巣鴨観光におすすめ!昭和の食堂「ときわ食堂」と庚申塚をお散歩コース

巣鴨観光におすすめ!昭和の食堂「ときわ食堂」と庚申塚をお散歩コース
6,311 views

夜の巣鴨観光におすすめのコースです!昭和の食堂「ときわ食堂」でサクサクのアジフライとビールを堪能し、昭和の香りがする「庚申塚」をお散歩する癒しコースです。お昼はおばあちゃんたちで賑やかな巣鴨商店街ですが、夜の巣鴨もおすすめです。

夜からスタート

からスタート

おばあちゃんの原宿・巣鴨の夜は、サラリーマンを癒すオアシスでした。「巣鴨駅」

おばあちゃんの原宿・巣鴨の夜は、サラリーマンを癒すオアシスでした。「巣鴨駅」
巣鴨駅

おばあちゃんの原宿・巣鴨の駅は、駅ビルアトレができ、ずいぶんと印象が変わったが、駅裏や地蔵通りに向けて歩くと要所に垣間見える”昭和”は健在だった。

早朝の商店街、「地蔵通商店街」の夕方18時はかなり寂しいw

早朝の商店街、「地蔵通商店街」の夕方18時はかなり寂しいw
とげぬき地蔵

おばあちゃん街、地蔵通商店街が閉まるのは早い。18時を過ぎると、ほとんどのシャッターが下りている。静かな商店街を歩くと、賑やかなお店が1軒だけある。

全面改装した「ときわ食堂」はいまでも巣鴨の地元民から支持される大衆食堂

全面改装した「ときわ食堂」はいまでも巣鴨の地元民から支持される大衆食堂
ときわ食堂 巣鴨

リニューアル前の「ときわ食堂」はThe 昭和の香りが漂う食堂だったが、いまでは手書きの注文表がリモコンになり、POSレジと連動したりとかなり近代的になってしまったが、味は変わらない。

以前と様変わりした店内を見渡しながら、まずは瓶ビールで乾杯。(ビール大 480円)

100〜200円台のおつまみは以前から変わらないようだ。すこし安心しながら、注文したのは、ときわ食堂名物のアジフライ(1尾 160円)とポテトサラダ(ミニ210円)を注文。

社会人1年目のときによく食べたときわ食堂のアジフライは、昔とまったく変わらない。とにかく分厚く、ふかふかだ。

アジフライをもっと美味しく食べるポイントは、50円のタルタルソースを注文すること。そのまま食べる。ソースで食べる。そしてタルタルソースで食べる。3度楽しめる。

これぞ昭和の味、ポテトサラダ。

まぐろ納豆(420円)。刻み海苔と豪快にかき混ぜて食べる。

そしてシメはなめこ汁(160円)。安心する味だ。当時、ときわ食堂は酔っぱらいのオヤジだけが集まる店だった。いまでは酔っぱらいオヤジ以外にも中学生やママ友たちが集う、いろんな世代から支持されるお店に変わった。リニューアルされ寂しい気持ちがあったが、これで良かったのだと思う。

庚申塚駅を超えると、昭和にタイムスリップした町並みがある

庚申塚駅を超えると、昭和にタイムスリップした町並みがある
庚申塚停留所

ときわ食堂を出て、庚申塚方面に歩くと、昭和にタイムスリップしたかのような古い町並みが癒しを与えてくれる。

庚申塚停留所の手前にある「猿田彦大神」。江戸時代、中山道の立場として栄えた巣鴨庚申塚は、多くの旅人の休憩所だったそうだ。そのため、天孫降臨のときに道案内した猿田彦大神が道の神として祀られているそうだ。

寅さんを観たくなる

帰りはTSUTAYAに行くことにしようw

天国というパチンコ屋。パチンコ屋としてはあまりにも小さい店だが当時はこういったこじんまりとしたパチンコ屋が地元にたくさんあったのだろう。若干傾いていて、おそらくもう営業はしていないようだが、なんとも言えない味がある。しばし眺める。板橋駅までのんびり歩いて、今日の昭和癒しコース終了。

昭和にどっぷり浸かりながらゴールの「西巣鴨駅」へ

昭和にどっぷり浸かりながらゴールの「西巣鴨駅」へ
西巣鴨駅

仕事終わりに昭和に浸れる巣鴨コース、いかがでしたでしょうか?あのおじいちゃん、おばあちゃんで賑やかな巣鴨ではないですが、こんな巣鴨もまたいいっよ〜。

Finish! Nice outing!

このコースが気に入ったら「いいね!」してね!

Guide

ガイド

「ここ行きたい!」
おでかけスポットをSNSで
毎日動画配信します!

SNSで動画配信中!
Page Top
朝が楽しい!勝浦観光