デカケル.jp

東京観光コースが集まるサイト

現在の登録コース

1019 コース!

吉祥寺観光おすすめコース!100年の歴史がある「井の頭恩賜公園」とともに訪れたい、雑貨屋とカフェ

2017年5月に開園100周年を迎えた「井の頭恩賜公園」。広い園内には、江戸時代から続く歴史を感じるスポットがたくさんあります。そこで「井の頭恩賜公園」の見所を押さえた吉祥寺観光コースをご紹介します。「三鷹駅」から出発し、「玉川上水 風の散歩道」を通って「UNI STAND」でグリーンティ飲みながら、「井の頭恩賜公園」へ。かわいい動物たちに出会える「井の頭自然文化園」、園内の「pepacafe FOREST (ペパカフェフォレスト)」でランチしたら、午後は吉祥寺駅周辺の雑貨屋さんへ。「36 Sublo サブロ」、「Billboard(ビルボード)」、「Wickie(ビッケ)」を巡り、最後に「コマグラカフェ」でスイーツを楽しむ、女子のひとり歩きにぴったりなおでかけコースです。

朝からスタート!

  1. 【10:00AM】JR総武線「三鷹駅」から出発します!

    目的地は「井の頭恩賜公園」ですが、吉祥寺駅からだけなく、三鷹駅からも徒歩15分くらいで行くことができます。天気の良い日は、三鷹駅からゆったり歩いていくのもおすすめです。

  2. 【10:10AM】「玉川上水 風の散歩道」を歩いて、「山本有三記念館」へ

    山本有三記念館

    玉川上水沿いに「井の頭恩賜公園」の方へ歩いていく南側歩道は「風の散歩道」と呼ばれています。緑がいっぱいのこの道は、天気の良い日には歩くのが心地よい絶好のお散歩コースです。

    • 太宰治の入水自殺で有名な玉川上水ですが、今は水量も少なく穏やかな流れです。鯉が1匹泳いでいるのも発見しました。草木やお花を見ながらのんびり歩きます。

    • 「風の散歩道」の途中、「むらさき橋」を越えてすぐの場所にあるのが「山本有三記念館」です。レトロで瀟洒な雰囲気の門をくぐると、綺麗に手入れされた庭園と洋風建築の石造りの記念館が現れます。山本有三は「路傍の石」を書いた小説家。展示を見る入館は有料(300円)ですが、庭園や裏の公園は入場無料です。

  3. 【10:30AM】井の頭恩賜公園に行く前に「UNI STAND(ユニスタンド)」で宇治抹茶ラテをテイクアウト!

    「山本有三記念館」から井の頭恩賜公園の入口までは目と鼻の先ですが、その前にちょっと寄り道。オシャレなカフェスタンド「UNI STAND(ユニスタンド)」へ向かいます。

    • 看板を頼りに、お店の引き戸を開け階段を降りていくとカウンターが!看板に「coffee&japaneseTea」とある通り、コーヒーと日本茶のメニューが並んでいます。日本茶がおすすめのようなので、「宇治抹茶ラテ(560円税込)」を頼みました!あたたかい日だったので、ここに来るまでにすでに汗が。苦味が控えめの冷たい宇治抹茶ラテが、とってもおいしかったです。

  4. 【10:45AM】可愛いリスに癒やされる!「井の頭自然文化園」

    御殿山1丁目17−6

    http://www.tokyo-zoo.net/zoo/ino/

    井の頭恩賜公園に入ったら、まずは「井の頭自然文化園」へ!「井の頭自然文化園」は、一般入園料400円(税込)です。なお、みどりの日(5/4)と開園記念日(5/17)、都民の日(10/1)は無料公開日になります。「井の頭自然文化園」は本園の「動物園」と分園の「水生物園」の2つが見れますが、今回は動物園の方へ!

    • 園内は広く、緑もいっぱいです。平日の昼間でしたが、子ども連れのお母さんや年配の方がのんびり動物園を楽しんでいる姿が多く見られました。

    • 中でもおすすめは、ニホンリスが自由に暮らす空間に入ることができる「リスの小径」!ニホンリスが目の前をぴょーんと走り抜けていったり、間近で餌を食べているのを見ることができたりと、リスの可愛いさに癒やされます。この日はお天気も良かったので、木の柵にペタッと広がり、日向ぼっこしているリスの姿も。ウトウトしている顔が無防備でかわいい。

  5. 【11:30AM】井の頭恩賜公園の中にある、「井の頭弁財天」へお詣り

    「井の頭自然文化園」を出たら、井の頭恩賜公園に戻り、今度は公園の中へ。公園の中央付近にある「井の頭弁財天」を目指します。「井の頭弁財天」は焼失した弁財天の宮社を徳川三代将軍家光が再建したものです。ちなみに井の頭恩賜公園の「恩賜」は天皇陛下からの賜り物、という意味で、もともと宮内省が所有していた土地を公に恩賜され、整備された公園です。

    • まずはお詣りしてから境内の裏側を覗いてみると、「銭洗い弁財天」の看板を発見!ここでお金を洗うようです。小銭を入れて洗うようのザルも用意されていました。

    • 龍の形をした「銭洗い弁天」がありました。早速、小銭を洗ってみました。これできっと、財産が増えるご利益がっ!

    • 境内には「宇賀神像」という石像もあります。「宇賀神像」は人の頭をした白蛇で、農業の神様と言われています。

  6. 【11:50AM】井の頭恩賜公園の中にある人気店「pepacafe FOREST(ペパカフェフォレスト)」!

    ペパカフェフォレスト

    https://www.facebook.com/pepaforest/

    「pepacafe FOREST(ペパカフェフォレスト)」は吉祥寺の老舗タイ料理店「ペパーミントカフェ」の姉妹店で、井の頭恩賜公園の中にあるオープンカフェです。ロケーションが最高なこともあり、超人気のお店。この日は開店時間の10分前にお店の前に来てみたのですが、すでに行列が!しかし、店内は割と広いので、望みをかけ、行列に並んでみました。

    • 12時開店。なんと、奇跡的にすんなり入店できました!私が頼んだのはランチプレートの「鶏挽き肉バジル炒め」(1200円税別)。頼んで5分もしないうちにお料理が運ばれてきました!早いー!鶏挽き肉バジル炒めに、生春巻き、サラダにスープ、食後のコーヒーまでついて1200円はお得です。鶏挽き肉バジル炒めは、香辛料も利いていて、野菜のゴロゴロした食感もおいしい。

    • これから暑くなってくる季節には、タイ料理がピッタリです!店内からは公園の新緑がよく見え、爽やかな風も入ってきて、とても気持ち良い空間。食後のコーヒーを飲んでまったり。

  7. 【13:00PM】引き続き、「井の頭恩賜公園」内を散策!

    ペパカフェフォレストを出てから、井の頭池をぐるっと周って散策することにしました。井の頭池のスワンボートはカップルで乗ると弁天様がヤキモチを妬いて別れることになる…という都市伝説が有名ですが、この日もボートを楽しんでいるカップルはたくさんいました。ジンクスなんて吹きとばしちゃえ!

    • 井の頭池の一番東の端にある橋が「ひょうたん橋」です。井の頭池とひょうたん池の間にあり、井の頭池の水はこの橋をくぐり、ひょうたん池を経て神田川へと流れていくそうです。

    • 井の頭恩賜公園はサクラが散り始めている頃でしたが、それでもお花見を楽しむ方がたくさんいました。井の頭恩賜公園は、四季が感じながらウォーキングを楽しめます。

    • 池の周りを歩き続けて、今度は北西側へ。このお茶の水橋から、最近パワースポットとしても話題の井の頭恩賜公園の「お茶の水」を見ることができます。

    • 「お茶の水」の近くは立入禁止になって、ちょっと離れた位置から眺めることしかできませんが、緑に囲まれたこの井戸は、静かで厳かな雰囲気。今は、地下からポンプで湧き水を汲み上げているそうですが、水が透き通っていて、とっても綺麗でした!

    • 「お茶の水」の由来は、その昔、狩りに来た徳川家康がこの湧き水の良質を愛してよくお茶を立てたことから「お茶の水」と呼ばれるようになったそうです。また、三代将軍の徳川家光は、井戸の水の中でもこの井戸が一番のおいしさだと評したことから「井の頭」の名前がついたという説もあります。

  8. 【13:50PM】雑貨屋巡りのため吉祥寺駅方面へ。まずは文具雑貨の「36 Sublo サブロ」

    Sublo サブロ

    http://www.sublo.net/

    井の頭恩賜公園を出て、吉祥寺方面へ向かいます。吉祥寺は可愛く面白い雑貨屋さんがたくさんあるので、雑貨屋さん巡りが楽しい!まずは文具雑貨のお店「36 Sublo サブロ」へ。建物は見落としてしまいそうなので、道に出ている「サブロ」の看板を見逃さないようにしてくださいね!レトロなビルの一室がお店なのですが、マンションの部屋に入っていくようでドキドキ。店内は3人も入れば満員となってしまいそうな小さなお店で、昔懐かしいレトロな文具から、海外文具、オリジナル商品がたくさん並んでいます。見ているだけで「懐かしいー!可愛いー!!」と楽しめます。

    • 懐かしいスワン型の鉛筆削り(300円)と、オリジナルの猫の小さいクリアファイル(300円)、そして「猫の手も借りたい」ことわざシール(200円)を買ってみました。可愛いことわざシールは、PCに貼ろうと思ってます♪ ※価格はすべて税別

  9. 【14:10PM】世界のグリーディングカードを見に行こう!「Billboard(ビルボード)」

    続いて行ってみたのは、世界のグリーディングカードを取り揃えているという「Billnoard」へ。店内にはなんと7000アイテムもあるそうです。入り口からずらーっと並んでいる様々なカードを眺めて見るのは、小さな美術館にきたような気分になれます。

    • 記念に1枚ポストカードを購入!買ったのは、大好きなドイツの画家ミヒャエル・ゾーヴァの「ちいさなちいさな王様」という小説本の挿絵の1枚。ポストカードは1枚162円(税込)です。

  10. 【14:30PM】キッチン雑貨が豊富「Wickie(ビッケ)」

    Wickie(ビッケ)

    http://www.wickie69.com/

    吉祥寺の雑貨屋さん3軒目は、「Wickie(ビッケ)」です。ビッケはアンティーク、ヴィンテージ品の雑貨が取り揃えられていますが、中でもレトロな食器類に注目。可愛い食器類もたくさんありました。

    • お皿は持ち歩くのが大変そうなので泣く泣く諦め、フラワーカトラリー1点(300円税別)と、フラワーキャンドル(80円税別)を購入しました。フラワーカトラリーは、フルーツを食べるときに使おうと思います!

  11. 【15:00PM】スイーツが絶品!「コマグラカフェ」でほっとひと息

    吉祥寺巡りの最後は「コマグラカフェ」へ。「コマグラカフェ」は、閉店した「Komagura Cafe」を店内もメニューも業態も含めて完全リニューアルした注目のカフェです。

    • お店はビルの階段を上った3階にあります。白い壁にレトロな家具、オシャレな店内はとっても居心地が良かったです。

    • 「本日のデザートプレート(1300円税込)」が気になったのですが、ランチをガッツリ食べてきてしまったので、どうしようと悩みながら店員さんに聞いてみると「プレートのケーキは全部小さめだから、食べられると思いますよ」とのことなので、思い切ってプレートをオーダー!

    • この日のデザートプレートの内容は「いちごのミルフィーユ/バニラチーズケーキ/ビターガトーショコラ/かわらばんかんキャラメリゼ」がひと皿にのっています。それとデザートのみの注文は不可なのでアイスコーヒー(650円)を頼みました。デザートプレートのケーキは全部おいしかったのですが、中でもビターガトーショコラが、絶品。上に岩塩がのっていて、甘さとしょっぱさの味わいが絶妙でした!ぺろりと平らげ、お腹いっぱいです。はぁ、幸せ…。※価格はすべて税込

  12. 【15:40PM】「吉祥寺駅」にてゴール!

    「コマグラカフェ」を出たら、吉祥寺駅まで戻ってゴールです!吉祥寺駅はJRと井の頭線の改札が別なのでご注意を。もう少し時間があれば「井の頭自然文化園」の分園「水生物園」にも行きたかったのですが、それはまた今度のお楽しみにとってきます。

今回のコースマップ

ページトップへ