デカケル.jp

東京観光コースが集まるサイト

現在の登録コース

982 コース!

親子でギャラクシティに行こう!子供の好奇心を刺激する親子おでかけコース

足立区西新井にあるギャラクシティ。プラネタリウムや国内最大級のネット遊具、工作や実験教室など、とにかく子供の好奇心を刺激してくれるアトラクション満載なギャラクシティを親子で巡るコースをまとめました。

朝からスタート!

  1. 朝9時、西新井駅(東口)スタート!

    西新井駅

    2012年3月に「東武スカイツリーライン」と名称変更した「浅草・押上~東武動物公園」区間。西新井は、荒川を超えて目と鼻の先には埼玉。都内からは遠い印象だけど、半蔵門線や日比谷線が乗り入れていてアクセス至便だったりする。スカイツリートレインに子どものテンションもUP!

  2. 子供の好奇心を刺激する「ギャラクシティ」のこども未来創造館

    ギャラクシティ こども未来創造館

    西新井文化ホールとこども未来創造館からなる複合施設、ギャラクシティへ。9時からスタートのこども未来創造館ですが、朝イチで来館することをオススメします。お昼過ぎの来館はディズニーランド状態になります。余裕を持って行きましょう!

    • まずは、子供用クライミングウォール。3色のカラーマットがあり、3組が同時に10分間クライミングに挑戦できる。登頂部分にある窓(三角部分)の中に隠された何かを探しに親子でチャレンジ。

    • 次に、ものづくりガレージ。図工教室を思い出す空間で様々な実験を行います。この日は「静電気deビリビリ体験」。塩化ビニールの棒をペーパーで擦り、紙や袋、水、ジュースの缶など静電気がどれに反応するかの実験。意外な結果が楽しい。最後に静電気が人間のカラダを伝わるかの実験。雷電缶に蓄積された静電気が伝わるかみんなで手をつないで実験します。ビリビリ〜!!

    • 次は、こども未来科学館で一番人気の「スペースあすれちっく」。国内最大級のネット遊具だけあってスケールがデカい!小学生のみ入場できる小学生タイム、親子であれば満1歳〜小学生が入場できるファミリータイムと時間がわかれています。大人も遊べますが5分くらいでダウン(笑)。3階層に別れているアスレチックで、各階の移動にトンネルを使いますが、確実にはまります。。。小さいお子さんもいるので大人の方はあまりエキサイトしないようにしましょう。

    • 次は、わくわくデスク。いろいろなキットが用意されていて貸し出しています。この日に借りたキットはスタンプでメッセージカードを作れるキット。ひらがなや英語のスタンプで作ります。

  3. 13時スタートのプラネタリウム「ファミリー番組」までにランチ。「ラーメン食堂 二枚看板」

    ラーメン食堂 二枚看板

    ラーメン好きのお子さんがいれば是非オススメしたいラーメン屋。店名どおり2種類の塩ラーメンがおススメ!スープは動物系清湯、鶏白湯、魚介系の3種類のスープを用意。こだわりのラーメンが楽しめます。

    • しょうゆチャーシュー

    • とんこつ玉子

  4. 再度ギャラクシティ・こども未来館へ。プラネタリウムでまさかの。。。(笑)

    ギャラクシティ まるちたいけんドーム

    星空への無限の興味を追求できるプラネタリウム。まるちたいけんドームという名称ですが、心地よい照明と音楽で家族全員ノックダウン。ほぼ寝てしまいました。。。大人500円、子供100円。未就学のお子さんは大人のヒザの上であれば無料です。

  5. せっかくなら西新井という地名と深く関わりがる「西新井大師」で食べ歩き

    西新井大師

    正式名称は五智山 遍照院 總持寺。境内にある「加持水の井戸」はかつては枯れ井戸だったが、弘法大師が祈祷すると水が湧き出たとの伝説から「本堂の西の新しい井戸」で「西新井」。その西新井大師の周りに集まる甘味処で食べ歩きは是非オススメ!

    • 西新井大師の参道入り口付近にある昭和30年代創業の「かどや」。キャベツだけのシンプルなソース焼きそばが有名ですが、ここでは今川焼で食べ歩き〜。

    • きな粉の匂いが香ばしく、豆が温かく美味しい「まめや」。そして、豆の試食をガンガン勧める通称爪楊枝おばちゃん。参拝の帰りのお土産に是非!

    • まさかの創業200年以上。。。山門の目の前にある大福だんごの「中田屋」。たっぷりあんこがついた笹餅がうましです。

今回のコースマップ

ページトップへ