デカケル.jp

東京観光コースが集まるサイト

現在の登録コース

986 コース!

湯島天神で梅まつりと落語を見ながら春を待つ!日曜早朝に行く小さな贅沢コース。in 湯島天神〜上野エリア

東京湯島天神では2月8日〜3月8日まで梅まつりが開催!この梅まつりを120%楽しむために、日曜日早起きしておでかけしてください。鈴本演芸の早朝寄席からはじまり→湯島天神の梅まつり→湯島天神のおみやげを「つる瀬」で!→そして上野で人気のラーメン「大喜」→どらやきの名店「うさぎや」→最後は銭湯「燕湯」で歩き疲れたカラダを癒しましょう!湯島天神〜上野エリアで絶対おすすめのコースです。

朝からスタート!

  1. 待ち合わせは上野駅で!いまでも東北の玄関口の雰囲気は健在!

    ああ上野駅歌碑

    「あゝ上野駅(ああうえのえき)」という曲は、1964年に高度成長期のヒット曲。THE団塊の世代が、集団就職で上京したときの「心の応援歌」として多くの人々に勇気を与えたんだって!!上野駅の建物は当時とは違うし、新幹線も東京が終着駅なのに、東北への玄関口という雰囲気は健在!

  2. 【日曜限定】鈴本演芸の早朝寄席はワンコイン!落語ファン争奪のチケットは、やっぱり早起きが鍵を握るっ!

    鈴本演芸場

    http://www.rakugo.or.jp/

    鈴本演芸場は、普段は12:30から昼の部、17:30から夜の部の2部構成ですが、日曜日に限っては、09:30開場で10:00開演の早朝寄席があります!こちらの早朝寄席は二ツ目の4人が出演して木戸銭が500円!約90分の早朝寄席は、大人気でそのほとんどが満員御礼状態っ!お弁当や酒など持ち込みが可能で、席の備え付けテーブルも大きい。「どうぞ食べて飲んで笑ってください!」と言わんばかりっ!ちなみにコチラの鈴本演芸場の売店で売っているお弁当は、稲荷寿司といえばの「志乃多寿司」の稲荷寿司弁当を毎日入荷!上野〜御徒町近辺で、粋な時間をすごすには鈴本演芸場はマストスポット!

  3. 早起きで小腹が空いたらおむすびいかがでしょ?「おむすび いわ井」で、その日のオススメを!

    おむすび いわ井

    鈴本演芸場から、湯島天神へ向かう道中、湯島のカレーの名店「ナワブ」の隣に、おむすび屋さん「おむすび いわ井」を発見っ!湯島天神周辺ではだいぶニューフェイスのお店。おむすびだけで勝負するだけに、お米、具には、並々ならぬこだわりがっ!店員さんのほがらかな感じが、おむすびからも感じられます。こぶりなのもいいね!

    • その日のオススメはボードに。一般的な具のおむすびも、変わり種もどちらも同じ値段なので、やっぱりその日のオススメをゲットすべし!握りすぎていない、お米のふんわり感は絶妙。エビと玉ねぎのかき揚げおにぎりの塩加減も丁度いい!!

  4. 湯島天神は、この時期大人気スポット!梅見や、受験合格祈願で平日も混んでます!

    湯島天満宮(湯島天神)

    http://www.yushimatenjin.or.jp/pc/index.htm

    湯島天神は学問の神様でも有名な神社。この時期は合格祈願のお参りが多く、その上2月から3月中旬まで、梅が見頃ということで「梅まつり」も開催しているので、多くの観光客も訪れて、活気のある雰囲気。また、英語表記なども充実しているので、外国人観光客にも人気のスポット。ジャパニーズプラムをご堪能あれっ!!

    • 天神様は、牛にゆかりの深い神様ということで、ここ、湯島天神にも「撫で牛」がっ!さて、こちらの「撫で牛」は、自分の体の悪いところ、気になるところを、ナデナデすると、具合が良くなる!といったご利益があるとか。

    • 全国でも珍しい(東京ポコはここ湯島天神で見たのが初めて)獅子舞ロボットのおみくじ機械を発見!お金を入れると、獅子舞がひと通り踊り、黒い小窓から、おみくじを口にはさみ、渡してくれるという物。普通のおみくじもいいけれど、たまにはこういうおみくじもいいかもね!外国人観光客も興味深々でしたっっ。

    • 東京ポコは大吉!!ちなみに、学問の神様で有名ですが、湯島天神は、知る人ぞ知る、くじ運、勝負運の神さまとしてもご利益があるといわれています。そのいわれは、江戸時代、寺社が主催の、富籤(いまの宝くじのルーツ)があり、「江戸の三大富籤」のひとつが、ここ湯島天神。そして湯島天神は、江戸時代から、本殿や鳥居、参道の位置がほとんど変わっていません。だからこそ、受け継がれているパワーがある!いわゆる「パワースポット」と言われているのかもしれませんっっ!

    • 咲き始めの頃にオデカケした東京ポコ。まだまだこれからが見どころの梅ですが、すでに「吟行(俳句を作るためにお出かけすること)」をしている人たちにたくさん出会いました。みなさん熱心に、季節を感じながら、ペンを走らせていました。

  5. 湯島天神のおみやげといえば「つる瀬」のふく梅でしょ!

    湯島天神にも屋台が出ていますが、湯島天神参拝おみやげなら「つる瀬」のふく梅を選べばまず間違いありませんっっ!ふんわりピンク色の求肥(ういろう?)の中は、白梅餡。真ん中の梅干との味のコントラストが上品な逸品!うっすらと金粉がかかっているのも、お上品っ!

    • つる瀬の本店では、喫茶スペースもあり、そして、さすが老舗の和菓子屋さん、種類も多く、どれを買おうか迷っちゃいます!が、ここはやっぱり、「ふく梅」でしょ!!

  6. 湯島〜上野近辺でいつも上位のラーメン屋「大喜」で、間違いないラーメンを堪能!

    ここ「大喜」は、ラーメンで検索すると、いつも上位に出てくる有名店。時間が時間だと、長蛇の列はまぬがれませんが、早起きし、落語を堪能し、お参りを済ませたその足で向えば、だいたい11:15頃。列ぶことなく、すんなり入店できました!透き通ったスープ、炙り鳥チャーシュー、鳥そぼろ、そして、良いあんばいの半熟煮玉子、白髪ネギに、調度良い辛さのかいわれ大根、そしてこっそり埋れているけれど手作りワンタンこそが、このラーメンの決め手といっても過言ではありません!美味しくないわけがないっ!!

    • 外装はこんな感じで、開店してから、だいぶたってます!という雰囲気。外での食券制だから、迷ってる暇はありません、とりあえず「鶏そば」「特製鶏そば」で間違いないですっ!大きなおかめのお面が目印っ!平日でもこの前にあっという間に列ができちゃいます。

  7. 行列必至!!どらやきの名店「うさぎや」では、お店に行かなきゃ食べれられない、どら餡ソフトを食べてほしい!

    いわゆる「これを手土産にしたら間違いない!」「よろこばれる手土産」の、うさぎやさんのどらやき。長蛇の列で、そのほとんどが「どらやき」目当てのお客様ばかりですが、ここはひとつ、ここでしか食べられない、ここに買いに来た人しか食べれない「どら餡ソフト」をぜひおすすめしたいっっ!!

    • 「どら餡ソフト au lait(オレ)」 は、その名の通り、どら焼きの餡を練りこんだソフトクリーム。自信のあんこに合わせる牛乳は、北海道興部(おこっぺ)ノースプレインファーム産。製法はちがうかもですが、ノースプレインファーム製のソフトクリームは、北海道でも人気上位のソフトクリーム。それだけでも美味しいソフトクリームに、どら餡を混ぜたら、そりゃ、おいしくない訳がないっっ!食感ゆるーいソフトクリームは、くちどけも早く、牛乳とどら餡のコンビネーションは秀逸っ!お使いもののどらやきを買うなら、ぜひ、自分にもちょっとだけ贅沢をっ!

  8. 湯島天神でのご利益があるかも!!御徒町にある伝説の宝くじ屋で、くじ買っちゃうのもアリ!!

    宝くじ御徒町駅前センター

    東京都内では、とかく「よく当たる」と言われる宝くじセンターが多々ありますが、御徒町には、最近熱い宝くじ売り場がありますっ!それが、宝くじ御徒町駅前センター。

    • こちらの売り場にいる「N野さん」という男性と目があって、フラフラっと買ってみたら当たった!とか、、、噂が絶えないこの売場。その噂が噂ではないと感じるのも、この売場で出た高額当選の数々を知ればこそ。もしかしたら、湯島天神の側っていうことも関係があるのかな?!これは、推測ですがっ!!ということで、スクラッチくじをゲットした東京ポコ、すべてハズレ。しかし、これは次なる賭けに期待大と考えてみてもいいのかもっ!!!なんせ、湯島天神でのおみくじ大吉だもんね!

  9. ゴールは銭湯?!ふらふら散歩してたら趣ある銭湯に遭遇!なんならこのコース「燕湯」に最初に訪れるのもアリだね!!

    燕湯(台東区の銭湯、登録有形文化財)

    http://www.tsubameyu.com/

    見つけた瞬間、こんなところに、銭湯があったんだ!!とびっくり。登録有形文化財なのに実働している、ここ「燕湯」は、なんと朝6時からやっている、朝風呂タイプの銭湯。反対に夜は早じまいで20時閉店っ!今日の早起きお散歩の疲れをいやすベストタイミングで出会っちゃった!いや、まてよ!今日のデートコースの一つ目に、ここでもよかったのかっ!!!朝風呂はいって、落語聞いて、湯島天神、、、それもいいかも!!!ちなみに、入り口の「わ」という板??はて??調べてみたら、これは「お湯沸いたよ!営業してまーす」という意味。なんと!粋というかなんというか、いまとなっては、珍しいっっ!!貸しタオルなども充実してて手ぶらでOK銭湯!オススメっっ!!!

今回のコースマップ

ページトップへ