上野動物園に行くなら早朝がおすすめ!親子で刺激たっぷりなおでかけコース

上野動物園に行くなら早朝がおすすめ!親子で刺激たっぷりなおでかけコース
14,047 views

こどもにとって一番の課外授業は親とのおでかけ!ということで、今回は上野で刺激たっぷりな課外授業コースをご紹介。動物が活発に動く朝の食事の時間を狙って、上野動物園の開園と同時に入園。そして、大人も子供も夢中になれる国際こども図書館というコース。

朝からスタート

からスタート

【9:00】上野駅到着

【9:00】上野駅到着
上野駅

少し早く着いたので、朝8時からオープンしている「レツェプト デザイン アンド ストア」(JR上野駅構内3F エキュート上野)へ。店名の「レツェプト」はドイツ語で「処方薬」という意味。お客さまにピッタリの処方薬となる「雑貨アイテム」を揃えているそうだ。たしかに見ているだけで楽しいし、上野動物園から近いということもありパンダ雑貨が多い。

【9:25】上野動物園到着!

【9:25】上野動物園到着!
上野動物園/恩賜上野動物園
https://www.tokyo-zoo.net/zoo/ueno/

動物たちのえさは基本開園直後が多く、開園時間の9時30分〜11時の間が一番多いと個人的に感じる。

まずはパンダ。開園と同時に並べばそれほどストレスなく見れる。開園時間はパンダのえさの時間で、笹の葉を行儀よく食べる姿が可愛い。この日は食事しながらウンチをするという貴重なシーンに遭遇。当たり前だが、緑色のウンチに子供たちもびっくり!!!

次はゾウを見ながら、しばしなんであんなに巨体なのか?なんで鼻が長いのか?目の前にリアルに動いているゾウをみんな無言で10分ほど見る。この日はいつなく砂を自分の身体にかけまくる。

次はユーラシアカワウソ。カワウソはテレビでおなじみだが、カワイイ顔をしているわりにえげつない食べ方をする動物。えさとなる小魚を鋭い牙を見せながら食べる。やはり午前中は動物たちのえさの時間のオンパレードだ!

ライオン→トラ→ゴリラを見て、カリフォルニアアザラシのえさの時間。あの巨体からは想像もつかないほどのスピードでえさをゲット。こんな風に泳げたらどんなに気持ちよいことか。

泳いだり、飛び込んだり、えさをおねだりしたり。シロクマのえさの時間は、そんなアグレッシブなシロクマを見る事ができる。いきなりプールに飛び込んでくるシロクマ。えさの時間のベストポジションはプールの中が見える1階だ。シロクマのキレイな毛がゆれているのが見えて、とにかく躍動感がすごい。しかし泳ぎうまいな〜

シロクマ→さる山→カピバラの後は、イソップ橋を渡って、ふれあいこども動物園へ。こども動物園に行くと決まって掃除をする子供たち。ヤギの糞をキレイにして、ヤギの背中をたわしでマッサージしてとにかく奉仕活動をする。(なぜだ?子供部屋は汚いくせにwww)

日向ぼっこしている黒豚。ハムにしたら美味しいんだろうな〜と思えるほど、鮮やかな毛色をしている。

【11:30】上野動物園 西園食堂でランチタイム

【11:30】上野動物園 西園食堂でランチタイム
上野動物園 西園食堂

上野動物園でランチをするなら我が家は西園食堂に決めています。理由は絶品までいかないですが、意外に美味しいメニューが揃っていること。

ちょっと卵が少なめだが、普通に美味しいのがこのオムハヤシライス(780円)。

ベーコンをもうちょい増やして欲しいが、子供たちが大好きな半熟卵のカルボナーラ(780円)ちょっとひとこと言いたくなるのが西園食堂の魅力です。

【12:00】早々にランチを終え、向かうは「小獣感」

【12:00】早々にランチを終え、向かうは「小獣感」
上野動物園/恩賜上野動物園

薄暗くなっている「小獣館」の目玉と言えば、気持ち悪いけどどこか可愛くてやみつきになってしまう、ハダカデバネズミ。これだけの数の群れを支配しているのはなんと女王となる1頭のメス。そして女王だけが子を産むことができ、体が大きく約20年も生きる。写真はおそらく一番下の階級のハダカデバネズミで、エサ集め、トンネル堀り、子供の世話をしている。社会の縮図を見ているようでいろいろとおもいふける。

透明のトンネルではハダカデバネズミの行動が見れるが、ときどきバック走法をすることがあり、それがかなり可愛い。気になる方は、動画を撮影したので、こちらを見てもらいたい。 http://youtu.be/0Gn471UbzAA

【14:00】昔読んだ絵本を探しに、「国際こども図書館」へ

【14:00】昔読んだ絵本を探しに、「国際こども図書館」へ
国際子ども図書館
http://www.kodomo.go.jp/

上野動物園から徒歩10分くらいのところにある国際子ども図書館。国内外の児童書がなんと34万冊以上もある日本初の国立児童書専門図書館。ここでは、昔自分が読んだ絵本を子供に読み聞かせるのが楽しい。

国際こども図書館は明治39年に建てられた帝国図書館を再生し、利用していることもあり、子供は関心がないが、階段や柱などかなり歴史を感じる建物だ。

Finish! Nice outing!

このコースが気に入ったら「いいね!」してね!

Guide

ガイド

「ここ行きたい!」
おでかけスポットをSNSで
毎日動画配信します!

SNSで動画配信中!
Page Top
朝が楽しい!勝浦観光