築地食べ歩きランチ!汐留で働きたくなるっ。汐留サラリーマンのうらやましすぎる満腹食べ歩きランチコース。

築地食べ歩きランチ!汐留で働きたくなるっ。汐留サラリーマンのうらやましすぎる満腹食べ歩きランチコース。

築地は魚だけじゃない。本日のランチは魚以外の食材を求めて築地へGo〜。メニューは中華そばのみ。チャーシューの量がはんぱない「井上」と汗が止まるまで小休憩の「米本珈琲」そして、まぐろのアイスもなかの「さのきや」という満腹ランチコースだ。どうだ汐留で働きたくなっただろぅ〜。

昼からスタート

からスタート

食の街、築地の最寄り駅、築地市場駅

食の街、築地の最寄り駅、築地市場駅
築地市場駅

かなり深〜く掘られた大江戸線から築地市場駅の地上に出る。よし食べるぞ〜!!!午後は仕事にならんだろうな〜(笑)

もんぜき通りが近づくにつれ、何やらいいにおいが漂ってくる。もんぜき通りは寿司や刺身丼を出すお店はもちろん多いが、ラーメンやもつ焼き丼、そば、定食屋など寿司以外のグルメも堪能できる。

築地場外はラーメン激戦区だった!本日は中華そば一筋の「井上」

築地場外はラーメン激戦区だった!本日は中華そば一筋の「井上」
築地 井上
http://tsukiji-monzeki.com/map/images/dl/map.pdf

もんぜき通りの中間付近に、黒い看板に金文字で「井上」としるした看板が目印の中華そば一筋の「井上」。メニューは中華そば一品のみとあってすぐにラーメンは出来上がる。これぞ和風ファーストフード。仕事の限られたランチ時間で築地を食べ歩きとなると、やはりチョイスするのはこういうお店だ。リンクはもんぜき通りのマップ(PDF)だ。

金文字で書かれた看板の上に、青文字で書かれた中華そばの看板。どこかシャレてる。

これが井上の中華そば。麺は細麺、あっさり豚骨ベースのスープで、チャーシューがたくさんのっている。どこか懐かしい一品だ。

どこで食べるかって?もんぜき通りの道路沿いに並んでいるテーブルで食べる。くっそ暑い中、くっそ暑い中華そばを食べる。もう汗が止まらない止まらない。水を頭から浴びたように汗びっしょりになる。これが気持ちいい〜☆

ごちそうさまでした!おいしゅうございました〜(岸朝子風)

この汗をどうすればいいんだっ。休憩と言えば「米本珈琲」

この汗をどうすればいいんだっ。休憩と言えば「米本珈琲」
米本珈琲本店

1960年の創業以来、築地を食べ歩きする人たちの休憩所的な役割を担っている「米本珈琲」。珈琲豆の樽がプリントされたポスターが目印。

店前に並んでいる珈琲豆の樽。珈琲豆の香りに自然と誘われる。

昼時の米本珈琲本店はほぼ満席状態だが、アグレッシブに接客する店長がわずかなスキマを見つけては、スキマに椅子を滑らせる。気持ちよいほど客をガンガン店内に入れていく。

酸味と甘みが同居する、冷た〜いカリフォルニアヨーグルト(320円)。

まぐろのもなかが食べたい!「さのきや」

まぐろのもなかが食べたい!「さのきや」
築地 さのきや

新種のまぐろを見つけましたっ!の看板に誘われて入ったのは、たい焼きならぬ、まぐろやきの休憩処「さのきや」。

本マグロ、外皮はパリパリ、中身は小倉あん。あんこは十勝産の最高級品種「豊祝」を使用しているそうだが、この暑い中、アツアツのまぐろやきを食べると逆効果・・・ということで、こちらを注文。

冷たーい抹茶&小倉をまぐろの形に型取られたパリパリの皮で挟んで食べる、アイスまぐろもなか〜!活気ある築地をまぐろもなかを食べながらオフィスへ戻る。これで午後は仕事にならないだろう・・・

Finish! Nice outing!

このコースが気に入ったら「いいね!」してね!

Guide

ガイド

「ここ行きたい!」
おでかけスポットをSNSで
毎日動画配信します!

SNSで動画配信中!
Page Top