デカケル.jp

東京観光コースが集まるサイト

現在の登録コース

991 コース!

【本郷三丁目】親子3代で楽しめる♪歴史ある街、本郷で老舗をめぐる癒しの時間コース

都心で江戸時代にタイムスリップ!?創業350年!金魚卸で有名な「金魚坂」で金魚すくい。これからの季節がベスト!歴史ある「東京大学本郷キャンパス」散策→老舗洋菓子店「近江屋洋菓子店 本郷店」→「金魚坂」→「ムーミン ベーカリー&カフェ ラクーア店」を巡ります。地元でも知る人ぞ知る、「裏」の楽しみ方をご紹介します。

昼からスタート!

  1. 地下鉄「本郷三丁目駅」5番出口スタート!

    本郷三丁目駅

    丸の内線と大江戸線が乗り入れる、本郷三丁目駅5番出口スタート! 実際は、4番出口が近いのですが、エレベーターがあるのはこちらなので、ベビーカー等階段での移動が難しい方はこちらから♪

  2. 「東京大学 本郷キャンパス」を散策♪

    東京大学 本郷キャンパス

    http://www.u-tokyo.ac.jp/index_j.html

    本郷三丁目駅を背に北に進むと、キャンパスへつながる「春日門」その後「龍岡門」がみえてきます。今回は「龍岡門」よりキャンパス構内へ。必要なら、東京大学のシンボル、銀杏デザインLAWSONで水分補給できるドリンクなど購入!

    • まずは、夏目漱石の小説「三四郎」以来、「三四郎池」として親しまれている池を目指しましょう!思いがけない場所にあるので、道に迷ったら通りすがりの学生さんを呼びとめて、聞いてみたらきっと優しくガイドしてくれる(はず、、、)ので安心です♪

    • 池にはたくさんの鯉、とてもりっぱで大きいのでずっと見ていると吸い込まれそう!お孫さんと一緒にいるご年配の方も多く、やはり年代問わず楽しめる場所、と実感!

    • 大学のシンボルである安田講堂へ向かう小道。構内どこをとっても絵になる風景。このあたりで、わが子は「どこで遊ぶの?」と遊具を求めていましたが、「よーい、どん!」と広いスペースを存分に活用し「かけっこ」していました!(注:自転車も多く通るので、もちろん注意が必要です!)

    • 安田講堂前の小さな丘の木にわが子は一目ぼれ。「登っていい?」ひきとめるのが大変なくらい、構内は子どもにも魅力的なスポットが多くあるので、自分のお気に入りを見つけるのも楽しいかも。このあたりで、子どもはエネルギーが切れてきます、、、。イチョウ並木を抜けて正門に向かって歩き、本日はこの辺で散策終了!!

  3. 「近江屋洋菓子店 本郷店」でひと休み♪

    近江屋洋菓子店 本郷店

    http://www.ohmiyayougashiten.co.jp/

    創業120年の老舗洋菓子店で、ひと休み♪一見、敷居が高そうにみえますが、ガラス戸をあけて店内のカフェスペースでゆっくりくつろぎましょう。

    • 懐かしい香りがする店内、こんな風にレトロな洋菓子が並べられていると、本当に迷ってしまいます。

    • カフェスペースでは、「ドリンクバー、大人:540円(税込)、子供(5歳以下):270円(税込)」にてドリンク飲み放題が楽しめます。写真は、奥より、野菜スープ、桃とマンゴーのジュース、ホットチョコレート。子どもにチョイスを任せたら、「エクレア」と「栗のモンブラン」に。店員さんのお薦めは、「アップルパイ」、お土産にダントツ人気は、「フルーツポンチ」だそうです!

    • 店内は、天井がとても高いせいか「開放的」、子どもと入るとあまりの気持ちのいい静寂さに、少し心配になりますが、店員のお姉さまたちは笑顔で見守っていてくれるので安心です。ファミリーだとセルフサービスの気軽さもさることながら、つい長居してしまう落ち着いた空間を堪能できるはず!

  4. 本番はここから!!!「金魚坂」で夏の名残りを思う存分楽しもう♪

    創業350年!!!金魚、錦鯉の卸問屋の商いは、現在の女将さんで7代目だそう。お店には、たくさんの金魚でいっぱい!!!年齢問わず、童心に帰れる場所、ありました!!閑静な住宅街に潜むスポット!でついつい長居をしてしまいそう。

    • 「金魚とったぁ!!!」と甲高い声につられ、子供たちは金魚すくいから♪夏に悔しい思いをしたあなたも、ここで癒されます♪

    • 「金魚すくい」優しい店員のお兄さんにコツを伝授してもらい、「ポイ8枚 1000円」を投資! 結果、、、はどうであれポイの数と同数の金魚をお持ち帰りできました。店員さんのホスピタリティに感謝☆

    • レストランに続く坂道には、釣り掘りも。親子で競争?仲良く一緒に遊べる場所です♪

    • こちらにはたくさんの金魚たち!!興奮してして思わずのぞき込むわが子、、、水槽に落ちないか要注意です!忙しいながらもわからないことを聞くと、丁寧に教えてくれた店員のお兄さん、ありがとうございました♪ http://ameblo.jp/kingyozaka/こちらのブログでは、金魚坂の最新金魚情報がゲットできます!

  5. 「ムーミン ベーカリー&カフェ ラクーア店」でテイクアウト

    ムーミンベーカリー&カフェ 東京ドームシティ・ラクーア店

    http://www.benelic.com/moomin_cafe/

    たくさん歩いた後は、、、そう休憩♪でわが子が選んだのは、いつも行列ができている「ムーミン ベーカリー&カフェ」この日も行列で店内でのイートインは諦めて、「ご褒美」というなのグッズを買うことになりました、、、。 ムーミンの故郷「フィンランド」の家庭料理、お店で焼いている自家製パンは食べ放題だそうなので、ぜひ次は訪れたい!! ムーミンシリーズ本第1作が生まれてからもうすぐ70年を迎えるだけあって、こちらも親子3代で楽しめそう!

    • 奥がベーカリーになっているこの空間は、本当にムーミンファンにはたまらないだろう、、、♪と実感!季節のせいか来年のダイアリーがぎっしり並べられていて、ついつい目うつり、、、と娘に怒られる。観光地なせいか、外国人のお客さまも多く見かけました♪

    • 「まだ明るいからもっとお散歩しようよ」と、真っ青な空を見上げていったわが子のひとこと、、、。 ラクーア内を少し探索して今日は帰りましょう!お疲れさまでした☆

今回のコースマップ

ページトップへ