「豊島園 庭の湯」でリフレッシュする大人のための豊島園案内。

「豊島園 庭の湯」でリフレッシュする大人のための豊島園案内。

「豊島園」といえば、遊園地の「としまえん」!遊園地といえば若者たちの遊び場!だと思っていたら大間違いっっ!今は、大人も楽しめる落ち着いた施設が充実しているんです。その上、「豊島園」って案外都心から近くてアクセスもいい!そのアクセスの良さも含めて、ちょっとの時間を楽しめるコースをご紹介します。お昼から飲める蕎麦屋「萬月」、そしてただの温泉施設ではありません!水着着用のバーデ(プールのような温泉)を楽しめる「豊島園 庭の湯」、こだわりのコーヒー、お土産にぴったりのパン屋などなど、紹介したい様な、秘密にしたい様な、とっておきのコースです。

朝からスタート

からスタート

【10:35】出発は西武池袋線「池袋駅」

【10:35】出発は西武池袋線「池袋駅」
池袋駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/ikebukuro/

今日のスタートは西武池袋線「池袋駅」から。昼ちょっと前からスタートしましょう。朝の池袋駅はありえない混雑で人に酔っちゃいそうですが、10時頃なら落ち着いています!東京ポコ的には、地下1階から入る改札からをおすすめします。

【10:40】都内で唯一、MAKIBIコーヒーを楽しめる「タミルズ エミオ池袋」が駅ナカに!

【10:40】都内で唯一、MAKIBIコーヒーを楽しめる「タミルズ エミオ池袋」が駅ナカに!
池袋駅
http://www.expe-inc.jp

駅ナカだけなのがもったいない!東北発のMAKIBIコーヒーは、いわゆる薪木でじっくり焙煎したコーヒー豆を贅沢に使ったコーヒー。某有名コーヒーショップで味が慣れている皆様っ!そんな人にこそ飲んで欲しいコーヒーです。薪木もこだわってて、東北のナラやブナのみを使用していて、ガツンと苦味があるのに後味爽やか!不思議な味わい!東京ポコ的には、夏に飲みたいコーヒー、第一位!これを飲むためだけに、入場したいぐらいっっ。

店内はニューヨークのソーホーあたりにある様な(行ったことないけど)そんなイメージ。こんなカラフルなコーヒーマシンがみんなをお迎えします。スタンドコーヒーショップという位置付けではなく、時間つぶし的な位置付けではなく、もう、ここでゆっくりできちゃうのが特徴。もちろん駅ナカらしく、充電用のコンセントもきっちり用意されていて、サラリーマンも納得。

「MAKIBIコーヒー(アイス)」(370円税込)と合うのが、「ホイップクリームドーナッツ」!(300円税込)。こういうのを紹介するときは「見た目よりあっさり」的な紹介をするのが良いとは思いますが、いいえ、しっかり見た目通りのがっつり甘めクリームに、酸味少なめ、苦味多めなMAKIBIコーヒーが合うんだわっっ。

【11:20】池袋駅から直通「豊島園行き」に乗れば約15分!思ったより都心な駅「豊島園」

【11:20】池袋駅から直通「豊島園行き」に乗れば約15分!思ったより都心な駅「豊島園」
豊島園駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/toshimaen/

「豊島園駅」のある西武線はおでかけに使える駅が結構多い。さすが私鉄!「そこに行くために、線路伸ばしました!」と言わんばかりの駅名の数々。「西武球場前駅」や「西武遊園地駅」や、そして、今日の目的地「豊島園駅」もね!分かりやすい駅名で全く迷う気配なし!しかも、池袋駅から「豊島園行き」に乗ればもう安心!終点までなにがあっても乗っていればいいんです!大体一時間に4本ほどでています。豊島園駅ついて階段の上り下りなく電車を降りて、まっすぐ改札!改札出たら2分で「としまえん」!

【11:30】今日は大人な豊島園散策!昼から飲める「萬月」で、全国各地の厳選された食材を使ったランチ!

【11:30】今日は大人な豊島園散策!昼から飲める「萬月」で、全国各地の厳選された食材を使ったランチ!
萬月
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132102/13020867/

ランチタイムなのに店内は薄暗く、お蕎麦を食べながらちびち飲んでもOKな「萬月」。お蕎麦もいろいろ探しあげた上で店主のお気に入りのそば粉を使っています。 東京ポコは、「キノコの天ぷら」(天つゆなしで750円税込)と、「おろしそば」(880円税込)をチョイス!

店内は昭和レトロな雰囲気で、薄暗く、まるでランチタイムとは思えません。テレビもブラウン管タイプ風、昔の洋画が流れていて、往年のスター達がキラキラしています。古き良き時代!そして、食べ物は全国各地の(主に東北や北陸)のB級ではないご当地グルメなどの用意があって、東京では珍しい地方のお酒も。お蕎麦の香りも良くて、しっかり濃いめなめんつゆ。そこにドボンと大根おろしを入れたら、さっぱりといくらでも入っちゃう!キノコの天ぷらは、からりと揚がってて、サクッとふわっと、キノコ香りがたまりません!一人分とは思えない量!コスパ最高!大食いな東京ポコでもびっくりな量。お友達とシェアがいいかもね!

【12:30】お腹もいっぱい!「さあ!としまえんへ!?」いいえ、今日は大人な豊島園散策。「豊島園 庭の湯」へ行こう!

【12:30】お腹もいっぱい!「さあ!としまえんへ!?」いいえ、今日は大人な豊島園散策。「豊島園 庭の湯」へ行こう!
豊島園 庭の湯
http://www.niwanoyu.jp/niwa/

2003年に開業した「豊島園 庭の湯」はただの温泉施設ではありません。日本ならではの温泉施設に、ヨーロッパのバーデ(水着着用の混浴温泉で)がくっついた、いいとこ取りの施設!バーデというのは、いわゆる運動できる温泉って感じかな?プールの要領でアクアウオーキングしたり、水に身を任せリラックスしたり、楽しみ方は無限大!とはいえ、顔をつけて泳ぐのだけはNGです。

東京ポコがおすすめする理由としては、時間が合えば無料で水中エクササイズ(ウォーキングなど)を受けられること。インストラクターが細かく効率的な運動方法を教えてくれます。アクアウォーキングも正しい姿勢でやることで、効果が何倍にもなります!温泉施設に来てこの待遇!真のリラックスは、程よい疲労感から。 一コマ30分ですから飽きずに頑張れます。終わったらクールダウンがてら、外のジャグジー(温泉と軟水ジャグジー有り)でのんびり。都内なのに緑が多くて、素敵な庭もあって、マイナスイオンでリフレッシュ! バーデの隣には温泉施設。水着を脱いだらスーパー銭湯タイプの施設で日本式リラックスタイム!ちなみに温泉の種類は、関東に多い茶色の保湿力の高い泉質。都内のいろんなスーパー銭湯に行ったけれど、ここほどリラックスできる場所は初めてかも。しかも、タオル、館内着などコミコミで2310円(税込)。しかも、中学生以下は親が同伴でも入ることができません。 本当に大人がゆったりするための施設。もしかしたら、子ども達が「としまえん」で遊んでいる間の、大人の待ち時間用に作られたのかも?!

温泉施設の他に(予約必須な)ショートステイ用の和室があったり、予約しなくても昼寝ができる部屋があったり、それも明るい場所や暗くした場所など、細かく仕切られていたり、(もちろん女性専用もあり)お食事処、お土産があったり、本気で1日潰せちゃう場所! バーデで体を動かしたら、ゆっくりリラックス、またバーデで体を動かし、最後はお風呂タイムですっきり!などなど、いろんな選択肢があるから、ぜひ自分にあったリラックスを見つけてみてね!(ちなみにシャンプーや洗顔、化粧水などなども種類豊富。水着も脱水できるし、ビニール袋ももらえて濡れた物も安心!そういう小さな心遣い、痒いところに手が届く感じが嬉しいよねっっ!

【16:30】地元っ子から人気の「ベイカリーオールドキッチンオーガニック」でお土産を買っちゃおう!!

【16:30】地元っ子から人気の「ベイカリーオールドキッチンオーガニック」でお土産を買っちゃおう!!
ベイカリー オールド キッチン オーガニック
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132102/13117208/

「ベイカリーオールドキッチンオーガニック」は、“体に良いものをできる限り手作りで”をモットーにしているパン屋さん。練馬からもわざわざ訪れるファンがいる、地元で愛されるお店です。仕込みはなんと深夜3時から!「体に良いもの、安全なものを作って提供する」というのは実に大変なことなのですね。それを毎日やってのけているだけあって、夕方にはだいぶ種類は減っちゃってますが、「自家製クリームパン」と、「抹茶コロネ」をゲット!そして、手作りのレモネードでおやつタイム! 抹茶コロネのクリームの質の高さっ!抹茶の渋さと生クリームとのハーモニーはコロネなんかにもったいない!!いや、コロネだからこそシンプルに味を楽しめるのかも。そして、クリームパンは、今まで食べたことのない優しいアーモンド風のクリーム(もちろん手作り)とパンのモチモチ感、そして、カリカリのアーモンドがマッチ!

小ぶりのパンはどれもこれも200円ほどで買えて、お土産にもぴったり!東京ポコ的には、天然酵母のパンの威力より、手作りのクリームに興味津々!子どもから大人まで誰もが嬉しいこの味は、豊島園に行った時にはマストでゲット!喜ばれること間違いなし!

【17:00】駅に向かって歩いていたら、香ばしい煙がっ。「笑天やきとり 一輝」に誘われる!

【17:00】駅に向かって歩いていたら、香ばしい煙がっ。「笑天やきとり 一輝」に誘われる!
笑天やきとり 一輝
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132102/13081317/

時刻は夕方、帰宅のサラリーマンや、夕飯の支度に向けてお買い物に出て来たお母ちゃま達に、猛烈アタックしていたやきとりの煙!帰ろうと思ってた東京ポコでさえノックアウト!その香りを追っていくと、あったのが駅そばの「笑天やきとり一輝」。ベーシックな品揃えのやきとりは、特にこれと言って珍しいことはないが、間違いない味と思わせる、その店構えがずるいっっ!

税込でそのほとんどが110円という良心的な値段。「わかどり」「ネギま」「ぼんじり」をゲット!もちのロンでたれ!店前のベンチ席はすでに先客があり、歩きながら食べる東京ポコ。香ばしい香りは伊達じゃない!めちゃんこおいしい!たれも濃すぎず、ちょうどいい。ゆうえんちのある場所とはいえ、周りはしっかりベッドタウン。夢の国と現実の狭間を楽しめる、それが豊島園です。

【17:15】都内でも数少ないIMAX 4DX映画館で五感で楽しもう!!「ユナイテッドシネマとしまえん」!

【17:15】都内でも数少ないIMAX 4DX映画館で五感で楽しもう!!「ユナイテッドシネマとしまえん」!
ユナイテッド・シネマとしまえん
http://www.unitedcinemas.jp/toshimaen/index.html

昨今の映画館の最上級といえば、IMAX 4DX!飛び出す!そして、香りや、水しぶき。もう映画館を超えて、アトラクションでしょ!と突っ込みたくなるこの映画館は、実は都内でもまだまだ数が少なく、豊洲とここ豊島園にしかない貴重な存在。通常の2D作品よりもお高いけれど、大人な豊島園を締めくくるにはちょうどいい!とはいえ、東京ポコは、庭の湯でかなり真剣にアクアウオーキングをやったもんだから、体がクタクタで丁度いい疲労感!せっかくの高級チケットにもかかわらず、ぐっすり寝ちゃうこと間違いなし!ってことで、東京ポコはここをスルー!夜まで豊島園を楽しみたい方はぜひこちらをおすすめします。 良席をゲットしたいなら到着してすぐに席だけゲットしておくと安心!

【17:30】【映画まで見ると21:00】中央線沿いに向かうバスや北区に向かうバス!乗り入れ路線が案外多く、帰り道は選び放題!

【17:30】【映画まで見ると21:00】中央線沿いに向かうバスや北区に向かうバス!乗り入れ路線が案外多く、帰り道は選び放題!
豊島園駅

豊島園周辺を散策してわかったのが乗り入れている路線が案外多いということ。ということは、時間を優先するか、お金を優先するかで帰り道が変わってきます。乗ってきた西武池袋線(西武有楽町線)、ユナイテッドシネマの丁度真下にあるのが都営大江戸線。そして、時間がかかるけれど、到着バス停まで移動なしでいられる各路線バス(しかも210円!)どれもこれも、良い帰り方だけど、時間をとるなら、やっぱり西武池袋線かな!大人ですから!大人のための大人な豊島園デカケル、どうぞ、おでかけしてみてください!もしかしたら、もっとすごい何かが見つかるかも!

Finish! Nice outing!

このコースが気に入ったら「いいね!」してね!

Guide

ガイド

「ここ行きたい!」
おでかけスポットをSNSで
毎日動画配信します!

SNSで動画配信中!
Page Top