デカケル.jp

東京観光コースが集まるサイト

現在の登録コース

1014 コース!

築地カレーランチはこれで決定!大正元年創業のカレー専門店「中栄」とほっと一息「米本珈琲店」のランチコース。

カレーライスも築地で食べればきっと違う味!大正元年創業の印度カレー専門店「中栄」からほっと一息、築地のオアシス「米本珈琲店」というランチコースです。

昼からスタート!

  1. 築地市場駅からスタート!

    築地市場駅

    築地のカレーはきっとひと味違うはず!を検証すべくわざわざ来ました!「築地市場駅」

  2. コの字カウンターの大正元年創業のカレー専門店「中栄」

    インドカレー 中栄

    http://www.nakaei.com/index.html

    築地場内にあるカレーの専門店「中栄」。大正元年創業以来、“手作り”にこだわるお店だ。タマネギの皮むきから最後の仕上げに至るまで・・・・・過程がホームページで公開されてます。この過程は見ているだけで生唾ごっくん! ↓ http://www.nakaei.com/kodawari/index.html

    • いつも思うのがこのキャラクターのクオリティの高さ。

    • 種類は、程よい辛さの印度カレーとやや甘口のビーフカレー、トマトの酸味が懐かしい昭和のハヤシライスの3つ。どれも食べたい!そんなときにおすすめなのが、3つから2つを選べる、”合がけ”(650円)です。

    • 整理整頓された店内は100年の歴史があるもののすごく清潔です。

    • カウンターのメニュー表の裏には、キャベツの召し上がり方と書かれている。中栄のキャベツの食べ方はルーと絡めて食べるらしい。そして、玉子入りみそ汁というなんとも魅力的なオプションもあった。

    • 来ました!合がけ。左が印度カレー。

    • 右側がトマトの酸味が懐かしい昭和のハヤシライス。

    • ちなみに相方は炙りチャーシューカレー(900円)。肩ロースとバラ肉をさくっと炙ってトッピングしている。。。くぅ〜そっちもいいな〜。

  3. カレーの余韻を楽しむ「米本珈琲新店」

    米本珈琲

    人通りの激しい築地を珈琲を飲みながら小休憩。時間のない築地の職人たちの珈琲タイムを長年支えている米本珈琲の新店。

    • やっぱりカレーの後は、甘ーーーいものに決定ですね〜。

今回のコースマップ

ページトップへ