金沢のまちで働く人やまちが大好きな人が巡る金沢観光コース

金沢居酒屋観光!お酒好きな金沢人がイチオシするディープなはしご酒コース

10年前はカシスオレンジしか飲めなかったのに…今や、吉田類の酒場放浪記がうらやましくてたまらない三十路OLがオススメする金沢はしご酒コースをご紹介。「かねきや」→「鳥珍や」→「ファンファーレ」をはしごします。(2016年2月)

夜からスタート!

  1. 今宵はオフィス街の南町からスタート!

    南町バス停

    夜の繁華街と言えば、片町ですが…今夜はオフィス街の南町からスタート。 今宵のはしご酒に備えて、まずはへパリーゼ隊長にお世話になります。

    • 加賀藩祖前田利家公と正室おまつの方が祀られている神社「尾山神社」。ライトアップされた神社もなかなかステキです。そして、この尾山神社を左に曲がります。

  2. おいしいお刺身を求めてまずは「かねき屋」へ

    かねき屋

    この昭和な雰囲気がイイ!この外観だけでもう美味しそうな店の雰囲気がします。

    • 常時、おばんざいが数種類作ってあり、そこからいくつか選びます。今日は、「里芋とイカ煮」、「野ぜりのおひたし」、「たくあん煮」(各490円)があったので全部注文。お通しは、「タコとしらすとキク?」のあえたもの。地酒の初音と一緒にまずはかんぱーい!

    • ジャーン!本日のお目当て、お造りの登場。「お刺身の宝石箱や~」(ちょっと古い)これで1.5人前!!!10種類以上のお刺身が「これでもか!」というくらい盛られていて、3人でも食べきれないぐらいのボリューム。お刺身注文した、どのテーブルからもこのお造りが出てくると「すごーい」という声が聞こえてくる。 ※お造りは少し時間がかかるので、先に注文しておくか、予約時に注文しておくと◎

    • このブリの大きさ、ハンパない。お箸でつかむのもやっと。

    • 能登のしいたけ焼き。(680円)これもデカイ。肉厚でジューシーで、何もつけなくてもとっても美味しかった~

    • 初音から能登ちょんがりぶし(麦)のお湯割りへチェンジ!白子の天ぷら(1,370円)と加賀れんこん天(840円)を注文。あつあつの白子の天ぷらをかぶりつくと、中からとろーりとした白子が。加賀れんこんの天ぷらも、普通のレンコンよりもっちりした食感でウマイ。お酒もどんどん進みまーす。

  3. 続いては北陸随一の繁華街、片町へ。焼き鳥屋「鳥珍や」

    次はちょっとやきとりが食べたい…ということでやってきたのが、新しくできた商業施設「片町きらら」のすぐそばにある「鳥珍や」。

    • 焼酎の種類が豊富で、また何を食べてもおいしい。手羽先が名物だけど、ちょっとお腹いっぱいということで、まずは、白菜の浅漬け(350円)を注文。蔵の師魂(芋)のお湯割り(600円)で改めて「かんぱーい!」。 この浅漬けが結構おいしくて、後でもう一皿注文。

    • 「薩摩もも焼150g」(900円)。ここへ来ると絶対注文する一品。お腹いっぱいといいながら、ついつい箸が進んでしまう…

    • 更に、「薩摩せせり焼」(500円)。 芋焼酎お湯割りも2杯目に突入し、結構酔っ払ってきた。

  4. ディープ金沢。昭和の雰囲気が漂う新天地商店街! 「ファンファーレ」へ

    ディープな金沢を楽しみたいなら、新天地へ。「鳥珍や」から、飲食街の木倉町を抜けて、新天地へ。通りが1本違うだけで、こんなにも雰囲気が違うのか。タイムスリップしたような、昭和の雰囲気が漂うここ新天地。2次会や3次会向きのバーやパブ、居酒屋が軒を連ねるエリアです。

    • ファンファーレは、新天地の広場の目の前にあります。

    • 写真は下町のナポレオンいいちこのソーダ割りとりんごのコンポート。女性は、自家製プリンが出てくることもあります。これがまたおいしい!小腹がすいているときはピザもオススメです。ボトルが入っていれば、だいたい2,000円で飲めちゃいます。 あー気がつけば、もう午前1時半。今夜もやっぱり飲みすぎました。明日ちゃんと起きれるかな…

今回のコースマップ

ページトップへ