちょっと休憩しようか?」 ヨシヨシ( ,,´・ω・)ノ"(´っω・`。) ウン

    • ちょっと休憩です。 息を整えていると、階段の手前に日時計があったよ。 でも針が取れてるから時間わかんないや。 「ねぇ、いま何時?」 「14:00だよ。お腹すいたね。山頂ついたらお昼にしよう」

  6. 念願の日出山 山頂でアウトドアだよ!熱々ランチをいただきます

    やっとの思いで登った山頂は工事中でした。 工事の人たちが、『ここが山頂です』みたいな棒を埋めていました。 工事ご苦労様です。

    • ここら辺一帯の地形図?みたいなのが描かれた円盤です。 マサヲが指してるところが今いる日の出山だよ。

    • やっとたどり着いた山頂で食べるのはカップスープと朝にぎって、カバンの中で変形したおにぎりw かわいいお弁当作れなくてごめんね。 *:.。☆(*゚ω`人)

    • あったかーい (*´`*) 雨で濡れて冷えてた体があったまります。 歩いてるときは平気なんだけど、止まって休んでるとちょっと寒いんだよね。

    • ぐつぐつお湯が沸いたよー。 アウトドアグッツって結構火力あるし、やる気になればちゃんと料理もできそう。

    • しかし食べるのは、赤いきつね♡ おいしいんだから。(ノ≧ڡ≦) あとおにぎりとスープ(インスタント)でおなかいっぱい。満足! 熱々ランチでカラダも温まったよ!

    • 頂上からの景色です。遠くに微かに山影が見えますが、残念ながら曇ってて見晴らしはいまいちだったよ。 だけど、まぁここまでくれば正直登っただけでやり遂げた感があるし、曇っててもあんまり気にならないです。 私が山に興味がないからかもしれないけど。 晴れてれば遠くまで見通せそう。

    • さて、次は「つるつる温泉」です。 でも・・・ 「もう登りたくない」 「大丈夫。こっからはもう下りだよ。あとは下りるだけ」 その言葉信じるよ。

  7. あとは下りるだけ!生涯青春の湯までの道のり

    つるつる温泉までの道

    http://hinode-k.lolipop.jp/walk/walk04.html

    生涯青春の湯ってなんかすごいハッスルしそうなネーミングだねw 控えめな学生生活を送っていたマサヲが、今まさに青春を感じながら向かいますよ~。

    • 「ぎゃーなにこれ。すごい道だね」 工事の車が入るのかな。雨の後のぬかるんだ道に車輪の跡。 坂道だし滑らないように進んでいくのに結構疲れました。 でもちょっと童心にもどった気分で坂道駆け下りたりもしてなんだかんだ楽しかった。

    • ところどころにこんな風に看板があるので迷わない! かもしれない・・・。 心配な人はここでチェック→ http://hinode-k.lolipop.jp/walk/walk04.html

    • だんだん細い道になってきた。二人が縦にならないと進めません。 「落ちないようにね」 「大丈夫。落ちるときはいっしょだよ」 (||゚Д゚)ヒィィィ!

    • こんな岩がありました。 「顎掛岩(あごかけいわ)ってどーゆーこと?」 『日本武尊が蝦夷征伐の帰りにこの岩に顎をかけて関東平野を見わたした』って書かれてます。 「掛けるの? ここに? 顎を?」 とっても不思議でしたが、とにかく顎を掛けて関東平野を見てみることに。 ジーーーッ. ( - ゛-) 「み、見えない・・・」

    • 空がだんだん晴れてきました。 「青空が見えるよ」 「山頂で欲しかったね」 だけどやっぱり晴れてくると気持ち良い♪

    • ここが森の終わりです。 ずっと下ってたからなんか足が痒くなってきた。 「たぶん血流が良くなってるからじゃない?」 へーそういうもんか。ふーん。( ´_ゝ`) 普段使ってないから足がびっくりしてるのかも。

    • 『ヤマメの稚魚を放流しました。12センチ以下は放してください』 下りてすぐのところに川があって、こんな看板がありました。 ヤマメが釣れるんだね。ちょっと川を覗いてみたけど、今日はヤマメの姿は残念ながら見えなかったよ。

    • 小さな橋があったんだけど、その上にアートなカエルやザリガニがいたよ。鉄でできてて完成度高し。思わず写真撮っちゃった。

  8. 「つるつる温泉」って本当につるつるしてるよ

    生涯青春の湯 つるつる温泉

    http://www.gws.ne.jp/home/onsen/index.html

    森を出てしばらく歩いて行くと、大きな通りに出ます。そこを左に曲がってまた川に沿ってしばらく進むとこんな変わった建物が見えてきます。 「うそつき。もう坂ないっていったじゃん」 「これは坂じゃないでしょー」 ビー玉が勢いつけて転がるぐらいに坂道でした。 営業時間 10:00~20:00 生涯青春の湯 つるつる温泉 東京都西多摩郡日の出町大久野4718

    • 生涯青春の湯「つるつる温泉」です。 やっとついたよ。 ここのお湯は、地下1500mから汲み上げたアルカリ泉だそうです。美肌の湯で有名な天然温泉です。 大人は、820円でした。カウンターでロッカーのカギを受け取ります。 3時間超えると210円/hの追加料金が必要です。

    • 1階の休憩所です。 2階がお風呂になります。日によって男女入れ替え制みたい。どっちも露天風呂があって気持ちよかったよ。 「お湯すっごくつるつるだったね♡」 「うん。本当につるつるだった!」 あがったあとに実感できるほどつるつるになったよ! (○´∀`人´∀`○)ね~

    • お肌スベスベ。 お風呂でさっぱりリフレッシュ! はぁー癒された~。 施設を出てすぐ目の前のバス停で帰りのバスを待ちます。

    • バス来たよ~。 機関車型のトレーラーバス「青春号」です! 1時間に1本くらいはこのレトロバスです。そのほかは普通のバスになります。 詳しくは→ http://www.toutoku.co.jp/products/topic/joyful03.html

    • つるつる温泉から武蔵五日市駅までを結びます。 パスモ・suicaにも対応してますよ。

    • 車内は木の温もりを感じる昭和レトロな造り。 昔のバスってこんな感じだったのかなー。

  9. おつかれさまの武蔵五日市駅

    武蔵五日市駅到着です。五日市線の終点です。 駅名の看板が木でできているのがレトロな感じでなんだかいい雰囲気。 近くには川遊びができるバーベキュー場もあるよ。

    • 武蔵五日市駅にはこんな登山者カード入れがありました。 山に近い駅ならではだね。 山に入る前に書いていこう!まさかのときに書いておかないと大変だからね。

    • びっくりしたというか、知らなかったのがこれ。 青梅線・五日市線の電車の扉はボタンを押してドアを開け閉めするんですよ。(≧∇≦)o それじゃあ今日のお散歩デートはここまで。 お疲れ様でした!

今回のコースマップ

ページトップへ