伊豆稲取の雛のつるし飾り巡り

伊豆稲取の雛のつるし飾り巡り

東伊豆町の伊豆稲取では、1月20日~3月31日までの期間限定で「雛のつるし飾りまつり」を開催しています。雛飾りを満喫できるコースのご紹介です。(今後良い情報がありましたら追加する…かもしれません( ^ω^)) では、はりっきていきましょ!!

昼からスタート

からスタート

【11:30】伊豆稲取駅

【11:30】伊豆稲取駅
伊豆稲取駅

東京から特急「踊り子号」で約2時間30分!伊豆稲取駅で下車します。【11:26着】 まずはじめに目に入るのは江戸城を建てるのにも使用されたという築城石! 山から切り出された石の下に丸太を置き、大勢の人で引っ張って港まで運搬したそうです。「ひけるもんなら、ひいてみな!」友達や、ご家族で遊びに来た際にはぜひチャレンジしてみてください。

【11:45】駅から移動し海沿いを散歩しながら「素戔嗚神社」へ

【11:45】駅から移動し海沿いを散歩しながら「素戔嗚神社」へ
素盞鳴神社

メイン会場「むかい庵」に行く前には「素戔嗚神社」に寄ってみてください!!少し坂を上りますが、絶対に損はさせません!118段の階段に飾られたお雛様たちに圧倒されること間違いなしです! ★2月22日(木)~3月4日(日)までの期間限定です!!

【12:00】ひとつめのメイン会場「むかい庵」

【12:00】ひとつめのメイン会場「むかい庵」
むかい庵

海風を受浴びながら海岸沿いを進むと「むかい庵」が見えてきます。 館内には、江戸時代の雛人形とその脇を飾る現代のつるし飾りが雅な雰囲気を醸し出します。会場からは海を見ることも出来るので、お天気が良ければ伊豆七島も見えます!そうそう!駐車場に隣接した「天草館」では、地場産品、軽食、お菓子などの販売も行っております(〃艸〃) ▲入場料 300円

「なぶらとと」で美味しい稲取キンメを食べましょう。

「なぶらとと」で美味しい稲取キンメを食べましょう。
きんめ処 なぶらとと

沢山歩いた後には、「なぶらとと」で地域団体商標登録ブランドの稲取キンメ(金目鯛)を使った料理を食べましょ♪ せっかく稲取に来たんだから「キンメ」を食べないと!! ここでお昼ご飯を食べたら間違いない!!

ここにも「つるし飾りの展示場」がありますので、ご飯を食べた後にはぜひ見学していってください! ▲定休日  火曜日 ▲入場料 100円

【13:30】見学した後は、雛のつるし飾りを作ってみましょう!!♡♥

【13:30】見学した後は、雛のつるし飾りを作ってみましょう!!♡♥
つるし飾り制作体験工房絹の会

可愛い雛のつるし飾りをみていたら、実際に欲しくなっちゃいますよね(^^) 安心してください!実際に作れる場所ありますよ!! こちらは「絹の会」というつるし飾りの製作工房です。年間を通してつるし飾りの製作、展示活動が行われています。初級、中級、上級の製作コースがあり、1時間~3時間制作時間がかかるそうです。もしお時間にゆとりがあり、実際に作ってみたいという方は体験してみてください(⋈◍>◡<◍)☆★

稲取が発祥の地と言われている「雛のつるし飾り」。親から子へ、子から孫へと幸せを願う気持ちが込められたつるし飾りは江戸時代から続く伝統文化です。飾りにはひとつひとつに意味や願いがこめられています。ちょこっとだけご紹介しちゃいます!! 柄も色も可愛いこの飾りは「桃」です! 邪気・悪霊を退治し、延命長寿の意味があります。また、早くに花が咲き、植えやすく実が多いので多産を象徴します。桃太郎は桃から生まれたからこそ、鬼退治をしたとされます。パッカーン!

こちらの可愛いお人形は「だるま」です。 七転び八起きで福を招く縁起もの。赤が天然痘(痘瘡)よけの呪物とされるそうです。 こんなに可愛い人形が病気を払ってくれるならいつでも持ち歩きたくなります( *´艸`)。

こちらも可愛いお人形の「這い子人形」です。つまりハイハイしている赤ちゃん!可愛くないわけがないですよね!この表情もたまらないですが、這えば立って、立っては歩めの親ごころがこめられています。子供のすこやかな成長を願って作られるんです(´;ω;`)ウウウ お友達に赤ちゃんが産まれたり、お孫さんのお土産にもおススメですよ!((´∀`*)

こちらは動物シリーズ! 「うさぎ」 赤い目のうさぎには呪力がるといわれ、神様のお使いとも言われています。

「俵ねずみ」 大黒さんのお使いであるねずみは、金運、霊力がると言われています。子宝にも恵まれ働き者になるようにという願いもこめられています。俵には五穀豊穣の意味があります。

「ハト」 ハトも神様の使いといわれています。ハトは物を食べるときにむせないということにあやかって、お乳を飲む赤ちゃんがむせないようにという願いがこめられています。 まだまだ「さる」や「ほおずき」、「巾着」など色も形も可愛い飾りがいっぱいありますので、ぜひ自分の目で見てみてください!!

【14:45】もうひとつのメイン会場「文化公園 雛の館」

【14:45】もうひとつのメイン会場「文化公園 雛の館」
稲取文化公園 雛の館

さてさて!もうひとつのメイン会場「文化公園 雛の館」です!! え?そろそろ雛のつるし飾りが見飽きましたって?ダメPeople!(笑) では質問です。この世に同じつるし飾りは存在しますか?しません。全部手縫いだから!(ブルゾン風) 少しふざけました。すいません(笑) 雛のつるし飾りの人形は全て、一針一針手縫いで作っています。 着物のハギレなどを使用し、作っているつるし飾りは、似たような柄はあっても同じものは存在しません。その時代の、その時間に、子供や、孫の健康や成長を祈って作ってくれた大切なものです。ですので歴史や、その思いを感じながら見てもらえてら嬉しいです(*^-^*)✨ ▲入場料 300円

雛段の両側に飾られているたくさんのつるし飾り。この飾りは、左右の飾りが同じ飾りにならないように飾るそうです。よく観察してみてくださいね。 インスタ映えも期待大!!!!

この文化公園の中には足湯もあるんです!帰る時間に余裕がある方は、たくさん歩いて疲れた足をゆっくり休ませてあげてください。(-ω-)

【15:50】そして稲取駅に帰ってきます。

【15:50】そして稲取駅に帰ってきます。
伊豆稲取駅

ただいま築城石!!お疲れ自分! たくさん歩いたので、とても良い運動になったと思います。たまには海風に吹かれながら歩くのも気持ちがいいですよね(^^)✨ 駅の前にはお土産屋の「カイド」さんもあるので、ゆっくりお買い物や、お菓子を買うことも出来ます!最後は【16:24発】の「特急踊り子号」に乗って帰れば、次の日がお仕事でも大丈夫(^^)v★☆日帰り旅行が出来ますね! 雛のつるし飾り巡りいかがでしたか? 少しでも稲取の良さ、雛のつるし飾りの良さが伝えられたらいいなと思います。 3月31日まで雛のつるし飾りまつり開催中ですので、ぜひ遊びに来てください!! まってまーす!!! #伊豆稲取 #雛のつるし飾りまつり #インスタ映え #女子旅にもおすすめ

☆★おまけ★☆「ふたつぼり」でみかん狩りを楽しもう!!

☆★おまけ★☆「ふたつぼり」でみかん狩りを楽しもう!!
収穫体験農園 ふたつぼり

雛のつるし飾りを見るのもいいけれど、もっと身体を動かしたい! 大丈夫です。そんな方にぴったりな場所があります! それは、収穫体験農園「ふたつぼり」さんです!!!! こちらの農園で収穫できるみかんの種類は、10月から6月まで全部で15~16種類。特に1月から6月は一度に2~3種類ずつのみかん狩りが楽しめます。 なかなかもぎたてのみかんを食べれることってないですよね?(^^)

自分で収穫したみかんでジャムづくり。 体験期間 11月~5月 受付時間 11:00~15:00 所要時間 約1時間 料  金 1,200円~1,400円 オレンジの果肉とグラニュー糖、生レモン果汁だけで作る、 手作りジャム! ビンに詰めてお持ち帰りしちゃいましょ!お土産にしても喜ばれますね((^^))♥

4月~5月は、東伊豆町特産品のニューサマーオレンジが収穫できます! このニューサマーオレンジ。食べ方が少し変わっています! リンゴの皮をむくように包丁でくるくると皮をむきます!(黄色い外皮の部分だけ) そしたら!中の白皮の部分をつけたまま食べやすい大きさに切ってから食べるんです!! ニューサマーオレンジの香りが口いっぱいに広がります(^▽^)気づけばもうひとつ、もうひとつと…食べ終えたらまた皮をくるくるとむいている自分がいます(笑)

日いづる湯いづる伊豆の旅
世界から賞賛され続ける美しい半島「伊豆」は、四季折々に、多彩な景観やグルメ、温泉など、都会の砂塵を落とすのにぴったりの理想郷。あなたのお気に入り、とっておきがきっと見つかる。
Page Top