板橋こども動物園に子供と行こう 駄菓子屋も楽しめる板橋下町お散歩コース

板橋こども動物園に子供と行こう 駄菓子屋も楽しめる板橋下町お散歩コース
14,369 views

「行きつけ」にしたいレトロな親子おでかけコースが板橋にあります。板橋の下町の空気をすいながら、ゆっくりとした時間を子供とのんびりと過ごせるコースです。①大人も興奮!「駄菓子屋博物館」→②下町ナポリタンの「喫茶店・白樺」→③充実した無料の動物園「板橋こども動物園」→④下町銭湯で牛乳をぐびっと!「梅の湯」のコースです。

朝からスタート

からスタート

都営三田線「板橋本町駅」(A4出口)スタート

都営三田線「板橋本町駅」(A4出口)スタート
板橋本町駅

日本橋を発って中山道の最初の宿場だった板橋宿。駅から徒歩5分県内に古くからの商店街が複数あり、のどかな雰囲気が漂う。駅番号はI19。

10円玉をレバーで弾く名作ゲームが揃う、「駄菓子博物館 コン太村」

10円玉をレバーで弾く名作ゲームが揃う、「駄菓子博物館 コン太村」
駄菓子屋ゲーム博物館 コン太村
http://dgm.hmc6.net/

 昭和時代に子どもたちを熱狂させた駄菓子屋ゲームと言えば10円玉をレバーで弾く「新幹線ゲーム」。その他にも、20台以上のレトロな駄菓子屋ゲームがあります。

まず入場料として200円払うと、10枚のメダルがもらえます。店内のゲームはメダルゲームと10円ゲームがあります。

駄菓子屋さんのゲームと言えば、新幹線ゲーム!メダルもしくは10円玉を入れて、レバーで微妙に強弱をかえて穴に落ちないようにゴールを目指すゲームです。毎回、新神戸で10円玉をロストしてしまう。。。

グッドタイミングというゲームです。4つのラッキーナンバーを狙って、くるくるまわる赤いパチンコ玉を数字に合わせてストップボタンを押すシンプルなゲームです。当たると数字の書いた棒が飛び出してきて、駄菓子と引き換えできます。

手動の両替機。右側にあるレバーを回すと両替ができる不器用な両替機ということで、ケンさんw

キャプテン翼の岬くんに激似のサッカー少年のゲーム。

一人200円の予算もあっという間になくなり、ゲームクリアしたときに出てきた数字の書いている棒とお菓子を引き換えます。

鉄板スパゲティーの「喫茶 白樺」

鉄板スパゲティーの「喫茶 白樺」
喫茶 白樺

中山道と環七通りの交差点の近くにある「喫茶 白樺」。オープンして45年以上のレトロな喫茶店は地元の憩いの場でもあります。

店内に入ると、すぐのところに金魚の水槽があったり、テーブルの敷居には観葉植物、タバコケースと、レトロ喫茶店の条件が揃ってます。

スタッフの方はみなさん丁寧に笑顔で接してくれる、ホスピタリティ溢れる喫茶店!そして、注文したのは、まずトースト。分厚く切られたパンがこんがり。普段はバターやジャムをつけないと食べない子供も、なにもつけずに無言で食べてます。まさにレトロ喫茶マジック!

キターーーッ!まさに王道の理想通りのナポリタン。たっぷり使われたケチャップがスパゲティ麺とよく絡み、鉄板なので最後までアツアツで食べられます。食べていくうちになんと・・・

下から玉子焼きが出てきたーーーーー!ちょっとビックリしたのと、スパゲティ麺を玉子焼きで巻いて食べるとこれがまた旨い。喫茶 白樺の先代が考案したナポリタン。ありがと!

悪い縁を”えんがちょ”できる縁切榎

悪い縁を”えんがちょ”できる縁切榎
縁切榎

男女の悪縁を切りたいときや断酒をしたいときなどに、この榎の樹皮を削ぎ取り、煎じと飲ませると成就するという説から縁切榎と呼ばれています。カップルが近づくと縁が短くなるらしいので近づかないように〜w こういうスポットとの出会いもお散歩の醍醐味ですね~。

自然体験スポット、動物たちとふれあえる「板橋こども動物園」

自然体験スポット、動物たちとふれあえる「板橋こども動物園」
板橋区立 こども動物園
http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_kurashi/000/000168.html

都心から少し離れた板橋エリアは緑に囲まれた公園が多いです。その中でも板橋区が運営している「板橋区立こども動物園」は羊ややぎが放し飼いされたアットホームな動物園です。

いろんな色をしたモルモット。備え付けのタオルを太ももの上に敷くと、飼育員さんがモルモットを運んでくれます。凍らせたペットボトルに集まるモルモットたちは愛らしいですね~。

モルモットは名前があるので覚えるとより可愛い

放し飼いされた羊ややぎを自由に触れることができます。怖がらない1歳くらいの子に嫌がるやぎの様子が面白い!

1日2回(11時30分〜/15時30分〜※詳しくはホームページで確認ください)羊ややぎ、鹿にえさを与えられる時間があります。お腹をすかした動物達がガッツいてくる様子にビビりながら。よい体験です。

こども動物園から少し離れた公園の敷地ないに、ポニーの体験乗馬がある。満3歳~小学6年まで(5歳以下は要保護者同伴)が体験できます。乗馬時間は、午前10時~11時30分  午後1時30分~3時30分の1日2回。ヘルメットをかぶり、スタッフの方がやさしく乗馬をサポートしてくれるので安心。無料なのに感激~。

こども動物園がある東板橋公園は、緑に囲まれた公園で、遊具も充実しています。

フラミンゴ!キレイだな〜

暑い日でもここなら大丈夫そう!

下町の銭湯でお疲れさまでした!「梅の湯」

下町の銭湯でお疲れさまでした!「梅の湯」
梅の湯
http://www010.upp.so-net.ne.jp/TK1010-itabashi/framepage116.htm

住宅地の中にとけ込んでいる銭湯はいつきても癒される。駄菓子屋→白樺→こども動物園とたっぷり遊んだ後は、ゆったりできる下町の銭湯「梅の湯」へ。昔ながらの宮型造りの銭湯です。

開放感のあるレトロな脱衣所。

天井は高く、扇風機が味があるな~

脱衣所には休憩スペースもあり、風呂上がりはもちろんここで牛乳!庭には小さな池もあり、大きな金魚が泳いでいます。

動くのだろうか?痛そうなマッサージチェア。

体重計に乗ると、何キロか見えない体重計w

銭湯の前には少しスペースがあり、近所の子供達がシャボン玉をして遊んでます。こんな週末いいな〜!板橋に住みたくなった。以上、「板橋こども動物園に子供と行こう 駄菓子屋も楽しめる板橋下町お散歩コース」でした〜!

Finish! Nice outing!

このコースが気に入ったら「いいね!」してね!

Guide

ガイド

「ここ行きたい!」
おでかけスポットをSNSで
毎日動画配信します!

SNSで動画配信中!
Page Top
朝が楽しい!勝浦観光