デカケル.jp

東京観光コースが集まるサイト

現在の登録コース

1014 コース!

【家族の休日】昭和の下町・亀有で水辺の生き物に出会える「曳舟川親水公園」から巨大遊具、ゴーカート、動物とふれあえる遊び場「上千葉砂原公園」で遊び倒そう!

元気いっぱいな子どもを自然がいっぱいの遊び場へ連れて行ってあげませんか? おでかけするのは東京の下町・亀有。車も少なくて、個性的な店があって、子どもと歩くのには下町は面白い場所です。昭和テイスト漂う商店街「ゆうろーど」でお弁当をテイクアウトして、トンボやザリガニがいる「曳舟川親水公園」でランチ。そのあとは交通公園「上千葉砂原公園」で自転車や足ふみゴーカートに挑戦。巨大遊具「メビウスの輪」や、ポニー乗馬、ふれあい動物広場など楽しみどころ満載。おもいっきり体を動かす、アクティブなおでかけコースです。

朝からスタート!

  1. 【10:30AM】JR常磐線「亀有駅」(北口)スタート

    亀有駅

    上野と茨城県藤代を結ぶJR常磐線「亀有駅」。東京メトロ千代田線が乗り入れています。電車でちょっと足を延ばしておでかけすると流れている空気がのんびりした、東京の下町に到着。

    • 亀有の有名人といえば…人気漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の両さん!駅を出たところでさっそく出会いました~。なんと亀有駅の周辺には、両津勘吉像が14体あるそうです。記念撮影にぴったり。両さん像について詳しくはコチラ→http://www.j-kochikame.com/special/map/kameari/

  2. 南口側へ移動。下町の懐かしい雰囲気を感じる亀有銀座商店街「ゆうろーど」へ

    ゆうろーど 仲町商店街

    http://www.youroad.com/map.html

    南口に広がる大きな商店街「ゆうろーど」は、昭和初期に生まれた歴史ある商店街。A地区からE地区まであり、暮らしに欠かせない場所として健在!

  3. 小鳥のさえずりがにぎやかなペットショップ「長妻商店」

    長妻商店

    商店街に入って少し歩くと、間口の広い商店からチチチと小鳥のさえずりが。なんともいい風情のペットショップ「長妻商店」。鳥のほかに熱帯魚や金魚等を扱ってます。

    • セキセイインコやカナリヤの大所帯w小さい頃に実家で飼っていたカナリアを思い出す。。鳥かごのデザインって昔から変わらないなあ。しばし鑑賞タイム。

  4. 「亀有メンチ」でランチ用のお弁当を購入

    「亀有の台所」仲町商店街にある「亀有メンチ」でお昼用のお弁当を買います。下町グルメの代表選手・メンチカツに期待が膨らむ!

    • みるからにカリッカリな衣が食欲をそそります。1番人気は定番の亀有メンチ(170円)。豚肉のみを使ったジューシーなのに後味がさっぱりした味わい。続いて人気なのがレッドチェダーチーズ入りの濃厚な味が自慢のチーズメンチカツ(220円)だそう。

    • 他にもシソメンチ、バジルチキン、カレーなどラインナップが多彩! ランチ用に亀有メンチ弁当(520円)を購入。

    • 公園に向かっている途中に亀発見! 歯医者さんです。

    • 脱出を試みるも壁が高くてぺろん、と裏返っちゃうwww それを延々ループしている平和な光景。

  5. 夏場は子どもたちの水遊びスポット。全長3キロの水をテーマにした公園「曳舟川(ひきふねがわ)親水公園」

    曳舟川は、舟に縄をかけて人や牛馬が舟を引いた川という意味だそうです。農業用水路を親水公園として整備した公園で、全長が3キロもあります。

    • 夏場は子どもたちの水遊び場になるそうです。左の建物は休憩所。ちいさな子どもでも安心して遊べそう。

    • 水路でザリガニ発見! 東京にいても身近に自然や生き物を感じられるのって貴重だなあ。

    • 木陰や休憩所がたくさんあるので、暑い日にもほっとできる。舗道もきれいに整備されているから、どろんこになる心配もありません。

    • 細長い遊歩道みたいな公園かと思いきや、園内には芝生広場や舟着場を再現した休憩スポットがあり、くつろげる。お腹が空いてきたので「亀有メンチ弁当」をいただきます。衣にソースが絡んでて食欲をそそります。それではいただきまーす。

    • お肉がみっちり詰まってます。ごろごろと入った玉ねぎ。この手作り感がなんともいいなあ。味付けが塩コショウでシンプルな分、お肉のジューシーさが際立ちます。

    • お弁当ランチをしていたら、トンボが飛んでました。青くて綺麗なシオカラトンボ。夏だなあ。春夏秋冬、季節を感じることができる日本に生まれて幸せ。「とんぼのメガネは水色メガネ~」と親子で歌って楽しみました。

  6. 楽しみどころ満載の交通公園「上千葉砂原公園(かみちばすなはらこうえん)」で思いっきり遊ぼう

    交通公園は公園内に道路や信号、標識が設置されていて、子どもに交通ルールを教えるための場所。自転車や三輪車をレンタルして遊ぶことができます。ここは交通公園のほかにも、無料のポニー乗馬や動物とふれあえる広場、アスレチック遊具も備えた総合児童公園です。

    • 横断歩道もあります。公園なので車が走ってくる心配もありません。緑も多くてほどよい広さ。わざわざ出かけてもその価値はあるなあ。

    • まずは遊具コーナーへ。

    • 「メビウスの輪」という名前の巨大遊具があります。鉄のパイプで組まれた筒状の遊具。かなり大きいです。

    • くねくねと蛇のように長くて、いろんな通り抜け方ができるようになってます。ふつうの公園の遊具では物足りない子どもでも、これは楽しい! 最後は滑り台でフィニッシュ! ほかにブランコや滑り台、砂場など小さい子向きの遊具もあります。

    • 園内にあるポニー乗馬コーナー。

    • なんと無料でポニーに乗れます。引き馬で運動場を一周してもらる。中学生まで乗れるそうです。馬に乗る体験ができるのはなかなか貴重ではないでしょうか。

    • 動物展示コーナーにいたミニブタちゃん。仲良くお昼寝中でしたw

    • ほかにヤギやリスザルを飼育。ふれあいコーナーではモルモットを膝に乗せて触ることもできますよ~。

    • 自転車のレンタル広場。補助付きのタイプや、足こぎゴーカート、三輪車、豆自転車を借りて園内を走ることができます。区の施設なので貸し出しはすべて無料! 園内の道路を自由に走りまわれます。親もハラハラしながら見守らずに済み、ありがたい。

    • 園内の地図です。真ん中にあるジャブジャブ池は夏場は子どもたちで大賑わい。

    • 信号や横断歩道、道路標識もあるので、楽しみながらルールを学べる。近所にあったらいいのになあ。

    • カーブや陸橋なんかもある本格的なコースです。子どもは大はしゃぎ。思いっきり体を動かして遊んだので、帰りの電ではぐっすり眠ってくれました。 以上、子どもと遊び倒す、葛飾のおでかけコースでした!

今回のコースマップ

ページトップへ