デカケル.jp

東京観光コースが集まるサイト

現在の登録コース

991 コース!

ボルダリング男子の仕事終わりのストレス発散コース。腕がパンパンになるまでストイックに攻め続けます!

毎日ストイックライフを送っているラン旅です。今回は田町駅から麻布にあるボルダリングジム「麻布ボルダリングジム」へ仕事終わりにストイック→銭湯「竹の湯」でサウナでストイック→最後はやきとんの名店「あべちゃん」でストイックに乾杯っ!麻布の夜をストイックに攻めまくりま〜す。

夜からスタート!

  1. 仕事終わりのストイックコースのスタート「田町駅 西口」

    田町駅

    田町駅の西口エリアは、慶應義塾大学の三田キャンパスや森永製菓本社があり、桜田通りからの東京タワーは絶景です。

    • 桜田通りの三田三丁目交差点から見える東京タワー。暖色系にライトアップされた東京タワーはいつ見ても癒されます。

  2. 麻布の地下に巨大なボルダリングフィールドが!「麻布ボルダリングジム」

    麻布ボルダリングジム

    http://www.azabu-b2.com/

    かなりわかりにくいところに麻布ボルダリングジムがあります。 根気よく探してください。壁面積・約350㎡、フロア総面積・約500㎡、3D複合壁・トップアウトウォールと麻布の地下にボルダリング天国があります。 ▼利用料金(税込) 一般の場合の初回登録料=1,500円 一般の場合の次回からの利用料=2,000円(21時以降は1,500円) ▼営業時間 平日=12:00~23:00 土・日・祝=10:00~23:00 詳しくはhttp://www.azabu-b2.com/まで

    • 初めての利用でしたので、まずはiPadで5分間の簡単なレクチャーを受けます。専門用語を分かりやすい教えてくれます。 トップアウトウォールという初めて聞く用語があったんですが、壁の上まで登れる壁のことで、多くのジムではトップアウトできな場合が多いですが、ここ麻布ボルダリングジムではありますっ!楽しみ!

    • 広々とした更衣室。

    • 更衣室から出てジムに入るとかなり広いフィールドに圧倒されます。まずはストレッチ!2階にストレッチできるスペースがあります。ボルダリングは全身運動なので、手や足腰はもちろん、首もしっかり柔軟しておきます。 2階には右手前の壁裏にある階段から上がれます。

    • 手が滑らないようにするチョークですが、麻布ボルダリングジムで使われているのは液体のチョーク。液体チョーク(通称液チョー)は、主に粉チョークとエタノールとロジン(松ヤニ)を混ぜたもので、岩やホールドを汚しづらいロジンフリーのものもあります。 粉チョークと違って宙に舞いづらいのでジムによっては液体チョーク以外は禁止というところもあります。 液チョーをつけて、まずはジムに入って左側にある初心者コースで準備運動~。

    • ジムの天井から吊るされているオブジェがあったり、ライティングされている壁があったりと、スタッフのみなさんがボルダリングを楽しめる空間作りを追及してます。

    • 1時間ほどボルダリングにチャレンジし続けて腕がパンパンになってきたところで別種目に挑戦! その名もスピードクライミングです。スピードクライミング専用のハーネス(安全確保のために使うベルト)を履いて、そのハーネスとスピードクライミング用ロープの端に付けられたカラビナを結びます。 ゴールした後はロープ1本で降りてくるのでハーネスはしっかり自分のサイズにピッタリあった状態で履いておきます。

    • 上部に取り付けられたオートビレイ(自動安全確保)機に多少ひっぱられてる感があるからか、ホールドがガバ(しっかり握りこめる持ちやすいホールド)だからか、スピードクライミングは通常のボルダリングよりも登り易くて気持ちいです。 スタートボタンが付いているホールドを押してスタート。ゴールホールドもボルトがタッチセンサーになっていて、ホントは握らなくてもタッチできればいいみたいです。 さて、いよいよチャレンジですが、麻布ボルダリングジムの記録保持者は女性だそうです。しかも2秒を切っているそうです。 記録更新になんどもチャレンジするストイックな相方ですw 結果は・・・更新ならず。。。2秒の壁はかなりでかい。。。 降りるときはロープにカラダを委ね降りますがレスキュー隊になった気分になり気持ちイイ!

    • イギリスのベン・ムーン(Ben Moon) が考案したトレーニングボード「ムーンボード」。通常のホールドより小さいホールドで、横と縦の組み合わせで何パターンもトレーニング方法があります。果敢にチャレンジする相方ですが、ここまできたら変態です。。。w ムーンボードの課題はWebサイトで公開されていて、随時更新されています。 ムーンボード用ホールドセットもここで買えます。 http://www.moonclimbing.com/moonboard/page.php

    • 呼吸は乱れていないのに、全然汗かいていないのに、腕がパンパンになり戦意喪失。。。この無力感がボルダリングにはまるきっかけです。手についたチョークを洗い流します。ここのジムはここで足洗いもOKです。

  3. サウナでさらにストイックに攻める!「麻布黒美水温泉 竹の湯」

    麻布黒美水温泉 竹の湯

    パンパンの腕に戦意喪失した我々ですが、さらにストイックに追い込むために麻布にある銭湯「麻布黒美水温泉 竹の湯」へ。麻布ボルダリングジムから竹の湯への道のりは麻布の下町を楽しんでください。 ▼入浴 大人(中学生以上) 460円 サウナ(入浴料込み) 900円 *2時間まで ▼定休日 月曜日・金曜日

    • 黒美水温泉というのは、大昔の海底の泥や火山灰などが地下水に溶け出した温泉だそうです。しかし、完全に水に溶けているため、カラダが汚れることはないという不思議温泉です。サウナでストイックにカラダを攻めます。 サウナでの会話は「ボルダリング女子」について。今日も2組のボルダリング女子がいて、かなり可愛い。黙々と登っていたと思いきや、頭の中は女子だらけw

  4. 食事も妥協しないのがボルダリング男子。「あべちゃん 別館」

    あべちゃん 別館

    ボルダリング&サウナで大満足なストイックライフを送った後は、麻布十番にあるやきとんの名店「あべちゃん」へ。本店に行きたかったのですが、22時までなので別館をチョイス。変わらぬ味で楽しめます。

    • 握力が。。。 腕がパンパンになり生ビールをうまくもてない・・・

    • はくさいマン(460円) 生のはくさいのサラダですが、お金がなかった大学時代によく食べていたはくさいが!!!キャベツと異なる食感は病み付きになります。

    • 血行をよくするオニオンスライス(460円)。ストイック男子はメニューにもこだわりますw

    • 名物牛モツ煮込み(570円)。長時間煮込まれた牛モツは柔らか〜い。

    • 秘伝のたれが旨い!いつもは塩で食べますが、あべちゃんにきたらタレがおすすめ!

    • 築地にある玉子焼専門店 「松露(しょうろ)」さんの厚揚玉子(460円)。これはオススメ。

  5. 以上、仕事終わりのストイックコース終了〜。「麻布十番駅」

    麻布十番駅

    よく動き、よく汗を流し、よく食べ、よく飲んだ仕事終わりのボルダリング男子によるストイックコースいかがでしたでしょうか?ストレス発散にぜひおすすめです。

今回のコースマップ

ページトップへ