デカケル.jp

東京観光コースが集まるサイト

現在の登録コース

1010 コース!

華やかOLが、ちょっぴり大胆になるほどおいしく酔える【京橋】デート

金曜日『今日は飲むぞ!覚悟してこいよ』と、彼からのメール。 そんなに飲むの?ということは、今日はお泊り?急に言われても… と困惑しつつも、ワクワク。楽しみ! 明日は休みだし、長いこと一緒にいられるかな♪ 仕事早く片付けて、彼の働く”京橋”へいざ出発!!

夜からスタート!

  1. 京橋の”角打ち”といえば、【枡久】

    桝久

    待ち合わせのお店が送られてきた! 何なに? 『まずは、角打ち。枡久へ。』 角打ち…?と思いながら、お店へ向かう。 入ってみると、既に彼がひとりで立ち飲み!! ちょっと!なんで先に始めているのよ~!!

    • 立ち飲みのお店って初めて来たかも!と、はしゃぐ私に 立ち飲みのことを角打ちっていうんだよ、と彼。 へぇ~そうなんだ!と感心する私を見て、ちょっと誇らしげ(笑) 子どもっぽいなぁと思うけど、そんな一面も愛しい。

    • それにしても、立ち飲みってなんとなく疲れたサラリーマンのグチ大会!! みたいなイメージだったけど、このお店は紳士なお客様ばかり。 なんだか上品で、立ち飲み姿も決まってる! さすがは京橋! えっ、もう移動??

  2. 昭和の香りが漂う、焼鳥専門店【伊勢庵】

    次は、焼鳥屋さんだよと、移動しながらお店の写真を見せてくれた。 おいしそう! 早く食べたいな~♪

    • 想像していた焼鳥屋さんと違う! ここも、枡久と同じで上品ムード。 大正十年創業の老舗店なんだって!! なんだか敷居が高そう・・・?

    • なーんて心配していたけど、大丈夫! だって、こんなにユーモアで可愛らしい看板があるくらいだもん!(笑)

    • カウンター席に通される。 隣同士ってさ、なんだかちょっと照れくさいよね。 お酒を飲みながら、横顔を眺めていると… 腕にくっつきたくなっちゃうよー! 私もう、ちょっと酔っ払ってるみたい。

    • 彼が頼んでくれた、焼鳥7本コース(4725円) 笹身、肝、砂肝、葱巻、団子、もも肉、特製鶏スープに、もろきゅう、有機無農薬野菜。 最初に出てきたのは、笹身! わさびが、たーっぷり! 辛くない…?と恐る恐る食べるも、おいしい! 淡白な笹身の味がぴりっと引き締まって、おいしい!!

    • いやぁ、こんなにおいしいお肉を前にすると、お酒が進むねぇ♪ 普段はあんまり飲まないんだけど、彼に付き合って日本酒を注文。 利き酒セットなんて、シャレてるね!ということで、真澄・鶴齢・臥龍梅を飲み比べ。 うーん…大人の味がするよ~ それにしても彼の日本酒ぐびぐび飲めちゃう姿、オトコらしいなぁ。 こういうところ、ちょっときゅんとくる。

    • 酔っぱらいモードの私をからかって、どんどん飲ませようとする彼。 その雰囲気で飲んでたら、楽しく酔ってきた。 今日はこのまま一緒にいたいなぁ、なんて思ってきちゃって こんなに酔わせるなんて、ちゃんと責任とってよね!と、言ってみる。 「あっ、肝がきた!うまそー」って、話そらさないでよ!!

    • ごまかされて、不服な私。 ちょっと黙っていたら、 「なんか怒ってる?野菜あげるから、機嫌直しな」だって。 自分が野菜嫌いだから押し付けてるだけじゃない! あ、でも、このお野菜すごくおいしいよ。 ねぇ、食べてみなよ!!

    • 彼とはしゃいでいたら、カウンターの中の職人さんと目が合ってニッコリされた。 うるさくして、ごめんなさい。 そして、優しく見守ってくださってありがとうございます! すっごく、あったかい雰囲気のお店だねぇ。 初めてでも入りやすいし、居心地も良いし、何よりおいしい!

    • 団子と一緒に出てきたのは、「チキナー」だって。 お手元・お口元をきれいなままで食べられる焼鳥用のフォーク! 私も初めて使ったけど、彼の不器用さには笑っちゃった。 代わりにお肉をとってあげたら、”あーん”をする形に! 普段なら断る彼なのに、素直に受け入れるってことは、もしかして彼も酔っ払ってる?

  3. お酒でほてった体で夜の街を散歩しながら、向かうは【東京駅】

    東京駅

    そろそろ行こうか、と言われ、お店を出て東京駅に向かう。 八重洲口のグランフールに東京大丸の景色。 二人黙って歩く夜の街は、素敵だね。 バイバイするのが寂しくて、手をひかれながら少しだけ彼の後ろを歩く。 ”もう少し一緒にいたい”って甘えてみても良いかなぁ。 女の子は、強引に連れ去ってほしい日もあるんだよ。

    • 【著者プロフィール】下村さき 1987年生まれ、早稲田大学法学部卒。 地方銀行に就職の後、学生時代から行っていた芸能活動を本格化させる。 2012年より恋愛エッセイの執筆活動をスタート。 男性が好む“ムリめ美女”たちの生態を研究、現場の声を募り、世の男性に向けて発信している。 また、OL生活の合間にネットショップ広告やイベントレポートなども手がける。 OFFICE SHIONAGI 〜HEARTLAND Inc〜所属。 男性向け恋愛ワークショップ、イベントサポートなども開催している。 電子書籍「彼女が別れを決意する恋愛NGアクション http://www.amazon.co.jp/dp/B00IYI05HI ブログ http://ameblo.jp/saki-0813/

今回のコースマップ

ページトップへ