「いま海外いまーす!」SNSのドッキリネタ探し。異国情緒溢れる横浜のグルメ&建物を巡る女子旅コース

「いま海外いまーす!」SNSのドッキリネタ探し。異国情緒溢れる横浜のグルメ&建物を巡る女子旅コース

金曜日の遅い時間まで会社にいたのに週末いきなり海外!?SNSで友達をドッキリさせるネタ(画像)をアップするために異国情緒たっぷりの横浜を巡る女子旅コースです。「ホノルルコーヒー」でハワイ旅行、「横浜市開港記念会館」のステンドガラスでパリ旅行、本格中国茶と飲茶の「中国茶房 悠香房」や「横浜大世界」、「QQ屋台」で中国旅行。そして最後は横浜マリンタワーで「実は横浜でした~」と種明かし(笑)。異国情緒たっぷりな横浜ならではのフォトスポットを巡る女子旅コースです。

朝からスタート

からスタート

【10:50】まさにデザイナーズステーション「みなとみらい駅」

【10:50】まさにデザイナーズステーション「みなとみらい駅」
みなとみらい駅

アーチ状の高い天井やむき出しになったカラフルなパイプなど近代的なデザイナーズステーション、みなとみらい駅からスタート。

横浜へのおでかけなら、東横線往復+みなとみらい線全線が一日乗り放題のみなとみらいチケットが便利です。今日はこのチケットを使って、横浜ショートトリップへ出発だ~。 →http://bit.ly/1saCGAW

【11:00】駅直結の「MARK IS」にあるホノルルコーヒーでハワイ気分でブランチしましょう

【11:00】駅直結の「MARK IS」にあるホノルルコーヒーでハワイ気分でブランチしましょう
ホノルルコーヒー
http://honolulucoffee.co.jp/

ホノルルコーヒーは、ハワイのモアナサーフライダーにあるコナコーヒーの専門店。国内に現在19店舗出店しています(2014年11月時点)。店舗毎にコンセプトが異なり、それぞれ内観が違っているのがユニーク。みなとみらい店は「MARK IS」4Fにあります。 ※営業時間など詳細はURLからご確認ください

「ハワイの風を感じるように」と店舗共通の籐で出来た大きなファンがとっても涼しげ。家具もハワイの雰囲気を感じてもらえるようヴィンテージな家具を配したダークウッド&グリーンの空間になっています。

まずオーダーしたのは、ハワイのおいしい朝食「アサイーボウル」(900円税込)。栄養価の高さで知られるスーパーフルーツ、アサイーとイチゴをシャーベットにして、器からはみ出さんばかりのバナナとグラノーラをトッピング。自然の甘みを感じる~!

続いてハワイといえば外せないのがパンケーキ! 珍しくてオーダーしてみたのが「コナコーヒークリームパンケーキ」(900円税込)。コナコーヒーといえば、世界最高峰のコーヒー。コナコーヒーをふんだんに使ったクリームはきめ細かく、甘さ控えめでパンケーキの優しい甘さが合う!! クリームの下にはなんとバニラアイスクリームが隠れてます(笑)

「マガダミアナッツクリームパンケーキ」(1,050円税込)はお店でも一番人気のパンケーキだそう。大きめのパンケーキ3枚が見えないくらいたっぷりのマカダミアナッツクリーム。ハワイから直輸入しているマカダミアナッツをふんだんに使った、真っ白なふわとろクリームはとってもクリーミー。パンケーキはハワイのトラディショナルな薄焼きながら、もっちりとした食感の生地でクリームとの相性は最高。気分はすっかりハワイアン。

ハワイのお土産でコナコーヒーをもらったときの驚きは今でも覚えています。豊かで甘いフレーバーとすっきりした味わいホッとひと息。日本で気軽にコナコーヒーが味わえる、ゆったりした時間を満喫できました。「マカダミアナッツフレーバーコーヒー」(Mサイズ370円、Lサイズ420円ともに税込)

【11:20】みなとみらいチケットをフル活用!ヨーロッパ気分が味わえる「日本大通り駅 1番出口」へ。

【11:20】みなとみらいチケットをフル活用!ヨーロッパ気分が味わえる「日本大通り駅 1番出口」へ。
日本大通り駅

みなとみらい線で二駅の「日本大通り駅」へ移動。駅の1番出口を出るといきなりヨーロッパ気分を味わえる「神奈川県庁」や「横浜市開港記念会館」など塔のあるハイカラ建築が見えます。気分はまるでヨーロッパ。

【11:30】赤レンガを基調とした大正生まれの技あり建築「横浜市開港記念会館」

【11:30】赤レンガを基調とした大正生まれの技あり建築「横浜市開港記念会館」
横浜市開港記念会館
http://www.city.yokohama.lg.jp/naka/kaikou/

駅出口からすぐの場所に凛とした姿で佇む「横浜市開港記念会館」は、大正6年に建造された公会堂。時計塔は「ジャック」の愛称で知られ、今も定時になると鐘の音を響かせています。関東大震災で塔や内部は被災したものの、構造自体は建設当時のまま残り、横浜の開港の歴史を今に伝えています。国の重要文化財ながら、市民に愛される公会堂として今なお現役活躍中。 ※開館時間など詳細はURLからご確認ください

講堂2階にある大きなステンドグラス。幕末の旅の様子が描かれています。横浜の地名は、横に浜が広がっていた地形に由来するそうですが、当時は小さな村で交通の便が悪かったそう。渡し船でやってくる姿や、外国人が籠で旅する様子が描かれています。数年前に保存のため洗浄されたそうですが、一枚だけ80年前のままで残されたステンドグラスがあります。作品の美しさはもちろん、そんな歴史の欠片を探してみるのも楽しいですね。

こちらは階段の壁面にある作品。ペリーが来航した際に載っていた蒸気船「ポーハタン号」を描いたステンドグラス。その大きさにびっくり! この作品は80年前の姿のままだそうです。船から立ち上る煙の表現に思わず魅入ってしまいます。さまざまな色彩が織りなすステンドグラスの表情を楽しむには日差しが差し込む午前中~午後早めの訪問がオススメです。

特別室は、縁起のよい八角形の部屋。関東大震災で崩れ、当時の設計図が見つかるまで復旧することのなかったドームの下にある部屋です。美しい日差しが入るこの部屋は今でも横浜市の重要な会議や音楽のプロモーションビデオなどで使われているそうです。

【12:30】続いてヨーロッパの街並みがそのまま現れたような「横浜貿易協会」をパシャリ

【12:30】続いてヨーロッパの街並みがそのまま現れたような「横浜貿易協会」をパシャリ
横浜貿易協会
http://www.yfta.jp/

横浜市開港記念館から出て、大さん橋方面に歩くこと5分。もうひとつヨーロッパテイストが感じられる建物「横浜貿易協会」へ。港町・横浜で盛んだったのが貿易。開港当時、日本の製品や美術品は二束三文で取引されていたそうで、外国商人との取引を正常化するために日本の貿易商が協会を設立したそうです。外観はデンマーク料理店のサインとスクラッチタイルの外壁で、ヨーロッパの街角そのもの。これは「海外にいまーす」と投稿してもわからないフォトスポット!

横浜貿易協会のビルの角のところに人魚姫が!!!デンマークのアンデルセンの童話にでてきる人魚姫。ヨーロッパの雰囲気が漂いますね。

【13:00】中国街の喧噪から少し離れた本格中国茶と飲茶が絶品の「中国茶房 悠香房」でランチ

【13:00】中国街の喧噪から少し離れた本格中国茶と飲茶が絶品の「中国茶房 悠香房」でランチ
中国茶房 悠香房
http://www.yuukabou.com/

横浜貿易協会から元町・中華街の玄武門を目指して歩くこと8分。本格中国茶が味わえる「中国茶房 悠香房」で本日のランチ決定。 ※営業時間など詳細はURLからご確認ください

中華街に来たら飲茶が食べたい!美味しい中国茶も飲みたい! そんなよくばり女子たちを満足させてくれるお店がここ。ランチセットのお茶がなんと5種類から選べるなんて、お茶専門店ならでは。蓋碗という茶器で、お湯を注いだあとに蓋をして茶葉を蒸らし、蓋をちょこっとずらしてお茶をいただきます。

ランチタイムは12:00~13:30。2種類のランチプレートがあります。 こちらは「飲茶ランチ」(800円税込) 水餃子と蒸篭には、もち米焼売、海老蒸餃子、海老しいたけ焼売、フカヒレ入り蒸餃子とバラエティー豊かな味が楽します。

こちらは「福建炒飯プレート」(800円税込)。 五目あんかけ炒飯、小鉢、とろとろマンゴープリンのセット。しっかりと味が染み込んだあんかけごはんがおいしい。きくらげ、インゲン、ニンジンなどのお野菜がトッピングされてて、優しい味が口いっぱいに広がる。この日の小鉢は焼売でした。ちょっとずつおいしいものを食べたい女ゴコロを掴む満足ランチです。

【14:30】フォトジェニックな仕掛けが盛りだくさん!エンタメワールド「横浜大世界」

【14:30】フォトジェニックな仕掛けが盛りだくさん!エンタメワールド「横浜大世界」
横浜大世界
http://www.daska.jp/

中華街でひときわ存在感を放つ「横浜大世界」。調べてみると、「トリックアート・ミュージアム」を中心にお土産、フードコート、占い、足つぼ顔つぼ、フィッシュスパ、衣装レンタルなどなんだか盛りだくさんなところみたい。面白そうな投稿ネタがたくさんありそうだよね!と盛り上がり、初訪問! ※営業時間など詳細はURLからご確認ください

入口からしてこの雰囲気!まるで「千と千尋の神隠し」のモデルとも言われている台湾の九份みたい。期待が高まるわ~。女子会の私たちがまず向かったのは、気になるコーナーNO1のここ! ↓ ↓ ↓

そう、占いです。見てもらったのは、横浜大世界2Fにある「占い えがおの神様」のマロン先生。ここの特徴は明朗会計なこと。手相が1,000円など女性でも安心!おすすめの「しあわせ占い」(手相またはタロット+生年月日)でお願いしてみました!(30分3,000円)。手相は左手が持って生まれた運勢、右手が現在と未来の運勢を現すそうです。初めてだから緊張しつつ、気になっていた悩みが解決してかなりすっきり! 女性同士での来店も多いそうですよ。

そのあとはトリックアート・ミュージアムへ。なんと予想を超えるスケールで建物の4フロアにわたって、錯覚&錯視を利用して楽しめるトリックアートが展開! 目が追ってくる肖像画や、見る角度によって足の長さが変わる女性の絵、入ると立ち位置で1人は巨人に、1人は小人にみえる「エイムズの部屋」など、カップルはもちろん、子どもが喜びそう。これは「トリックホール」といって一見ただの通路に見えるんだけど、入って歩くとびっくり! 平衡感覚が無くなってしまう仕掛けが。あ~クラクラした!

【16:00】寒い季節でも食べたい!ふわふわのカキ氷「QQ屋台屋」

【16:00】寒い季節でも食べたい!ふわふわのカキ氷「QQ屋台屋」
QQ屋台屋

あんまりきゃあきゃあ言ってたから、喉が渇いちゃった! ということで横浜大世界を出てまっすぐ歩いた左手にある、台湾かき氷のお店「QQ屋台店」へ。ここは一年中、かき氷が食べられます。冬にかき氷ってなかなか想像つかないかもしれませんが、この溶けるようなふわふわの食感を一度体験したら「冬もアリ!」と思うはず!中華街に出店して15年というこちらは、日本に初めてタピオカを紹介したお店としても有名です。 ■QQ屋台屋 11:00~20:00(土曜は~21:00) TEL:045-663-0501 不定休

一番人気の「フレッシュマンゴー」(600円税込)。なんと1年中フレッシュマンゴーを使用しているそうで、ぷるぷるの大振りカットのマンゴーが贅沢にトッピング。おいしい~。そして優しい食感の秘密は、氷を作るときに天然水に牛乳を加えるのだそう。ふたりでシェアすればあっという間に完食! ちなみに店長さんのおすすめは「ダブルチョコレート」(600円税込)これもカカオから仕込んだこだわりのフレーバーとのこと。2個いけそうならぜひトライしてみてください。

【17:00】山下公園をのんびりお散歩中、エキゾチックなインド水塔を発見。

【17:00】山下公園をのんびりお散歩中、エキゾチックなインド水塔を発見。
インド水塔
http://www.city.yokohama.lg.jp/kankyo/park/yokohama/kouen008.html

お腹も満たされて、山下公園をのんびりお散歩。波打ち際の道にはベンチがたくさんあり、誰もが思い思いの時間を楽しんで居る場所。歩いていると、なんだかアジアンなモニュメントを発見。「インド水塔」といって、関東大震災で大きな被害を受けた際に救援を受けたインド人団体から贈られたものだそうです。山下公園はもともと海だった場所で、関東大震災で発生した大量のがれきを処理するために整備された公園だということ。思いがけない発見がここにも!

内部は水飲み場になっているけど、水は出ていません。天井にはモスクを思わせる美しいデザインが施されています。開港後、この街に多くの外国人がやってきて居住した歴史を感じます。

【18:00】港との距離が近く迫力の夜景を360°一望できる「横浜マリンタワー」

【18:00】港との距離が近く迫力の夜景を360°一望できる「横浜マリンタワー」
横浜マリンタワー
http://marinetower.jp/

横浜ショートトリップの旅もいよいよフィナーレ。そろそろここが横浜というネタバレをしましょうか。横浜マリンタワーは、もともとは灯台として、2009年にリニューアルオープンし横浜のシンボルとして親しまれています。展望フロアへは750円(大人料金)で登ることができます。夜はエレベーターのBGMがクレイジーケンバンドの楽曲だったりします。なんと横山剣さんは、横浜マリンタワー名誉館長なんだそう。 ※営業時間など詳細はURLからご確認ください

横浜マリンタワーの展望フロアの高さは94m。地上からの距離が絶妙な近さで、夜景の迫力はこのとおり。みなとみらいエリアだけでなく、360°景色を楽しむことができます。晴天時にはなんと東京タワーやスカイツリーも見えます。*11/21~2015/2/28まで「横浜マリンタワーウィンターイルミネーション 2014」を開催中。11/21~12/31の期間は、山手のアメリカ山公園のイルミネーションが展望フロアの眼下に広がります。

横浜のシンボルとして横浜の歴史を見守り続けてきた横浜マリンタワーを、ラストショットとして撮影。「あ、横浜だ~!」と早速コメントがつきました(笑)

【19:00】SNSの友達からのリアクションも上々(笑)「元町・中華街駅」にてゴール。

【19:00】SNSの友達からのリアクションも上々(笑)「元町・中華街駅」にてゴール。
元町・中華街駅

ハワイに始まり、ヨーロッパ、中国、そして横浜。異国情緒漂う横浜を巡る女子旅コースに一同大満足。世界旅行でもしたかのような心地よい疲労感とともに「元町・中華街駅」へ向かいました。 いかがでしたでしょうか?横浜のフォトジェニックなスポットを旅するクリスマス女子旅コース。ぜひご参考にしてくださいね! ※店舗、価格等はすべて、2014年11月30日現在の情報になります。

東急電鉄
東横線で、一直線。いつもの駅から旅にでる。東横線と副都心線の相互直通により、東京の向こう側の街もあっという間。だから、ふらっと出かけてみない?これまで知らなかった景色や魅力的なスポットが待つあの街へ!
Page Top