デカケル.jp

東京観光コースが集まるサイト

現在の登録コース

990 コース!

ガイドブックにない東京案内。フクロウカフェや東京スカイツリーが望める露天風呂でほっこりする新感覚の東京観光コース

都内のデートといえば、「ショッピング」「映画」「食事」の三本柱!でも最近マンネリ気味。。。そこで東京スカイツリー×銭湯という組合せはいかがですか?おまっとさんでした!東京ポコ、ここに、銭湯デートを提案!いま流行りのスーパー銭湯ではありません!昔ながらの銭湯と今の流行りをミックスアップできるのが、東京スカイツリー周辺!早速紹介!!

昼からスタート!

  1. 今日のスタート地点は、「とうきょうスカイツリー駅」

    とうきょうスカイツリー(旧 業平橋)駅

    開業して約2年。いまもなお人気の東京スカイツリー。東京スカイツリーに行くには一番分かりやすい駅が、ここ。「とうきょうスカイツリー駅」土日祝日だと、すごい人だからホーム待ち合わせが良いかもね!

  2. 東京スカイツリーをいろんな角度から撮っちゃう!「東京スカイツリー」さんぽ。

    東京スカイツリー (TOKYO SKYTREE)

    駅をでたら、すぐにスカイツリーの商業施設ソラマチに入りたいところですが、まずは、外から!スカイツリーをいろんな角度から楽しみましょう!

    • 東京スカイツリーのメインキャラクターソラカラちゃんも東京スカイツリーを愛でています!

    • 東京スカイツリーの先端まで写真に収めようとおもうと、麓では無理です。東京ポコのオススメポイントは、とうきょうスカイツリー駅を出て、おしなり商店街の方に歩き、北十間川を渡った先で振り返って撮るのが一番キレイにみえるかな〜と感じました。どこのポイントが一番素敵に撮れるか!なんて競争するのもいいかも!

  3. 小腹が空いたら、あの揚げたてが食べられる!「カルビープラス」へ!

    カルビープラス 東京ソラマチ店

    カルビーのポテトチップス、揚げたてを食べてみたい〜と思ったことはありませんか?そんな夢を叶えてくれるお店が近年増えています!ターミナル駅などにある「カルビープラス」ここ、ソラマチにも登場!揚げたてのポテトチップスはもちろん、おすすめなのは、ポテチュロ!!じゃがいもが入っている、チュロスはの食感はサクサクっとして、中はもちもち。ポテトフライをさらに美味しくした味には「もう一本!」と食べたくなる逸品!

    • お店では、終始並んでいる状態なので出来たてを待つ感じです。待っている間は、「ご当地限定カルビー商品」などもチェック!ココでしか売ってないガチ「限定」商品もありますので、要チェック!!

  4. 昔ながらの民芸品を新しい形で提案!なつかしくも新しい商品満載「日本市」へ!

    遊 中川 日本市 東京スカイツリータウン・ソラマチ店

    http://www.nakagawa-masashichi.jp/Form/Product/ProductList.aspx?shop=0&cat=c04

    最近の雑貨の流れとして「古きよき日本の民芸品」に再度注目されています。いわゆる原点回帰!そんな雑貨屋も増えている昨今、そのなかでもオシャレ度抜群のお店はここ「日本市」。あまりにもオシャレな縁起の物数々に、「ディスプレイだからおしゃれなのか?」「家に置いてもおしゃれなのか?」葛藤しちゃおう!

    • さすがソラマチ。外国人観光客も胸キュンの「FUJI-YAMA」グッズ。だるまも日本市モデル!伝統的な縁起物(民芸品)からいわゆるダブルネーム的縁起物まで幅広く揃えています!伝統的工程を経てできたスカイツリー手ぬぐいなども人気!そんななか、東京ポコもゲットしたオススメは「日本市バック」!富士山の上に見える太陽、縁起の良い柄!サブバック的にどうぞ!

  5. スカイツリーのお膝元、押上業平地区のニューフェイス!「鷹乃眼」は触れ合えるフクロウカフェ。

    猫カフェ、うさぎカフェ、鳥カフェ、はもう古い?!いま一番熱いのが、フクロウカフェ!フクロウカフェの中でも、ここ「鷹乃眼」は、店名でも分かるように、鷹も居ます。そして、触れ合えます!どちらも「猛禽類」ドキドキしながら早速ふれあいましょう!

    • ワンドリンク1時間制。飲むときにはゆっくりガラス越しから。休める場所と触れ合える場所がきちんと分けてあります。どの人もドリンクはそこそこに、早速ガラスの奥のみんなのいる部屋へ!!

    • ちいさめのフクロウから、、、、

    • 大きめのフクロウまで。夜行性なので、ずーっと寝ている子がいたり、自由な空間!店主がいると、だっこさせてくれたり、肩に乗ったり、そこそこ人懐こっくてとってもかわいいっ!!

    • 鷹とも触れ合えます!ただ爪が鋭いので手袋必須!手を出したりすると、鋭いくちばしでブスリっっってことも。入店時の注意書きを思い出しながら、店主のアドバイスを聞きながら、どうぞ触れ合ってください〜!

    • さすが鳥界の中のドン!手乗りしたときにカメラを向けてもびくともしません!神々しい姿をこんなにも接写してできることがすごいっっ!カメラ小僧でなくても、写真撮りまくりっっ!ちなみに、コチラが穏やかに接すると鷹も穏やか。

    • ずーっとよりそってる二人は、終始ウトウト。夜行性なのに、お仕事ご苦労さまです!あ、ちなみにですがこちらのフクロウや鷹はほとんど買えます。一目惚れで簡単に飼える子達ではありませんが、近くにお住まいのお客さん、あるフクロウに一目惚れ。売れて欲しくない!でも家では飼えない。ということで、購入し、ここのお店で引き続き飼っているという、通いフクロウも!!

  6. 今回のお散歩デートメインはこちら!「大黒湯」露天風呂からスカイツリー間近で見れるのはココだけ!

    墨田区横川3−12−14

    http://daikokuyu.com/

    スカイツリーから錦糸町方面へちょっとあるきますが、おそらくスカイツリーに一番ちかい銭湯「大黒湯」。昔ながら店構えに期待が高まります!入泉料も通常の銭湯価格、貸しタオルも激安!なのに、何を隠そう天然温泉なのです!!手ぶらで行ってほっこりしよう〜。

    • 大黒湯ののれんには大黒様が。なんとも縁起が良いです!早速入ってみましょう!

    • ここがフロントロビー。流し場にはやっぱり「富士山」の絵。そして、銭湯という名の天然温泉は、お湯の肌さわりが優しくつるつるに!内湯も様々なタイプのお風呂があり、スーパー銭湯顔負け。タイミングがよければ(奇数日:男性・偶数日:女性)露天風呂にもはいれます。その露天風呂の中に寝湯仕様になっている場所が一箇所あります。そこで寝そべると、丁度スカイツリーがみえて格別の気分!!!

    • 風呂上りにはもちろんビン牛乳!大黒湯に訪れた旅行者の為の落書き帳まで。ペラペラみていると、スカイツリー観光のついでに来た!という人が多く、一度来たらその温泉品質、雰囲気の良さにリピーターも多いのがここ大黒湯。そして、もちろん地元のお風呂大好きおばちゃま、おじちゃまたちも多く、観光観光していない、そんな雰囲気も人気の秘密なんだと思います!

  7. そのまま帰るのもよし、リフレッシュ気分でソラマチでお土産タイムもよし!「鳩居堂」がオススメ!

    鳩居堂 東京スカイツリータウン・ソラマチ店

    http://www.kyukyodo.co.jp/

    東京銀座毎年、坪単価が日本一高いと話題になる場所にあるのが、名店鳩居堂。日本のお香、和紙、筆、などの日本の伝統的ないわゆる文房具がそろう鳩居堂。銀座の本店よりも敷居は低く揃っている商品も高級なものから、手に入れやすいものまで、日本の文具ならコチラ!

    • おすすめお土産なのが、お香「空の木」(いわゆるスカイツリーソラマチ限定)さわやかな香りに、気分リフレッシュ!

    • 小さい和紙でできた箱もかわいい!おとぼけ顔の恵比寿様、大黒様、そして、縁起の良い達磨。遊び心も満載!これ買っちゃいました!

  8. おみやげオススメ!話のネタにも!あの人気お菓子が焼き立てで食べられる?!「FUJIYA Sweetoven」

    東京下町シュークリーム スイートオーブン 東京ソラマチ店

    http://www.tokyo-solamachi.jp/shop/99/

    あの人気のおやつが?!窯出し?!ってことで、焼き立てほやほやのカントリーマアムが食べられる数少ない店舗。外はサクサクで、中はしっとり。普通のカントリーマアムよりもチョコがちょこっと多めな感じ!いつものあの味と食べ比べてみよう!違いが分かるはずっ!

    • みんなも興味深々っ!あと、ココ限定の「スカイツリーシュー」も人気です!とにかく、ソラマチは、質のよい限定商品が多くお財布の紐緩みがちっ!!どれもこれも欲しくなっちゃうけれど、お安めで、話のネタにもなる、「窯出しカントリーマアム」はおみやげに最適っ!

  9. 今日のゴールは、「東京スカイツリー」昼と夜と表情が変わりゆくスカイツリーで解散っ!

    東京スカイツリー (TOKYO SKYTREE)

    http://www.tokyo-skytree.jp/

    夕日にあたるスカイツリーは、なつかしの東京タワー?!そして、季節によって変わるライティングは17時から。下町天然温泉にはいりながら、見たあのスカイツリーは忘れられないなあ〜。温泉あり、観光あり、珍しいフクロウとも出会える、昭和と平成を感じる温泉デートコース、東京ポコの中でもオススメ中のオススメですっ!

今回のコースマップ

ページトップへ